Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

プロフィール ~木原誠二の歩み~

1970年生まれ。
学生時代はテニスに没頭。「少しでも人の役に立つ仕事を」と財務省入省。
99年~01年、英国大蔵省に日本人初の出向。その際、サッチャー元首相と運命的出会いを果たし、政治を志す。

05年衆議院議員初当選。しかし、09年落選。
落選中の3年間、民間企業で営業マンとして経済の現場で働きながら、地元政治活動を継続。

霞が関による「政策」独占を打破するため、言葉遊びではなく、自ら法律を書き、自ら政策を作れる「本物の政治家」を信念に、2012年12月、衆議院復帰(2期目)、現在当選4期。

2013年9月〜2014年9月、外務大臣政務官、2015年10月から現在まで外務副大臣を務める。

政治家としては初めて経済連携協定(EPA)の首席交渉官として日本とモンゴルのEPAを妥結し、2016年5月、モンゴルより北斗七星勲章を授与された他、平和外交の柱であるODAの改善や核軍縮・核不拡散に心血を注ぐ。
また、2016年7月バングラデシュ・ダッカで発生したテロ事件では現地対策本部長を務める。

略歴
氏名 木原 誠二(きはら せいじ)
生年月日 昭和45年6月8日
出身地 東京都
選挙区 東京20区
(東久留米市、清瀬市、東村山市、東大和市、武蔵村山市)
好きなもの ラーメン・うどん・焼肉
尊敬する人 織田信長
好きなタレント 中山美穂
著書 『英国大蔵省から見た日本』 (2002年/文春新書)
役職
議員連盟
  • 日英友好議員連盟 事務局長
  • 警備業の更なる発展を応援する議員連盟 事務局長
  • 都市における農業を考える若手議員の会 世話人
内閣
衆議院
    常任委員会
  • 議院運営委員会 理事
  • 安全保障委員会 委員
    特別委員会
  • 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会 委員
    審査会
  • 政治倫理審査会 幹事
自民党
  • 政務調査会 副会長 兼 事務局長
  • 国会対策委員会 副委員長
  • 税制調査会
  • 行政改革推進本部 事務局長
  • 財務金融部会 副部会長
生い立ち
1970年6月 東京生まれ。9ヶ月でシカゴに住む(~5歳)
1976年春頃 初恋
1976年6月 帰国
1979年5月 アムステルダムに住む
1979年12月~
    帰国。高田馬場・戸塚第2小学校へ
  • ドッジボールの名手
  • 絵がとてつもなく下手なことを発見
  • 5年生のとき野球チームに入団
1983年4月~
    私立武蔵中学入学
  • 中高6年硬式テニス部に在籍
  • おニャン子クラブに熱中
  • ピアノも趣味
1989年4月
    東京大学文科Ⅰ類入学
  • 再びテニスに集中
  • 1991年秋 全国選抜テニス大会3位(ここがピーク
1993年3月 東京大学法学部卒業
1993年4月 大蔵省(当時)に入省
1993年4月~1995年6月
    証券局証券業務課
  • 証券会社の救済策策定などを経験
1995年7月~1997年6月 留学(イギリス、LSE)
1997年7月~1999年6月
    主計局法規課
  • 財政構造改革法の制定・改正・凍結に関与
1999年7月~2001年6月
    英国大蔵省出向(初代)
  • 金融犯罪対策、アジア通貨危機分析など
2001年7月~2003年6月 大臣官房・課長補佐
2002年2月
    文春新書より出版
  • 『英国大蔵省から見た日本』
2003年7月~2005年6月
    国際局・課長補佐
  • イラク復興支援、債務処理
  • アジア金融協力、中国経済、北朝鮮経済制裁など
2005年9月 第44回衆議院総選挙にて初当選(第1期)
2009年9月~2012年12月 第47回衆議院総選挙にて落選
政策研究大学院大学研究員
縄文アソシエイツ・コンサルタント
2012年12月 第46回衆議院総選挙にて当選(第2期)
2013年9月〜2014年9月 外務大臣政務官に就任
2014年12月 第47回衆議院総選挙にて当選(第3期)
2015年10月 外務副大臣に就任
2017年10月 第48回衆議院総選挙にて当選(第4期)

こちらもぜひご覧ください ~基本政策 私の信念~

この5つの点について関心を高く持たれている方が多いのではないでしょうか。
個別の論点について詳しく述べさせていただきます。