Go Top

前外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2009.01.04

シナリオ政治&面子政治

 昨日は、もう何年ぶりでしょうか、3~4年ぶりかな。両親とともに初詣ができました。

 そして、今日はもう1月4日。明日からいよいよ通常国会が始ります。

 最初の課題は補正予算。恐らく、9日(金)、遅くとも12日(月)あたりには、与野党が「採決する」、「採決しない。強行採決だ」とののしりあって、激突し大騒ぎになっているように思います。

 こうして、日程とそのときの様子が何となく分かってしまうところが、日本の政治の最大の問題のように思います。要するに、対決しているように見えて、シナリオが出来ているということです。しかも、そのシナリオが国会対策委員会という場で、両者合意の上で話されているということです。

 考えてみたら、日本って多くの場面でこうなっていますよね。例えば、行政の様々な委員会。議事・審議のシナリオがすっかり作られていることがほとんどですし・・・。会社の会議だって、結構そうですよね、「誰々がここで議題を提案するとか」決まっていたりします。

 国会もそうなんですね。「強行採決反対」というけれど、野党の皆さんは、テレビに移る場面(委員長席に委員が詰め寄るような場面)では、プラカード作ったりして「反対、反対」と叫んでいますが、それが終わると、「疲れた。馬鹿らしいよね、早く地元帰ろう」とかいいながら、与党議員ともニコニコ会話して帰っていく。

 そして、国会対策の場で、「では、一日空けた明後日から、審議に復帰しましょう」などと、国会正常化という名のシナリオまで用意されています。

 要すれば、お互いが面子を保つためのシナリオ作り。でも、これって、国民には何ら関係ないことですね。政治家の面子と保身だけ・・・。

 だから本気の議論が全くない。

 私が働いた英国の議会では、こんなシナリオなんてものはありえません。国会の質問だって、答弁書などというものは用意されていません。答弁書があるってことは、予め質問が分かっているということですから・・・。

 こういうシナリオ政治を打破したいですね。

 今年の誓いの一つです。

 さて、今日も少し親孝行しようと思います。

この記事へのコメント

  • elliefさん 2009年1月4日 12:11

    たぶん、まともな国会にはならないと思います(^^)
    学校なら注意されること、人の話を聞く、おしゃべりしない、寝ない、遊ばない、妨害しないなど、教室の中で全部が行われると学級崩壊です。お手本になるべき国会の大人たち崩壊してます(^^)
    質問と答えが用意されるのも、答える側に専門知識がないから、あんちょこが必要です。コロコロ大臣が代わるから仕方ないです(笑)
    始めからシナリオ作りの時に野党も参加してもらい、意見交換してから、まともな案を聞かせてほしいです。
    今の国会は裏で用意した内容の発表会です。それに対し、与党も野党も野次る。子供たちに見せちゃいけないです。国会も映画やゲームのように、R18にしたいです。
    この本気が見えない今の国会は将来社会の教科書に載らないと思います。
    自民党のいつの古株でも、自民党が全て正しいと思い上がってます。借金増やして、暮らしにくい社会にしてきた責任はとらないのに。
    木原さんは今の志を忘れないで、いい古株になってくださいね(笑)

  • AIさん 2009年1月4日 15:41

    出来レースなんて本当に馬鹿馬鹿しいですね。
    日本の政治も是非進化して欲しいものです。
    私たちにとって、党なんてどこでも良く、
    大切なのは、将来にもずっと引き続けて
    行ける素晴らしい政策を支えて後世に
    残す事ですから・・。
    今日、テレビで少し見たのですが、
    日本の研究者達の賜物で、
    とある粉末を混ぜると淡水魚も海水魚も
    同時に育てられる水を作るとか、
    古米からエコプラスチック製品を作ったり、
    栄養バランスの良い食べ物を作るために
    ミドリムシを粉末にしてクッキーにする等
    (発展途上国の食に貢献できる)
    紹介されていました。
    日本には新しい産業が育っているのですね!
    大食いとか御馬鹿タレントなど放送していないで、こうした新しいテクノロジーや皆が学べる
    番組がどんどん増えれば、日本人の意識も
    高くなって、インスパイアされた人達がそれら
    とコラボする発展的産業を生み出したりますます
    青天井で日本の産業が成長すると思います。
    世界を幸せにする産業には、世界の投資家も
    投資のしがいがあるでしょうし、本当の意味での
    投資家が育つ(投機家ではなく)ステージを
    日本は持って居ると感じました。
    もう、お金での貢献から、日本発の製品や食料
    での貢献にスイッチした方が、効率があがると
    思います。
    お金は途中で他の事に流用できてしまいますが、物は正しく届ければ、末端まで届きますし。
    宗教やパチンコのCMの無いネットテレビなどで
    日本の産学官連携の素晴らしい例をもっともっと
    国民に見せて下さい。
    良いものにインスパイアされて、さらに自分の頭で考える時間が一番大切です。
    そして、それらの製品を世界に売って貿易黒字を
    アップさせつつ、世界にも貢献してはいかがでしょうか?
    素晴らしい知恵を形にして貢献した人こそ一番尊敬され、豊かになるというモデルを作りたいものです。

  • フレモンさん 2009年1月4日 18:24

    実の有る話し合いの場にできていないから、そうなるのだと思います。
    仰る様に見ている方にも疲れが出るものです。
    それがいけない事とか、言ってもいいし言わなくてもいいけれど、
    集まって話をするのが仕事だと思います。
    どちらかだけの案に偏っていると思われるから、
    その様な事がポーズとして必要なのかもしれないけれども、
    そもそも、色んな立場の人に支えられてそこに立っているのですから、
    その人達の立場を中心に考えるという性質を変えていかなければ、
    いつまで経っても平行線と言う事は変わらないと思います。
    そもそも支えている人の立場を中心に考えているのですから、一致点ができずらいものですし、
    仮に同じような事を言っていたとしても、自分たちの功績と
    言いたい気持ちも分からなくはないと思います。
    それは仕方のない現象なのかもしれませんが、
    できる事ならば、立場を支えている人たちも含めて、
    もっと大きな範囲で、
    道理を考えどうすれば良いとかを考える事も大切なのではないでしょうか。
    もちろんこれは理想論ですけれども、
    最後は多数決を受け入れて投票をしているのではないでしょうか。
    この前飛行場を占拠したり、反対に国会の前に陣取ったりしている国の人たちを見て思うのは、
    多数決が機能していないと言う事でもあるし、
    どちらかの政権になったら、
    とても普通に生活できないと思っているが故の現象の様にも感じます。
    選ばれて与党になったとしても、偏りを感じさせる政権運営では、
    同じ様な事が起きないとも限らない様な気もします。
    やはり、選ばれても尚、日本人(大多数を占める普通の人)と言う大きな括りで物を考え、
    道理を言える人間に政治は任せたいと思います。
    普通の人達に届くメッセージが少ない様に感じます。

  • kaikakuuさん 2009年1月5日 15:55

    =世界中に借金がない国家は どこにあるんでしょうか?
    仮に全国家にそれぞれ借金あるなら誰が債務者なのでしょうか???┗(☆o☆)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件