Go Top

前外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.04.15

対等な日米関係

サラリーマン生活が、期末・期初で少々忙しく、ブログ滞ってしまいました。

その間も各地でミニ集会を開催してまいりましたが、ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

また、ブログにコメントや読者登録していただいていた皆様、ごめんなさい。これからは、定期的にアップしていきます。

 さてさて、この間、立ち上がれ日本の誕生など、政界も激動の中にあります。でも、なんと言っても最大のニュースは普天間基地の問題でしょうね。

 何が悲しいって、日本の首相がアメリカ大統領と会ってもらえないという現実。主要国で首脳会談がセットされなかったのは日本だけです。これは、相当深刻です。

 そんな深刻な状況なのに、食事の席で隣に座らせてもらって、10分話せたと喜んでいるとは。これが、民主党がいう「対等な日米関係」ってことかと思うと、がっくりします。

 国同士の関係も人間関係と一緒です。対等かどうかっていうのは、自分が決めることではなくて、相手が決めること。友達関係でも仕事の関係でも、相手から「あいつがいないと困る、楽しくない、寂しい」と思ってもらえて初めて対等。

 我々は、目の前の厳しい現実を直視する必要があります。かつては、世界第二位の経済大国、東西冷戦の前線基地として、「やっぱり日本がいないと困る」、皆が思ってくれていました。でも、中国が台頭して、今年中にも日本を抜いて世界第二位になる、一方で日本はインド洋からも撤退、東アジア安全保障の要である米軍再編にも非協力的、となれば、「別に日本がいなくてもいいや」ってことに・・・。ましてや、中国のように米国と角を付き合わせる気概もないわけですから・・・。

 本当に「別にいいや」って見捨てられてしまう前に、普天間問題については、もっと真剣に向き合うべきです。

 自民党が10年以上かけて、地元、米軍の理解を一歩一歩得ながら進めてきた合意案を、ちゃぶ台返しでひっくり返したわけですから、総理にはもっと真剣に頑張ってもらわなければ。

 政府は、私の大親友、徳田毅議員の地元・徳之島に訓練施設を移設するなどと公言していますが、地元は大反対。別に地元が反対しても、案だけは5月に発表して、地元も米軍も反対したのだから自分達のせいではない、などというような気持ちなら、今すぐ辞任すべきですね。

この記事へのコメント

  • 愛国さん 2010年4月15日 20:31

    鳩山内閣総辞職!
    政界再編を!
    沖縄は左翼に利用されています
    沖縄から基地の撤廃を望むなら改憲し自衛隊を国軍に、そして沖縄に国軍を配備すべきです。
    沖縄の問題は沖縄だけの問題ではありません
    米国が沖縄を日本に返還した理由も分からず米国に喧嘩を売る様な国賊・売国政党の鳩山に残された道は辞職しかありません
    そして民意に問うべきです

  • 一国民さん 2010年4月15日 23:52

    >ちゃぶ台返しでひっくり返したわけですから
    これはどういう意味ですか?
    私には、単なる見直しとしか見えないのですが
    ちゃぶ台返しでひっくり返したと言うのであれば、国民投票あるいは国民会議にされたらいかがですか?
    米軍基地問題、日米同盟のあり方について、是非を問うてみたらいかがですか
    この間、テレビに出ていた人も全く同じことを言っていました。
    自民党議員はみんな同じことを言うのですね。
    マニュアルに沿ってしゃべっているのですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

最新ブログ5件