Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.01.05

良識の府・・、パフォーマンス

衆議院と参議院の関係というのは、何とも難しいものがあります。

ただ、一つ言えることは、貴族院から発展していった参議院の成り立ちからして、元来、参議院は「良識の府」としての役割が期待されてきました。

党派政治とは一線を画す、その意味で、政権選択・運営とは一線を画すことが「良識の府」として求められるものでした。だからこそ、政権による、というか総理による「解散権」が参議院には及ばないことが是認されてきました。


それがいつの間にか、参議院も党派政治に支配され、政権選択・運営の一翼を担うことになってしまいました。それどころか、小沢戦略では、解散権もなく安定している「参議院から支配する」という戦略が公然と語られることとなってしまいました。

もう一つ言えることは、衆議院の優越は確かに、予算や首班指名で認められていますが、予算は全て法律の裏付けがあって執行できるものです。その最たる例が税制法案。結局、法律議決での優越が認められなければ、政権運営はできないということです。


そんなことで、私は「参議院廃止、一院派」であり、衛藤征士郎先生の勉強会にも参加してきました。

いずれにしても、私の仕事は、現状の制度のもとでしっかりと当選してくること。全力で頑張ります。

さて、ちょっと思ったこと。

年末ギリギリで、鳩山内閣が成長戦略を決定する閣議を開催しました。そして、正月にも、JAL再建に関係する閣僚が集まって議論したり、首相が中小企業視察をしたり・・・。

「おぉ、休み返上で頑張っているな」、そんな風にも見えますが、私には何ともこの政権というか政党の体質を露わしているように思えて仕方がありません。

パフォーマンス!!」優先。だって、わざわざ年末年始にやらなければいけないような会議や視察ではありませんから。

それから、休む時には休むというのも、大切なようにも思います。



この記事へのコメント

  • 大和さん 2010年1月5日 08:25

    改革に取り組む鳩山内閣を応援すべきです。日本政府を牛耳ろうとする謀略工作に荷担するのは恥ずべきことです。首相と政権党幹事長への執拗な批判攻撃は、国益を損ない国民生活に危険です。時代錯誤した検察庁とメディアの病根には、メスを入れるべきです。
    スキャンダルとして騒ぐべきは、文科省官僚の愚民化政策です。
     不登校、退学者20万人、精神疾患休職教員5400人。こんな学校に通えば、ひきこもり、ニート、失業者となり、4万人の自殺者が出るのは当然です。
    教育現場から、愚民化教育のおぞましい実態を詳細に暴露したのが「『おバカ教育』の構造」(阿吽正望 日新報道)です。破綻した教育の実態、世界の教育改革から逆行した改悪、時代錯誤した取り組みの異様な姿が赤裸々にされています。
    この知識時代に愚民化教育を行い、若者を貧窮させ、犯罪に走らせ、国家衰退を作った文科省官僚の罪は、薬害エイズや薬害肝炎を起こした厚労省官僚を越える大罪です。
    子供の不幸を見て見ぬふりをする堕落した日本人こそ、愚民化教育が作り出した愚民です。官僚は、愚民化政策を行った事実を認め、国民に謝罪すべきです。

  • 所沢市民さん 2010年1月5日 09:27

    鳩山の仕事のしない事は、もう誰でもわかりますよね。
    麻生さんがホテルのバーで酒を飲んだら袋叩きにあったのに、鳩山は年会費100万円以上の会員制高級クラブで酒を飲んでいたんですもの。
    しかも、下町の居酒屋で閣僚と酒を飲む“パフォーマンス”をした後に。。。
    平民の飯を食った後の口直しのつもりなんでしょうかね。本当に腹が立ちます、あーゆー輩が宰相だと思うと。。。

  • 時貞さん 2010年1月6日 10:28

    メディアの使い方、ネットの使い方は見習うべきが多いかも知れませんね。
    行って聞いた所で、何億の金の出入りを知らなかったで済ませる方ですから。
    人気取りのみでしょうね・・・
    衆参同時選挙、なんとなくありそうですね
    次は任せても大丈夫という何かが欲しいですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件