Go Top

前外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2008.10.26

〈テニスに燃える: 東村山市・市民テニス大会〉

本日は、地元の東村山市の市民テニス大会の男子ダブルス・トーナメントに参加しました。
今回で4回目の参加。初参加以来、ペアは地元の兄貴と慕うイケメンの友人なのですが、毎回、三位止まり・・・。理由は、何を隠そう、毎度私が左足に痙攣、つりを起こすためでして・・・。昔から、攣りやすい体質で、市民大会のように優勝までに5~6試合もこなさないといけないトーナメント型式の試合は、不得意中の不得意でした。
あまりに毎回足をつるので、トーナメント参加の皆さんにも、「体重が重すぎるのではないか」など、心配していただきながらも、結果ふるわず・・・。
でも、今年こそは優勝!と・・・解散風が吹く中、ろくに練習もできず、4ヶ月ぶりにラケットを握るという状態でしたが、気合を入れて試合に臨みました。ただし、練習はできなかったものの、今回は、つりに効くという漢方薬を前日から飲み、朝からバナナを食べ、冷えないようにロングソックスを履き、そして、試合前に、数年前の全仏のピデオをみてイメトレ。
お陰様で、決勝リーグ進出。 ここからが勝負です、いつもよくしていただく大会役員のマダムに馬油を頂き、念入りにマッサージ。そっか、馬に効く油なら当然、人間にはもっと効く。これ、確かに効きます。
さぁ、準決勝・・・だったのですが・・・・またもや・・・敗退で3位。今回は、足がつっていないだけに本当に悔しかった!。
帰りの表彰式、偶然、渡部東村山市長に遭遇。市民大会なので、表彰状の名前は渡部市長ですから、忙しい市長を捕まえ、市長から直々に賞状とメダルを頂くことに成功。
春こそは、絶対優勝してやると心に決めました。
最後に、参加された市内テニス愛好者のみなさん、また運営のみなさまお疲れ様でした。いつも、いろいろとお気遣いいただきましてありがとうございます。

この記事へのコメント

  • 東村山市民さん 2008年11月4日 02:34

    いつも陰ながら応援させていただいています。
    木原さんは地元のイベントとかにもマメに参加されておられるようなので(成人式会場でもお見かけしました)、地元を大切にされている感じがして好感を持っています。
    11月3日の正福寺地蔵まつりでもお見かけして、縁日などで賑わう中、爽やかな笑顔で歩いておられる姿が印象的でした。
    ただ今回のブログ、東村山市長の名前は「渡辺」ではなく、正しくは「渡部」です。
    これからも国政に頑張ってください。地元民として期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件