Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2009.06.11

事務次官との協議、政と官の接触制限

民主党の管直人代表代行が「事務次官と民主党との会議」を要求しているそうです。

 これは、英国で総選挙前に行われている仕組みです。ただし、それには前提があります。英国では政と官の接触が厳しく制限されているということ。拙著「英国大蔵省から見た日本」に詳しく書いてありますが、英国での政と官の接触制限は、大変厳しいものがあります。政府与党は官僚組織とその情報・叡智を自由自在に使える分、税金による助成や公用車などは、野党に集中的に配分されることになっています。

 

 実は、私は、日本でも「政と官の接触制限」を設けるべきだと主張して、渡辺喜美・元行革担当大臣にもその考えを取り入れていただき、公務員制度改革法案に盛り込んでもらいました。自民党内で反対意見もありましたが、何とか説得して国会に提出したわけですが、何と国会審議の過程で、民主党側から「情報が得られなくなる」といって、反対にあい、政と官の接触制限は見送られてしまいました。

 

 ところが、今更のように、民主党の代表代行が接触制限を言い出す。こういうのを御都合主義というのですね。

 ちなみに、この機会に紹介したいよい例があります。私は、役人時代、現在、年金問題で人気を博しているある議員の事務所に「●●を説明しにきてくれ」と呼び出され、「気に入らない答えしかしなかった」といって、廊下で2時間も立たされたことがあります。こういう例があとを絶たないのです。

 こういうことが起こらないよう、英国では、議員が役所に資料や情報提供を求める場合には、資料収集や情報収集にあまりに時間とお金がかかる場合には、その費用を役所側が積算して、議員に支払いを求める、あるいは拒否できる仕組みもあるのです。

 

 それほど、英国での政と官の接触制限は、厳しいのです。この前提なくして、単に、今度は事務次官との協議などというのは、不思議な話です。

 とは言っても、別に協議したからといって、困ることもありませんから、おやりになるのは自由だと思います。ただ、繰り返しになりますが、あまりに御都合主義と言わざるをえません。

 

 

 ちなみに、私が政と官の接触制限こそが公務員制度改革の肝だと主張し続けているのは、日本では、本来政治がすべきことの一部を官僚がにない(例えば、法案の根回しなど)、逆に本来は官僚がすべきことの一部を政治家がする(例えば、地元の公共事業の発注の調整)例があとを絶たず、政と官が入り乱れて、責任も指揮命令もあいまいになっているからです。


 よい機会ですから、根本に戻って、与野党で早急に合意を得て、政と官の接触制限を厳格化すべきときです。

 

 

この記事へのコメント

  • ゆーさん 2009年6月11日 21:57

    一般常識が通用するまでのレベルになるのか。
    国民の感覚としては考えられないような滅茶苦茶なことを平気で通して実行してしまう。
    政を担っておられる方々の大半は 私欲・都合で活動しておられるとしか思えません。
    難しい言葉を並べて演説したところで
    自己防衛にしかみえません。
    腐りきっているこの状況を打破しようとする志の方は みえないのでしょうか?
    政治に関心を持つどころか 正直 呆れて
    「また?!喧嘩?!」という感覚しかもてない事に 一国民として危機感を感じています。
    愚痴になってしまい 申し訳ございません。
    是非とも ご自分の胸のうちを国会にて表現していただきたいと思います。
    がんばってください!

  • mikiさん 2009年6月15日 15:02

    新しい政策などは特にでしょうけれど、
    詳しく相手に伝わらなければ却下されてしまい
    ますよね。
    一体、その当時の提案内容がどうだったかは
    分かりませんが、内容が十分伝わっていなかった、又は、誤解される部分があったのではない
    でしょうか?
    今になって、心の底から正しいと思い行動に
    出られたのでしょうから、その正しい政策が
    進むように党を超えて一致団結されては
    いかがでしょう?

  • 故郷求めてさん 2009年6月15日 15:40

    予算の配分だけを力の源泉にしている与党議員を国会から追い出し、組合組織の票だけで選挙に受かっている組織内候補を民主党から追い出す。簡単なことではありませんが、「小さな政府」を指向する本物の保守を私は求めています。
    木原さんのこのエントリはたいへん役に立つ、いい提言だと思います。運用が上手く行くかいかないかではなく、まず、やってみるべき改革だと思うのです。
    官僚の「ご説明」による改革潰しもこれで未然に防げるかも知れません。自民党「大物」にはほとんど期待していません。若手の力で、変えて行って欲しいです。

  • 有権者さん 2009年6月17日 15:22

    インタビューを見ました。
    モロに「マスゴミ」に乗せられて麻生総理を降ろす様な発言をされていますね。
    あなたは、総裁選で誰に投票されたのですか?
    あなたの政党は誰を代表にしているのですか?
    国民すべてが、朝日・毎日のねつ造報道に踊らされている訳ではありません。
    安部総理の時、麻生総理になってからもさまざまな実績を残している事を知っているのです。
    もう少し、物事はよく考えて発現なさるべきと思います。

  • hakuouさん 2009年6月18日 21:57

    官僚のお金にまつわる不祥事には政治家の存在がちらほらと言われていますが、
    そういう事をふまえると、
    政治家と官僚の繋がりの中にお金が深く関係しているから制約に反対するのだろうと受け止めてしまいます 
    ところでネットの掲示板で「官僚のほとんどが創価学会信者」と書かれたのを読んだ事がありますまして、それが事実ならば、
    自民の議員も手が出せないという背景がある
    のではないか?と思う次第で、
    週刊誌には民主党も創価学会の票を狙っていると書かれていましたが、そういう嘘くさい話しが本当だから結局、民主党も自民党の意見に衣替えするのではないでしょうか?
    政治家といったって国民の生活の前に、自分の立場の方が大切なのでしょうから 
    しょうがないですよね

  • らいむさん 2009年6月18日 23:14

    木原先生の
    見解を聞きたい
    (教えて)ほしいです。人の命にかかわる問題ですし…
    しつこいと
    思いますが
    ブログに
    取り上げて下さい。
    よろしく
    お願いします。

  • 清瀬市民さん 2009年6月20日 10:29

    木原議員が一緒にポスターに写っている都議の野村善司議員の事務所に、本日午後2時10分より麻生自民党総裁が応援に来られるそうですが、木原議員はお見えになるのでしょうか。

  • 『居酒屋おやじ』花板さん 2009年7月1日 22:05

    仕組みとしてはよう分かりました。エエ仕組みですね。
    ただ、今さら民主党を批判してもしゃあないんちゃうかな思いますけど。
    政権与党と官僚の癒着が今日のカオスを現出させたんは、疑いようのない事実やし。
    最近テレビでようお見掛けしますが、心ある有権者は、神輿の善し悪しやなしに担ぎ手の汗を見とります。
    老婆心ながら、どうかお忘れなく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件