Go Top

前外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2012.12.03

外交についての基本的考え方

衆議院選挙公示まであと1日。

もうブログも更新できなくなりますので、今回は、ちょっと外交について、自分の基本的考え方を書いておきたいと思います。



何となく自分は、経済の専門家のようによく言われるのですが、実は、外交の方が強かったりします。というのも、役人時代は、国際交渉の現場によく参加していたからです。

パリクラブ、日本語でいうと、主要債権国会議というのが毎月、パリの大蔵省で開催されています。パリクラブは、債務危機に陥った国に対して、債権国が債務のリスケや放棄を議論する場です。民間でいうところの債権者集会のようなものです。

私は、財務省国際局に勤務していた時代、日本の代表としてこの会議に毎月出席していました。また、英国大蔵省出向時代には、英国の代表として、マネーロンダリングの国際的規制を定める国際会議にも毎月出席していました。イギリスの代表として、日本の代表と対峙することもありました。

脂汗が出るほどの緊張感、切迫感のある国際交渉の現場に臨んで学んだことは、外交とは、突き詰めていけば、「仲間を増やし、敵を少なくする」、あるいは「仲間と連携し、敵を分断する」作業だということです。

日本の最大の味方はだれか?それは米国です。先ず取り組まなければならないことは、日米同盟の信頼の再構築です。

日本の敵はだれか?「敵」という言葉は強すぎるかもしれませんが、少なくとも日本の主権を侵害している中国、韓国、ロシア・・・、大切なことは、この三か国を分断することです。

そして、「仲間を増やし、敵を少なくする」ためには、日本自らが「日本を味方にしておいた方が得だ」、「日本を敵に回すとやっかいだ」と思われるようにならなければなりません。

要はなめられないということです。



日本がなめられないようにするためには何が必要か。やはり経済力だと痛感します。外交強化のために先ず取り組まなければならないことが、経済力の強化です。その上で、海洋国家にふさわしい自衛力をつけること。


民主党政権ですっかり傷ついてしまった日本の外交をきちっと立て直していきます。


そして、いくつかの個別の問題についてですが・・・、


先ず竹島。民主党政権は、日韓関係に雪解けの兆しがみられるので、年内の国際司法裁判所への提訴を見送る方向のようですが、全くナンセンスです。韓国によって不法占拠されている竹島については、本来であれば韓国は実効支配しているのですから静かにしていればいいのに、わざわざ大統領が上陸するという形で韓国側から寝た子をたたき起こしてくれたわけです。

今が攻め時なのです。この機会を逃したら、次のチャンスは当分きません。国際司法裁判所にきちっと提訴するときなのです。


逆に尖閣諸島。日本が実効支配しているわけですから、わざわざ寝た子をたたき起こす必要はなく、東京都が購入するところでとどめておけばよかったのです。それを、野田総理が石原さんの手柄を横取りして、わざわざ国有化してしまいました。

しかし、国有化してしまった以上は、決して後ろにひくわけにはいきません。実効支配をより強固にする手だてを講じていく必要があります。


いずれにしても、外交は経済と違って合理的解が出しにくいものであり、瞬時の判断、経験に裏付けされた直感、「味方を守り、敵をあざむく」ための用意周到な根回しを要求されます。


自民党と民主党のどちらにその能力があるか・・・、私は明らかだと思っています。






この記事へのコメント

  • ことんちゅさん 2012年12月3日 08:55

    本日の主張には感服致しました。先日は谷垣前総裁との総決起大会へ伺い、元気大盛りの木原先生のお姿も拝見でき、公示直前のこの主張にみられる日本復興への明確で現実的な方向性を、改めて強く感じています。
    おっしゃる通り、今の日本は経済と外交、そして安全保障の修復と進化を同時並行して実行することが必須であり、それを政治的に実現するには「自民党」以外の選択肢はあり得ません。
    そして、私も木原先生の強力な「経済観念」が裏打ちする「外交力」に期待してやまない一人です。何故なら、加速的に進化するグローバル経済においては、「外交力」なくして国益も「世界益」もありませんから。
    無事に選挙戦を全うされ、当選後の国会と外交舞台の論戦において、所狭しと暴れまわる「木原せいじ」を心待ちにしております。みんなで一緒に頑張りましょう!日本を取り戻す為に!

