Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2011.06.03

不真面目な総理 ~内閣不信任案否決~

昨日、内閣不信任案が与党の賛成多数で否決されました。


このブログでも何度か書いてきたように、私は、四月の早い段階から「大連立」を主張してきました。

菅政権の震災・原発対応は滅茶苦茶で、このままでは日本が奈落の底に落ちていくことは明らかであるにもかかわらず、①被災地の物理的状況から解散総選挙は不可能であり、②300を超える民主党の圧倒的議席の前には不信任案成立の可能性も低く、この菅政権の枠組みを変えるには大連立しかない、自民党が中に入って政権を内部から乗っ取っていくしかない、と確信したからです。

ところが、当時は「菅総理のままでは大連立などできない」という声が圧倒的でした。

そういう声からすると、今回の不信任案提出は論理必然の一手でした。しかし結果は?

自ら提出する不信任案について可決の戦略を自ら描けない以上は、本来提出すべきではなかったのだと言わざるを得ません。

今回の不信任案についていえば、小沢グループの協力がなければ成立しないのに、自民党は小沢グループとだけは手を組めないし、組みたくもない…。ということは、自民党には、不信任案を確実に成立させ、その上で次のあるべき政権の姿の青写真がなかったということです。

この何とも腹の据わらない内閣不信任案の否決の結果何が残ったか・・・。

菅政権は一応の信任をされ、そして何より問題なのは、当面伝家の宝刀「不信任案」が当面使えなくなったという重い事実です。

何しろ、自民党は、不信任案提出と同時に、国会の大幅延長を訴え、この結果菅総理は大幅延長を宣言してしまっています。内閣不信任案は一国会一回と法律上決まっており、国会が年内いっぱい延長されれば、手の出しようがなくなってしまいました。

と、ここまで我が自民党に苦言を呈しましたが、しかし、この自民党側の戦略の無さ、覚悟の無さもさることながら、それ以上の醜態というか恥を晒したのは菅総理ではないでしょうか。

何しろ、午前中には、一定のめどがついたら退陣と言っておきながら、総理周辺の幹部は退陣とは言っていないといい、当の本人までも午後には時期は決まっていないなどと言い出す始末。

街では「総理退陣」の号外まで配布されているというのに・・・。

要するに菅総理は「ずるい」人、「嘘を平気で言

この記事へのコメント

  • 所沢市民さん 2011年6月3日 09:08

    民主党って名前が良くないですよね。
    罠終党って方が適切かと。
    前回の衆議院選挙で、様々な所で、「民主党は危険」と言っていたのに「自民党にお灸をすえる」と馬鹿な考えで民主党に投票した国民の自業自得の結果でしょうね。
    被災地の方も気の毒ですが、自分達が選んだ国政の代表者が担う政治の結果が、被災地支援そっちのけの売国政策ばかりですから。(特に、予算無視で進める売国こども手当)
    「お試し」とか「駄目だったら変えれば良い」とか「埋蔵金90兆円ある(原口談)」とか。口を開けば嘘をつく連中の民主党にここまで騙されると、嘘をつくのがあたり前と言う状態ですね。
    もう、呆れてものも言えない嘘つきの民主党には、一日も早く日本から消滅して欲しいと願うばかりです。

  • ことんちゅさん 2011年6月3日 12:36

    当然憤怒するべきではありますが、その民主党の「詐欺的手法」を追及してたら切りがありません。
    警察でさえ費用対効果の面から、微罪や軽微犯の摘発は優先しませんし、要は、現実として「民主党」には意図的な的が多過ぎて射る事が出来ないのです。
    だとしたら、私達は大問題だけに追及点を絞り、余力を「彼らが実現実行出来ない」展望と知恵、地域的な機微の政策分野や、マスメディア対策に向けるべきです。
    あんな連中をいちいちまともに相手にするのは非効率過ぎますし、放って置けば、あとは内紛と敵失だけで崩壊します。
    ですから、私達がやるべき事は彼らを正論で押さえ付ける事ではなく、彼らの手法や思考を取り入れ、常に彼らの斜め後ろから監視、誘導する事です。
    しかし「民主党政権」は面白い。木原先生も感じられてると思いますが、こんなに役立つ「参考書」はありません。
    この時代を皆さまと共有出来る事を、何よりの喜びと糧として、一瞬一瞬を思い切り楽しみます!

