Go Top

前外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.11.10

TPP続き:筋トレも準備体操もなくオリンピックには勝てない

マスコミもいい加減なものだ。

今朝のみのもんたさんのコメントには耳を疑った。

小泉改革に対して、「市場原理主義だ、弱肉強食だ」といって大反対キャンペーン、松岡農水大臣、石破農水大臣などが進めてきた農地の「所有から利用への推進」、農地の集約などの農業強化策についても、「小さな農家を切り捨てるのか、田舎を壊すのか」などと否定的だったはず・・・

それが、今朝は、TPPが大切だ、そのために農業の体質改善、体質強化が大切だと。

しかし、考えてください。国内での規制緩和や競争強化もできずに、いきなり世界に開いたら、皆な死んでしまうだけです。柔道で階級制のなかでやっていたのに、何の準備や練習もせずに、いきなり無差別級に出させるようなもの・・・。

貿易・投資・人の移動、自由化されるのは「双方向」です。ということは、国内産業の空洞化はもっとおこりやすくなるということです。TPPに参加したから、大企業が国内に工場を残し続けるわけではありません。

農業もそうです。農地の所有から利用への転換、農地の集約などの農業の体質強化策を「農業にまで市場原理主義を導入するのか」と大反対キャンペーンをはりながら、それとは逆行する民主党の戸別所得補償政策を支持しながら、農業を世界に開いたら、それはもう日本の農業は壊滅です。

そしたら、「いやいや、日本の米の品質は世界一、安全性も世界一だから、輸出できますよね、先生」って、それは嘘ですよ。

それだったら、最高の品質と安全性をもつ日本の車だって、別にTPPに入らなくたって輸出し続けられるはずです。世界一といわれる日本の米は、700%という高い関税によってようやく守られているのです。

世界標準からすると8倍以上の価格差があるわけです。そこまで高いお金をはらって日本のお米を買う人が世界にいるか、いたとしても極く一握りのはずです。世界に輸出するなら、やはり体質改善をして、せめて700%もの高関税がいらない程度に価格競争力をもたなければいけないはずです。

というわけで、今朝は、日本のマスコミの定見の無さというか、厚顔無恥ぶりに怒りすら覚えて、今は電車に乗っています。

昨日も書きました、TPPに入るということは金融市場も開放するということ、そしたら巨大な官業・郵便貯金だって簡保だって存続はできません。

もう一度、小泉構造改革の意義、自民党政権最終局面で大きく舵を切ろうとしかけた農業改革について、検証することです。

何の筋トレも準備体操もなしに、オリンピックには勝てないでしょう!!

この記事へのコメント

  • 奥多摩最強プロさん 2010年11月10日 13:36

    木原先生、皆さま、こんにちは。
    皆さまのおっしゃる事には本当に同感致しますし、それが概ねの正論ですが、短期的な感覚論では本当に日本は終わります。
    勿論民主党政権などに長期的展望がある訳は無いのですが、木原先生や私の賛成論とさくらさんやn-k320さんの反対論は、実際は同じ方向性の本質を持っています。
    何故なら、木原先生が補足された【関税率】や私の言いたい【物価異常】は、まさに日本の停滞の原因である【物価の不均衡】の顕在化です。
    何故ここまで地価が高いのか?
    何故米価がここまで高いのか?
    などと、この様々な偏向した異常物価や相場を作り上げ不平不満を宣っているのは、他ならぬ私達日本人の価値観が原因で、
    戦後日本の奇跡の復興には、アメリカや経済界は不可欠で功罪はありますが、【メイドインジャパンの価値】は世界中の支持、謂わば他国の血と汗の上に成り立っています。
    この現実を顧みれば一目瞭然で、私達日本人には次世代の世界を牽引する義務と指命があり、
    その為には、模範となる国家創造の礎である国内基盤を頑強な価値にするべく、【適正な物価や相場】を維持しなければなりません。
    さくらさんのおっしゃるような不純物は、国家の形態において不可分ですから、その輩や原因をあぶり出す為にも、適正な物価に押し下げなければならないと考えます。
    ですから、雇用の為の雇用も、雇用の為の流通も、雇用の為の公務などは削減・撤廃しなければならない。
    要は中間コストという利権を貪る輩を排除しないと、本当の日本の物価には戻らず、結局私達が他人のツケを払い続ける事になる。
    だからこそ、このTPPがひょっとしたら最後のチャンスかもしれなし、いずれにせよ、いつかは血を流さなければならないと考えています。

