Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2009.01.06

雇用

 すみません、派遣村には出かけていません。テレビの映像で確かめただけで・・・。
 ですから、偉そうなことを言ってはいけないのかもしれませんが、人にとって、衣食住が満たされていない、とりわけ「仕事がない」ということは、本当につらいことだと思います。
 昔、高田馬場に住んでいました、新大久保と高田馬場のちょうど中間あたりの公園で、失業者の皆様に週末になると食事を提供する活動を、よく目の当たりにしました。子供ながらに、つらいことだなと思っていましたし、また、1980年代初頭のヨーロッパに暮らして、失業者が街中にあふれる光景も目の当たりにしてきました。ヨーロッパと比べて、日本はいいところだなと、幼いながらも思ったことを覚えています。
 で、この状況をどう打開するのか・・・。企業が、それも著名な大企業が従業員を自由勝手に解雇することはけしからん、私も思います。企業には社会的責任があるはずで、こういう苦しいときだからこそ、その責任を果たしてもらいたいと思います。株主には配当を従来どおり払い続けるのに、従業員は解雇する、この矛盾にも思いがあります。
 ただ、どこまでいっても、企業は利益を追求する営利組織。この不況期に、「企業よ社会的責任を果たせ」と思いは持っても、結果的には無理な相談なのかもしれません。
 
 だからこそ、国の責任でセーフティーネットをはること、そのセーフティーネットは、住居の確保であり、失業給付であり、職の提供であり、職業訓練であり・・・。平時のセーフティーネットだけでは十分でないことが明らかである以上、有事におけるセーフティーネットの積み増しが必要です。
 第二次補正予算には、住居確保のための予算も、失業給付の弾力化のための予算も、職業訓練のための予算も、すべてが含まれていて、まさに有事におけるセーフティーネットの拡充を内容にしています。
 何としても、補正予算だけは早急に成立させたいと思います。

この記事へのコメント

  • rikoさん 2009年1月6日 19:52

    転職しやすく、失業しても十分生活が成り立つ
    デンマーク型を見習う必要が有るのかもしれませんね。ただ、人口が全然違うのと、いつまでも
    もうからない産業を国の中枢産業にしておく事は避けなければなりませんね。
    もういい加減、過去の栄光は捨てて考え方を
    時代に合わせて変化させなければ・・・。
    それにしても、ほとんどの議員が東京に住んでいながら、現場視察に行かないとはどういう事なの
    でしょうか・・・。何のための、便利な都心一等地にある議員宿舎なのか・・・・。そういうものを
    廃止して、税金で取り立てたものをもっと人々の
    生活に使って欲しいですね。そうすれば、生活不安から来る異常な引き締めや、犯罪も減るでしょうし。
    確かに、企業に全ての責任を取らせる事は
    できないでしょう。怖くて人を雇えなくなりますからね。
    それにしても、銀行って必要なのかな?
    いらない時に借りてくれと言われ、必要な時に
    容赦なく取り上げて融資も渋るなんて。
    日本銀行と会社や個人が直接取引きできたら
    もっとスムーズにお金が流れるような気がします。間にいろんな人が入らない方が。
    日本銀行そのものが、バングラディッシュの
    グラミン銀行のような役割を果たせば、
    日本の人材ももっともっと有効に生かされる
    のではないでしょうか?
    あれこそ、人同士が支えあうシステムでは?

  • elliefさん 2009年1月6日 23:27

    昨日の東京新聞の1面の筆洗というコラムに載っていたことです。
    大平元総理が官房長官に就いて、当時の総理に進言した内容です。
    政権を担う期間について、国民が決めることで総理が決めることではない
    庶民の納得のゆく政治を行うため、ゴルフや料亭などの出入りを自粛してほしい
    と話したそうです。私が中学生の頃で古いけど、ちょっと嬉しくなりました。
    いつの総理も解散総選挙の時期は私が決めるとしていましたが、投票する人間も限られて、何度やっても中身が変わらないし、任期の途中ではそれぞれの結果も出ません。今までの国民無視が派遣切りの最大の原因だと思います。解散モードにならずに全議員が真剣に取り組んでほしいです。
    今の民主党さんがよくわからないです。木原さんのような議員さんばかりだといいなと本当に思います。
    今は解散を封印して、特に派遣切りにあった人達の救済を責任持ってやってほしいです。
    ぐちゃぐちゃでごめんなさいm(_ _)m

  • 黒目川さん 2009年1月8日 13:02

    >第二次補正予算には、住居確保のための
    >予算も、失業給付の弾力化のための予算も、>職業訓練のための予算も、すべてが含まれて>いて、まさに有事におけるセーフティーネット>
    の拡充を内容にしています。
    具体的にこの点を教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件