  • 西東京市在住 さん 2011年6月3日 14:49

    私の個人的な意見です。
    今、行動すべきことは小さな子供でも知っている被災地の復興支援です。
    その為には、党を超えた全ての先生方の協力と努力が必要です。
    その場、その立場で役割があるかと思いますが、一人の男(首相)を支えられない人が、国を支えることが可能でしょうか?
    批判は私にもできます。しかし、私ではできない協力を先生方はできるお立場にいらっしゃる。
    この最大の苦難を自民党の先生方の協力により乗り切ることができたと国民が感じれば、大連立を組まなくても政権は戻ります。
    木原先生のご活躍を期待し、また応援しております。

  • 竜の柩さん 2011年6月4日 12:09

    政局に嫌気がさしてすっかりご無沙汰していましたが…。
    民主党は、マニフェストの変更はきっちり説明できれば国民は納得してくれるため問題ないと考えるが、衆議院の解散はとうてい考えられないとの考え。つまり、選挙前は甘い言葉で国民を騙してもいいから、議席さえ獲得してしまえば、4年間に、権力行使で私腹を肥やし、立場を確立すればいいと思っている権力詐欺集団。
    一方、国民も馬鹿ではないので、今後の選挙で民主党が本当にいい事を言っても誰も聞く耳をもたず信用しないが、実際には、利権(税金投入)が絡む多数の人は民主党を応援するのでしょう…(これまでの自民党がそうであったように)。
    ところで、見えないところでべロッと舌を出しながら提示したマニフェストの罠に国民がはまったのは、自民党時代も同じでしょう。自民党は、2世議員が象徴するように、これまでの超権力集団であり、それに対するアレルギーが前回の政権交代を引き起こした。やはり、これまでの成果(多額の借金)から信用されていない。
    現在の国民は消去法でしか議員を選ぶことができず、また、話した事もない人を看板(政党)を信頼して投票する…これが本当の民主主義なのでしょうか?
    ここに現在の議会大きな問題点があり、汚職等をなくすためにも抜本的な改革が必要です。
    私案もありますが、利権にまみれた今の議員の方々にはとうてい受け入れられないものでしょう。
    数100年に一度の国難の時ですら一致団結できないのであれば、そもそも(税金を無駄にする)国会議員なんていらないという議論が出てきてもおかしくないと個人的には思っています。
    民主主義とはなんぞやですよ。
    選挙さえすれば民主主義になるのですか?
    議員は、国民皆の代表(親)なのに、これまでの仕打ちには子供としてとうてい耐えられない。

  • 高校同級生さん 2011年6月4日 19:48

    この国家存亡の危機の時に、「ロクに、根回しもせずに、何となく、不信任案を提出する自民党」の策の無さに幻滅します。
    権力闘争は、最終的には、多数決であるのに、「中途半端な覚悟で、中途半端なお遊び」を、この時期にしてはいけない。
    民主党のいい加減さも問題だが、世襲議員ばかりの自民党も、坊ちゃん坊ちゃんし過ぎている。
    戦争を仕掛けるなら、必勝の覚悟で臨んでいただきたい。甘いですね。

  • おばまさん 2011年6月5日 04:28

    原発は安全だなどと当時の自民党が嘘ついて許可しなければこんなことにはならなかったんだから…その上自民が責任を民主のせいにしてるんだから菅総理も大変ですよね。
    鳩山さんとか平成の脱税キングなんだから話にならない。

  • ことんちゅさん 2011年6月5日 10:21

    「おばまさん」のご意見にも一理ありますね。
    たしかに、日本を世界第二位の経済大国へ押し上げ、世界有数の富と安全を提供した「自民党」には多くの功罪があります。
    ただ、あの聡明な「蓮舫大臣」でさえ、「400年に一度の災害想定」は「無駄」と仕分けた「スーパー堤防」で分かる通り、
    東日本大震災のような、世界史上類をみない大災害による責任論を、
    「自民党」一党に押し付けるのは無理があるんではないでしょうか?
    勿論「自民党」も「民主党」も私達国民の代弁者ですから、責任論でいえば我々が一番悪い訳ですが、
    だからこそ私達国民の責任として、政治家を唯一評価出来る「政治の結果責任」から判断して、
    建設的最善策を迅速に議論推進しなければならないと、私個人は考えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件