  • 竜の柩さん 2010年11月10日 20:48

    確かに筋トレも準備体操もなくオリンピックでは勝てないのは当然です。では、これまでに官僚・政治家は何を準備してきたのでしょうか?
    700%という高い関税によって米を守ってきたと自負されていますが、昔は10000%という途方もない関税率だったのを、将来の競争を見越してやっと700%まで下げてきたが、現時点では0%にするのは厳しい。だから、あと2年準備期間として待って欲しいということであれば、TPPの参加に慎重になるのも頷けます。
    しかし、もし昔から関税率が変わってないとしたら、結局は何もしてこなかったということで、単に相手を否定するための口実としか捉えてなかったのかと思うのも事実です。
    これまで、日本の技術力をさらに向上させるために官僚・政治家は何をしてきたのか?世界標準よりも高い法人税をかけても存続できるドル箱としか見ていなかったのでは?さらに集めた税金を公共事業に落とすことで自らの権益を守ってきたのでは?そんな疑問が浮かんできます。
    TPP参加で日本の農業が駄目になる、日本の企業が国内に工場を残し続けるわけではないと書いてありますが、逆にTPPに参加しないことで、日本の農業が発展する、日本の企業が必ず工場を残して雇用が発生するという保証にもならないでしょう。現に、これまで企業はさんざん海外に工場を作ってきていますから、今更な感じです。
    いずれにせよ、このままでいいと思っていないのであれば、この際、一気に膿を出して再生を目指すほうが日本人の気質には向いている気がします。
    最後に、小泉改革の農業改革というものがどういったものであったのか残念ながら知りませんが、もっとそういった議論が盛んに出来るマスコミ・国民・官僚・政治家であることを切に望みます。国防についても同様です。

  • 竜の柩さん 2010年11月10日 22:56

    確かに筋トレも準備体操もなくオリンピックでは勝てないのは当然です。では、これまでに官僚・政治家は何を準備してきたのでしょうか?
    700%という高い関税によって米を守ってきたと自負されていますが、昔は10000%という途方もない関税率だったのを、将来の競争を見越してやっと700%まで下げてきたが、現時点では0%にするのは厳しい。だから、あと2年準備期間として待って欲しいということであれば、TPPの参加に慎重になるのも頷けます。
    しかし、もし昔から関税率が変わってないとしたら、結局は何もしてこなかったということで、単に相手を否定するための口実としか捉えてなかったのかと思うのも事実です。
    これまで、日本の技術力をさらに向上させるために官僚・政治家は何をしてきたのか?世界標準よりも高い法人税をかけても存続できるドル箱としか見ていなかったのでは?さらに集めた税金を公共事業に落とすことで自らの権益を守ってきたのでは?そんな疑問が浮かんできます。
    TPP参加で日本の農業が駄目になる、日本の企業が国内に工場を残し続けるわけではないと書いてありますが、逆にTPPに参加しないことで、日本の農業が発展する、日本の企業が必ず工場を残して雇用が発生するという保証にもならないでしょう。現に、これまで企業はさんざん海外に工場を作ってきていますから、今更な感じです。
    いずれにせよ、このままでいいと思っていないのであれば、この際、一気に膿を出して再生を目指すほうが日本人の気質には向いている気がします。
    最後に、小泉改革の農業改革というものがどういったものであったのか残念ながら知りませんが、もっとそういった議論が盛んに出来るマスコミ・国民・官僚・政治家であることを切に望みます。国防についても同様です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

最新ブログ5件