  • 木原せいじさん 2012年12月3日 10:43

    日本がこれからも国際社会に存在感を示せるかどうかの分岐点となる、瀬戸際の大切な戦い、心を込めて戦い抜きます。

  • ダイヤモンドサッカーさん 2012年12月4日 13:12

    木原せいじさん今度も投票します。
    外交が分かっている木原先生に日本を普通の独立国にしていただきたいです。現在の内政干渉されている日本から脱却させてください。日本新聞社放送会社内に他国のマスメディア会社事務所が入っている状態をなくしていただきたい。 選挙制度改善被選挙者の3世代前迄の出生を明らかにする。
     帰化1世は非選挙権はなし地方議会のみ選挙権。 
     帰化2世は地方議会の被選挙権地方知事地方議会選挙権。
     帰化3世地方知事地方議会ひ選挙権、国政議会選挙権地方知事、地方議会選挙権。
     私案なのですが選挙制度放送会社制度を改善しなくては外交問題よりも国内から侵略されしまいます。
     どうか自民党として世界最古の独立国日本を守制度を作ってください。

  • Arakiさん 2012年12月5日 23:47

    初当選の際、ほんの少しお手伝いさせて頂きました。
    あれ以来、木原先生のお人柄にすっかり惚れ込んでしまいました。
    先生のブログや、杉村太蔵さんの質問に答えていらっしゃるユーチューブの動画も拝見しておりました。
    まだご覧になっていらっしゃらない方は、是非ご覧頂きたいです。
    木原先生こそ、国政壇上へ押し上げるべき方だと確信なさると思います。
    幼い頃、私も政治の世界へ憧れを持っていました。
    しかし政治家への道を切り開くのは、並大抵の事ではなく、まして自身の理念を貫き、実現する難しさを肌で感じました。
    現在関西に在住している関係で、直接お力になれず本当に残念です。
    少しでもお役に立てるよう、選挙区の友人に声をかけさせて頂きますね。

  • あいらんどさん 2012年12月10日 11:57

    先日、自宅の前で演説をされていたので聞かせていただきました。
    この3年3ヶ月、色々な思いがあったと思いますが、必ず無駄にはならないでしょう。応援しています。
    安倍総裁を支え、前に進める政治に期待をしています。

  • ひとはさん 2012年12月16日 22:56

    3年3カ月、在野での活動お疲れさまでした。
    これからは国会で頑張ってください。引き続き応援してます。

  • レオパチさん 2012年12月17日 00:26

    これからまた木原さんの手腕を如何なく発揮してください。また、今回初当選された議員さんに対し議員としてのモラルや姿勢等の教育、そして若手のリーダー格として彼らの牽引役を担うことを期待しています。

  • Arakiさん 2012年12月17日 07:37

    見事な圧勝でしたね。
    どうぞ木原先生のお力を、存分に発揮なさって下さい(^-^)

  • 尾張義士さん 2012年12月17日 10:36

    郵政解散選挙の時は久米川駅で小泉さんが応援に来た事が懐かしいです。政権交代後に毎日新聞に、1市民として潔い反省の投稿をされた事が印象深いです。3年3ヶ月もの長い間本当にご苦労様でした。転居の為選挙区は変わりましたが陰ながら今後とも応援させて頂きます。

  • 光野龍之介さん 2012年12月17日 14:31

    今回は本当におめでとうございました。
    あなたこそ将来の日本を背負って立つ人材と街頭でお会いする度に思っておりました。
    高い見識、海外から日本を見た経験は、まさに新しい日本を創った明治の炎を彷彿とさせる逸材。
    ここからが正念場共にニッポンの未来のため、未来の子どもたちのために身を尽くして行きましょうぞ!

  • 恵比寿店 店長森田さん 2012年12月18日 10:02

    選挙も間近に迫ったある夕刻、駅前で直接チラシをいただだきました。黙々と政治活動をされている木原さんの姿に好感をもっておりました。前回は残念でしたが、今回は見事雪辱。自民党ブームではなく木原さんの政治に期待して投票された方もおおいでしょう。「国民のための政治」を忘れる党・政治家は敗北します。国家と国民共に繁栄の政治は難しいかもしれませんが、「民は国家の宝」と慈しんだ周の古公亶父の気持ちで政治に取り組んでください。期待しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件