Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2009.02.04

電気自動車

 昨晩、山本一太さんなどとの勉強会、プロジェクトJで、世界最速(370キロ)の電気自動車ELIICAを開発した慶応大学教授の清水浩さんをお招きして、お話を伺いました。

 次世代エネルギーとしては、やはり太陽光発電が一番有効で、これをリチウム電池に蓄積することで、電気自動車は数百兆円の市場規模が期待できるといったことが、あらためて確認できました。

 

 印象深かったのは、新たな産業を興そうとすると既存勢力が巨大な抵抗勢力になって、日本のような成熟国家では、ここを突破するのが難しいという点です。

 例えば、電気自動車に移行しようとすると自動車メーカーが抵抗勢力になるし、太陽光発電に移行しようとすると電力会社が抵抗勢力になるし、リチウム電池を使おうとすると鉛電池を主力とする電池会社が抵抗勢力になるということです。

 結果として、我が国は、既に殆どの技術で世界最先端をいっているにもかかわらず、既存産業が巨大で成熟している分、大胆に一歩踏み出すことが難しく、もたもたしていると、逆に既存産業が育っていない中国などに技術が流出し、中国に先を越されることが、懸念されます。実際、中国では、電気二輪車が数千万台すでに流通しています。

 じゃ、どうするのか?第一に、国の明確な方向付けが必要だということ、第二に、予想外の新興勢力が参入しいてくること、第三に、既存勢力のなかでも、一早く大胆な転換をするところが現れること、ではないかと思われます。当たり前のことですが・・・。

 同じことが行政にも言えます。

 今議論になっている公務員制度改革も、麻生総理が表明した「1年以内の天下り・渡りあっせんの全廃」はもちろんとして、そもそも公務員の身分保障を外してしまうなど、大胆な転換が必要であるように思います。

 これから、午後は予算委員会です。

この記事へのコメント

  • MIさん 2009年2月4日 12:11

    日本の太陽光発電をはじめとするいろんな最先端技術が意外と国内では使われていなくて、
    海外で普及しているという話は前から聞いていました。
    なので、日本の国家戦略として、有望な産業には投資をしていくのが当たり前では??と思っていたのですが、意外に足を引っ張る勢力が居たとは・・・。盲点でした。
    自動車大手に対しても、どうして低価格低速度
    (安全な最大時速60キロ位の一・二人乗りの)電気タウンカーが出せないのかを疑問に思って
    いました。日本の技術が有れば、もう何十年も前に出来ているでしょ?と。
    ところで、電気自動車って大手の自動車メーカー
    で無くても作れるのですか?もし、そうだとしたら、電気関係に詳しい人達が会社を立ち上げて
    新技術を発明した人達とグループになって
    国の援助もあわせて新しい日本を支える産業に
    すれば、日本の未来はとても明るいですよね!
    日本が太陽光発電を始め素晴らしいエネルギー技術大国になって機材販売とメンテナンスで、今までオイルマネーが受けてきたような潤沢な資金を世界から得て、それを元にまた、皆が研究や開発を続けて、生活も、医療も、教育も、福祉も無料で受けられる社会になればいいなと思います。
    国が人を働かせて税金を取り上げるのではなく、
    人の能力を最大限に発揮させて、人の為になる
    国家プロジェクトで世界の最先端を行き大きな
    利益をあげて国民に還元しつつ、エネルギーや
    医療機材輸出で海外の人々の暮らし向上にも
    貢献できるようになれば、加速して物事が
    よくなると思います。
    もう一度、確認すべきですよね。
    歴史的に見ても、世の中の素晴らしい発明家は
    全て民間人だったという事を。
    自分達が生きている間に夢のような社会を見たければ、自分の親族だけを優遇する事をすぐに
    辞めて頂かないと・・・・。
    電動自動車をはじめ、他にも最先端技術
    を生み出している人達のリポート、また
    お待ちしております。グループになって国民に
    知らせて、国民運動にしたほうが良いですよね。
    天下り団体を無くせば、こういう次世代型産業に
    資金が行き渡るのでは?

