Go Top

前外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2008.12.19

中小企業調査会 - 預貸比率

 中小企業調査会、1時間半の議論をもって、今朝9時半に終了しました。

 

 先輩の議員から言われたこと、「1年生が勝手にまとめたものを、党の正式の調査会で取り上げるなどということは、これまでなかった。よいことだ。よくまとめあげた」・・・。

 我々の提言を大変な英断で調査会で議題に取り上げていただいた伊藤達也・中小企業調査会会長にあらためて感謝しています。

 つっかえないようにという励ましもいただきましたが、説明は上手くいったと思います。

 もちろん、50人近い議員が出席していましたので、様々な意見が出て、我々の提言がそのまま了承されるということはありませんでした。ただし、中小・零細企業の資金繰りについて、我々の提言をもとに、あらためて真剣に議論できたのは、よかったのではないでしょうか。

 我々の提案については、信用保証協会の機能・体制強化政府系金融機関の融資枠拡大の二点については、あらためて多くの議員の賛同をいただき、出席していた経済産業省からも「しっかり対応する」とのことでありました。

 他方で、我々の提言の最大の柱の一つである「金融機関に対する預貸比率目標の設定」については、賛成・反対が入り乱れる結果となりました。出席していた金融庁も、預貸比率の水準は各金融機関の経営判断の問題であるとの説明でありました。

 私からは、①目標設定をして、達成できない場合にペナルティーを課そうというものではない、②あくまでも、(経営判断であるというのであれば)預貸比率の状況について、各銀行が自主的に発表し、その水準の妥当性について国民に説明責任を果たしてもらうということである、③国が一律に預貸比率を設定するのが適切でないとすれば、金融機関が自ら目標を公表し、その状況を説明すればいい、といったことを申し上げました。

 いずれにしても、黒字なのに資金繰りで企業が破綻し、失業者が街に投げ出され、その方々に対して税金を使ってセーフティーネットをはる以上、黒字破綻の引き金をひいた金融機関が「経営判断ですから」といって何も説明をしないのは、国民の理解を得られないと思います。

 かといって、個々の案件について説明させるのは、守秘義務の問題もありますから難しいですから、一番客観的でコストのかからない指標として、預貸比率の状況を説明してもらうのは、理にかなっていると思います。

 こんな議論を繰り返し、結局、次回は、金融庁から財務金融部会に対し、「何が出来て何ができないかを」を説明させるということで、今日のところは終わりました。

 もう一勝負です。

この記事へのコメント

  • elliefさん 2008年12月19日 19:03

    上手にお話ができて良かったです☆
    なかなか、順調だったのではないですか?国を上げて中小企業さんを守るのは、中小企業さんの努力で大きくしてもらった国の責任です。
    すべての機関ができることをまとめて、実行させるのは議員さんのお仕事なので、ガンガンお願いします。
    銀行などは町の中にあるのだから、町の為にもう少し希望的観測を含め、慎重に調査してもらえたらいいと思います。
    昔ですが、ある工場の方に、20万円貸してほしいと頼まれました。支払日が明日で、入る報酬が来週で、銀行に断られて 倒産してしまうと私なんかに頭下げられました。翌週すぐに返してくれました。この昔の切なさが、今も変わらずに起きているのは本当にに悲しいです。
    都内の信用金庫さんは町工場に優しいらしいです。真似してほしいです。
    孫受けなんて本当に、予定の日に入るお金が入らないこと多いです。だから倒産なんて許してはいけないです。
    こんな話も心の片隅において、守るべき人を守ってくださいね☆木原センセイ
    (^o^)/

  • しろがねしょぉむさん 2008年12月21日 15:22

    はじめまして。
    一応経営者の端くれです。
    いつも活動ご苦労様です。
    さて、ふと気になっているのが本日日記にもお書きになっていた私達弱小も含めた中小の資金繰りについて。
    年末は本当に深刻です。
    政府系及び保証協会と言っていますが
    正直、銀行が貸すと行っても
    保証協会が保証くれない。審査が時間がかかりすぎるなど多数の問題を関係者から聞いています。
    都内保証協会本店の申込件数現在2000件以上
    審査能力一日最高60件 このままでは年が越せない
    資金繰りが悪くなり黒字倒産なども多数発生するおそれがあります。
    また現在は国の方針に対して保証協会に意向が行き渡っていないのか
    平均希望金額の半額酷い場合はゼロ回答も少なくないとの話も実際にあります。
    確かに前回の特別融資の時にはダミー会社等で新銀行東京みたいな焦げ付きも多数発生したと聞きます。
    ですが今の時代
    ある程度の焦げ付きを覚悟してでも融資をして企業を助けていかなければ日本の産業は破綻する可能性も大いにありまた緊急性を有していると感じます。
    私もひとりの経営者として 大変言いづらいことではありますが苦しいこのままでは・・・の一言です。
    政府、国会議員のみなさまはこの点を理解いただければ幸いです。

  • AIさん 2008年12月24日 14:05

    公務員改革や天下り法人改革に頑張って
    いらっしゃる姿は国民はちゃんと見ていますと。
    頑張って下さい
    と、お伝え下さい。
    宗教団体そのものの党、国籍法改悪などで
    日本人国籍を安売りした人々の事は
    もっと知らされて良いと思いますし、
    すでに知っている人達は、本当に正しい
    人をブログやネットなどのたくさんの情報から
    さらに信じれるものを選択して、選挙に生かす
    でしょう。
    世襲、年齢、性別、関係なく、正しい改革を貫ける
    本当の国思うリーダーを支持します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

最新ブログ5件