Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・前衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2009.02.14

徹底闘論 ~ さらば「白か黒か」

 これから、東京都療養型病院研究会のシンポジウムにパネリストとして出席するため、東村山から信濃町に向かいます。

 公務員制度改革、金融・経済問題などのシンポジウムが続いていたので、社会保障に関わるシンポジウムは久しぶりに感じます。 


 それにしても、小泉元総理の発言はインパクトが大きかった。ただ、これで、自民党の問題が解決するわけではありません。今こそ、自民党の政策の方向性を明確にするときです。党内での徹底した議論、それこそ全員合宿をして議論を戦わせてでも、方向性を確立しなければなりません。

 

 「構造改革は間違っていたのか?」そんなことはありません。構造改革を通じた不良債権処理、規制改革による民間活力の引き出し、財政改革による行政スリム化がなければ、我が国は、依然として官頼みのままで、「失われた10」から未だに脱却できないでいた可能性が高かったと思います。

 他方、「構造改革に間違いはなかったのか?」そんなことはありません。高齢化の影響もありますが、格差が拡大したことは事実ですし、医療崩壊、地方経済の疲弊も現実です。


 「白か黒か」、「右か左か」の二項対立は、もう終わりにしないといけません。構造改革は必然であったし、これからも進めていかなければなりません。同時に、構造改革の闇の部分、構造改革で取り残された分野に対する政策も追わなければなりません。両方必要なのです。それこそが、私が学んだ英国労働党が掲げた「第三の道」ですし、「英国大蔵省から見た日本」第二章で報告したことでもあります。


二項対立を乗り越える新たな方向性を示す、それこそ、戦後60年以上この国の舵取りを担ってきた責任与党・政党としての責務だと思います。

 全員で議論でするような場をこれから模索していきたいと思います。


この記事へのコメント

  • レオパチさん 2009年2月14日 11:20

    は、本当に期待している人には申し訳ないが、
    正直言えば、貰えようが貰えまいがどちらでもいい。
    それよりも、それ以外の景気対策と、
    さらに一歩進んだ政策を迅速に行っていただくこと
    を望んでます。
    くれぐれも小泉さんのポピュリズムと、
    マスコミ報道に振り回されず、
    政治の王道を進まれることを期待します。

  • 定額給付金さん 2009年2月14日 16:03

    これになぜこだわるのか理解で得来ません。
    総理は迅速に景気対策をしなければならないと言っているのになされていない。矛盾しているのではないかと思ってしまう。
    また、自分の発言には、責任を持つべきで、間違った発言でも一貫して最初から同じことを言っているというのは、一国の総理大臣としてどうなのでしょうか 。
    一日でも早く景気対策がなされることを期待したいのですが、今の麻生政権では、無理ですかね。

  • 歯車王さん 2009年2月14日 19:01

    迅速な景気対策を妨害しているのはどう考えても【民主党】だと思うのですが、違いますか?
    以下のように、これだけの景気対策がすでに実施、あるいは予算案成立を待っています。
    http://spreadsheets.google.com/pub?key=pN-ZNSTQvqwzUGy1GUeIlAw
    イギリスの政党を見習って、迅速な景気対策のために、【民主党】に「さっさと予算案成立に協力しろ」と言いたい所です。

  • 歯車王さん 2009年2月14日 19:07

    少なくとも私の回りでは、「給付金を楽しみにしている」という意見ばかりです。わたしもブルーレイハードディスクレコーダーを買おうと待ちかまえています。
    すでに実施している台湾では大成功だったようです。
    (以下引用)
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090212-00000025-yom-bus_all
    特需呼ぶ台湾版「給付金」…百貨店売り上げは1割以上増
    2月12日12時0分配信 読売新聞
    特需呼ぶ台湾版「給付金」…百貨店売り上げは1割以上増
     【台北=源一秀】台湾当局が、景気浮揚策として、約2300万人の全住民を対象に1月18日から配布している3600台湾ドル(約1万円)相当の商品券「消費券」が、一種の特需を巻き起こしている。
     百貨店の売り上げは軒並み1割以上アップし、地元テレビの世論調査では73%が「(消費券が)経済振興に役立つ」と回答。支持率低迷に悩んでいた馬英九総統にとっては政権浮揚の追い風になった形で、政権内には「今年後半に、もう一回配布」(行政院新聞局)の声が出ている。
    (字数制限のため中略)
    最終更新:2月12日12時45分
    読売新聞
    (引用ここまで)

  • レオパチさん 2009年2月14日 19:17

    質の低いメディア報道と、
    それに乗っかり未だ党内で権力闘争をしている、
    自民党内の問題と私は捉えています。
    何故自分達で選んだ総裁を支えないのでしょうね。
    目先の選挙ばかりに目がくらんで、
    フォロワーシップを発揮せず悪循環に陥っているのが現状でしょう。

  • 歯車王さん 2009年2月14日 19:31

    私は分割民営化は間違っていたとは思いません。
    麻生総理は「分割の仕方には異論」があったものの、民営化自体は、「反対していない」はずです。その時は当時の親分の言うことにしたがったわけで、組織にいるものとしては当然の行為と思います。
    時系列としては以下の様かと思います。
    (ここから)
    2003年4月1日 郵政事業庁が特殊法人である日本郵政公社となった
    2003年9月   麻生さんが総務大臣として入閣し、郵政民営化を担当した
    2004年5月1日に内閣官房郵政民営化準備室が設置
    2004年9月10日 郵政民営化の基本方針等の閣議決定(麻生総務大臣)
    2004年9月27日には、竹中平蔵国務大臣が郵政民営化担当大臣に任命(2006年9月26日まで)
    その後、郵政民営化担当大臣は、菅義偉総務大臣が務め、
    2007年8月26日からは増田寛也総務大臣にその任が引き継がれた。
    (ここまで)
    民営化には賛成でも、その後の方法には意見対立があったので担当を外されたと言うかんじですね。
    法律にも「3年経ったら見直し」とあるわけですし、「4分社」よりも「3分社」の方が良いのではないかと言う気もしています。
    私の経験ですが、日曜日に郵便局に出かけると、切手は買えるのですが、書き損じたハガキを手数料を払って交換する事が出来なかったりします。別会社なので窓口がしまっているのです。
    今は民間ですから【縦割り行政の弊害】とは言えないわけで。悪い所は見直すのも、改革の延長として必要ではないでしょうか?

  • パオロさん 2009年2月14日 19:53

    今の自民党ははっきりいって機能不全状態です。
    だから木原先生のような素晴らしい方の意見が表面に出てこないのだと思います。
    国民の信頼を取り戻すために、党としてのあり方を劇的に改善することが至上命題なのでは。

  • タルトさん 2009年2月14日 21:23

    Moderation is good idea
    でしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件