  • elliefさん 2009年2月4日 17:27

    電気自動車に理解がほしいですね(^^)
    技術者がたくさんいるのに生かせないのは残念ですね。
    うちの団地の立ち入れない、アンテナしかない屋上にソーラーパネル設置すればいいと思います。
    どこかに貯めて有効利用できたら、ちょっと嬉しいです(^^)

  • YUさん 2009年2月5日 14:56

    太陽光発電と電気自動車、それに最先端医療、
    急いで国家戦略を立てなければ、日一日と
    無駄に出来ませんよ。
    国籍法、経済危機、株価の下げなどいろんな
    理由をつけて日本から権利や、特許などを
    剥奪して行きますよ。
    海外の欲しいものは、昔から日本に有る特許などでは?それがアメリカや中国共同開発で手に
    入ったら利益は山分けできますものね・・・。
    何故、日本の大手ともあろう企業がまんまと
    国際市場の名のもとに上場したのかが分かりません。
    行きはよいよい、帰りは超怖い・・・って事を
    分かっていないのでしょうか?
    外国人投資家の高値売り抜けを支える為に
    公的資金投入する事よりも、昨日の電気自動車
    産業のような新しい有望産業にこそ、国の投資を
    集中させるべきだと思います。
    新しくて強い産業が出来れば、そこでも雇用が
    生まれますから!
    昔の成功体験にこだわって変われない事で
    若者が生きられない日本になってはいけません。
    ネットも使いこなせない古い頭の人達に
    国を任せておかないで、情報&スピードの
    掛け算で若くても何十倍も成果を上げられる
    人達で頑張りませんか?
    時代は変わったのです。変われなければ、
    足元を見られておしまいです・・・。

  • 1102masaakiさん 2009年2月5日 20:46

    太陽光発電などは何故一般に普及しないのか。
    国や区市町村からの補助金などが少ないからだと思います。
    補助金を貰って取り付けたはいいけど太陽光発電の寿命や家の寿命と考えると元が取れるか取れないか位では、お得感はないです。
    もっとお得感が出るようならエコも手伝って普及すると思います。
    電気をいくらで買ってくれるかとか普及後もフォローがあればいいですね。
    これは国には出来ないですか?

  • たーばーさん 2009年2月6日 20:51

    三菱、富士重、日産までも、電気自動車開発に着手、年内には発売されるそうじゃないですか?普及の足かせは、航続距離とインフラステーションの整備、これを、国家バックアップする体制を作れば、企業も向うはずです。電気自動車普及に向けた、公的資金の注入が必要と思いますよ!太陽発電も同様です。需要が増えれば、日本の得意な大量生産による、徹底的なコスト低減で、いつかは、補助無くとも、普及に加速がつくと思うのですが。。電気自動車を1台でも多く町を走らせ、宣伝する事ですね!そんな企業も是非バックアップして下さい。

  • 月乃さん 2009年2月8日 23:30

    大量生産すれば、コストは安くなるのだけれど
    現状のコストが、余りにも高すぎる・・。
    ELIICAは、2台作って5億掛かったとうかがってますし
    量産するための開発費には、あと50~100億は掛かるとか・・。
    いずれは、市販車にも技術反映が出来る、F1やラリーも
    各社は、軒並み撤退していますし、メーカー単体ではなく
    ジェット旅客機のような、国家プロジェクトで進めねば
    方向性はバラバラになるでしょうね・・。
    ソーラーも風力も、電力を使う以上、バッテリーは必要です・・。
    現在、主流の鉛蓄電池から、リチウムイオン電池に移行するのは
    疑う余地もありませんし、各社開発中のレドックスフロー電池も
    実用化すれば、自動車などの用途には向いているでしょう。
    モーターにしても、さらに高効率なもの(ネオジム合金など)が
    必要になってくるでしょうが、いずれにしても不可欠なものは
    レア・メタルの存在です・・。
    モノによっては、金の数倍もの価格となるこれらを
    原油同様に、安定供給できるようにしなければ
    技術の進歩の妨げになります。
    現在のハイブリッド車でも、車両価格に占める
    バッテリーの価格は、相当なものです・・。
    コレが、電気自動車ともなれば、さらに増えるでしょう・・。
    町乗り専用の、軽自動車レベルのものなら兎も角
    グランツールに耐えるものは、非常識な価格になるでしょうし
    急速充電の出来るスタンドなど、インフラ整備も必要ですね・・。
    輸出なども視野に入れた場合には、各国で協議して
    明確な国際基準を、作らなければならんでしょう・・。
    コレって、ハッキリ言って「国の仕事」ですよ・・。
    カネもヒトも、民間に任せているようでは
    なかなか、先には進めないと思われますけど・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件