Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2008.10.24

〈何事か、「毛の生えた程度」とは〉

麻生総理の夜の過ごし方が問題になっています。本日、地元で開催したミニ集会でも、お二人の方から、この問題について、ご意見をいただきました。
私としては、総理としてよい仕事をするために、長年続けてきた生活スタイルを崩したくないということなら、それでよいのではないかと思います。そして、総理という常に緊張を強いられる重責のなかで、緊張を一時的に解きほぐし、翌日につなぐのだとすれば、堂々とそのスタイルを貫かれればよいのだと思います。要は仕事と結果です。
ただし、そのスタイルが庶民感覚とは異なっていることは、正直に認識する必要があります。どんなに理由を重ねても、庶民感覚であるはずがありませんから・・・。それでも、「よい仕事をするために必要なんです」と国民の皆様にご理解を求めればよいのだと思います。
ところが、閣僚のお一方が、「喫茶店に毛の生えた程度」と総理を擁護されたようです。しかし、一流のホテルのバーが「喫茶店に毛の生えた程度」であるわけがありません。こういう発言が、国民の政治不信を益々助長するのではないでしょうか。正直、残念な発言です。
それでは、皆様お休みなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件