Go Top

前外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2011.01.18

年金税方式化断念~民主党は解党せよ~

Twitterでもつぶやきましたが、「年金の税方式化移行」を民主党は断念しそうな勢いです。恐ろしいことです。この年金の税方式移行こそ民主党の民主党たる所以で、
ここを諦めるということであれば、民主党は解党した方がよろしいと私は思います。
私自身、現職議員時代には厚生労働委員会で民主党議員との間で激しいやりとりをこの問題で繰り返しましたし、このブログでもこの問題を再三にわたって取り上げてきました。
もちろん、私は税方式化には反対の立場で、①税方式に移行するには膨大な税金が必要になること、それこそ税方式化移行だけで消費税を7、8%引き上げる必要がある
こと、②一生懸命保険料を払ってきた人とそうでない人との公平が保てないこと、③若い世代は移行期の保険料負担と新たな消費税負担の二重負担に悩まされること、④
全面移行には数十年かかること・・・・。
しかし、そうしたテクニカルなことよりも、民主党が掲げる税方式化とは、全ての高齢世代にある意味「生活保護費」を支給する、もう少し穏やかな言葉でいえば、最低限の生活保障をする、それを国の税金でするという意味です。
言わば、全ての子どもに対する「子ども手当」、全ての高齢者に対する「税方式化での年金」の二本柱が、個人の生活を国が「公助」で支えるという、民主党の民主党たる所以です。少なくとも、それが、民主党が長年マニフェストに掲げてきた、他の政党との違い、特色だったのです。
他方で、自民党は違います。自民党は、「自助、共助、公助」のバランスをしっかりと保つ。とりわけ、「自助」、「共助」を求めることができる部分はそちらを優先する。
社会保障の世界の中でいえば、年金については、全ての国民がいつ60歳あるいは65歳になるか計算できるわけで、ある程度備えが個人個人ができます。したがって、年金は可能なかぎり自助、共助を大切にする。他方で、医療・介護は、若者であってもいつ交通事故にあったり、大病を患うか想定できませんから、こちらは、公助を大切にする。
年金こそ、自民、民主の二大政党の理念の違いが鮮明なものはなかったはずなのです。
その根幹部分を取り下げるとなると、もはや民主党は民主党ではありませんし、この日本に理念の対立など存在しないことになってしまいます。
テレビをひねったら、民主党政権は、普天間についてV字滑走路を米国に提案とのニュースが流れていますし、TPP、法人税減税と大企業優遇の方向性も、従来の自民党とあまり変わらない・・・。
結局、この国には、政治の出る幕などないということなのでしょうか・・・。
あらためて言います。これだけ、自民党と変わらない政策を行うのであれば、民主党は解党すべきです。

この記事へのコメント

  • サラリーマンCさん 2011年1月18日 12:56

    もはや政治家いや選挙屋は不要ということでしょう。官邸だけあれば、あとは官僚が全て旨くやってくれます。事務次官を大臣にすればよいのですから。普天間移転問題も鳩山が騒がなければ余計な金もかからなかっただろうし、民主党政権ができなければ子供手当や高校授業料無料化もなかっただろう。農家戸別所得補償もなかっただろう。自民党がなければ余計なダムや空港もなかっただろう。

  • ももさん 2011年1月21日 11:58

    >>http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20110121-00000084-jijf-bus_all
    何故、外国の企業(よりによって中国)と組んで、
    国内競合他社とは組まないのでしょうか?
    日本人は、共産国家がどういうものかについて
    あまり知らないようですね・・・・・。
    日本の技術が一旦中国にわたってしまえば、
    それによって日本の企業、日本が首を絞められる可能性だってありえるのですよね、
    使い方によっては。
    日本は子供手当まで出して、多くの人材を
    育てても、その大半は企業合併や合弁によって
    ブレインを吸い取られて、結局は外国企業が
    その多くの利益を稼ぎ、日本は投資の回収が
    できないのではないでしょうか?
    日本はどうやって、何を以て投資対効果を
    出そうとしているのかが分かりませんよね・・。
    教育でもそういう事を教えられていないですし。
    つまり、目先の利益を追いかけるばかり・・・。

  • みみさん 2011年1月21日 15:44

    なぜ、日本の企業は未だにバラバラ競合して
    いるのでしょうか?
    >>>http://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20110121-00000001-diamond-column
    ここにも書かれていますが、せっかく日本には
    良い技術が有るのに、競合する企業が多いので
    力が分散してしまって、その挙句に、実質
    ALL 韓国のようなサムソンに世界シェアを取られてしまっていて、日本の技術は下請けみたいになってしまっている。
    切磋琢磨するのは良いのですが、世界進出だ、
    ここぞという時は団結しないと日本はダメですよね。
    団結して、強みを生かして、上げた利益をうまく
    分配すればいいのであって、最初から戦っていては、どの企業も駄目になってしまいますよね。

  • 清瀬市民さん 2011年1月31日 16:23

    一生懸命払う意思があっても払えない人もいます。
    大病で、公助と言われていますが、現状はそんなものは受けれません。(私の経験)
    それどころか、払えないのは社会人としてどうなの?、と役所から延々と説教される…。
    更に、毎月の催告状での、差し押さえる等の、払え払えのプレッシャーを掛けられるばかり。
    幸い、私の大病もほぼ治り、払える状況に近付いてますが、何にせよ公的な助けは期待してません。
    それだけにそこに関しては、民主党は論外ですが、どこの政策にも期待出来る内容は無いです。
    残念ですが…
    これらにより追い詰められ、人生を諦めたりする方もいると思います。
    それによる自殺や、自暴自棄になり悲惨な事件を起こしてしまう方もあったかもしれません。
    毎日、ニュースを見てると、そんな事が頭を過ぎります。
    将来、安心して暮らす為の年金等に苦しめられている人がいるという事を、少しでも木原さんの心に残ればと思い、コメントしてみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件