Go Top

前外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2009.01.09

雇用-第二次補正予算、派遣労働

 連日、地元の新年会を飛び回っています。

 「若いんだから」、「たまには気楽にして」などと温かい言葉をいただきながら、お酒とお食事がどんどん、目の前に詰まれていきます。いかんいかんとは思いながらも、せっかくのことなどで、パクパク、ゴクゴクしているうちに・・・。運動しなくては・・・。

 さて、第二次補正予算における、雇用対策について、ご質問をいただきました。

 第二次補正予算では、①地方公共団体が行う雇用創出事業(地方公共団体が雇用の場を確保する場合だけでなく、民間企業に委託して雇用創出する場合も含む)に対し国として助成するための予算、②解雇した従業員に対して引き続き無償で住宅を供給する企業に対して、1人当たり1月にして6万円程度の助成をするための資金、③住居に入居する際の初期費用について約200万円を低利で貸し付けるための予算、などが盛り込まれています。

 これ以外にも、国の森林事業において雇用の場を確保するための予算、農業の担い手として育成し農業における就業を手助けするための予算、なども盛り込まれています。

 更に、雇用促進住宅や公務員住宅を住居確保の場として提供するための措置も盛り込まれています。

 その意味でも、第二次補正予算は、できる限り早急に成立させてもらいたいと思っています。

 さて、第二次補正予算の話からは離れますが、今後の雇用問題の大きな争点になるのが、労働者派遣の問題です。特に、「製造業への労働者派遣を今後も認めるか認めないか」・・・・。

 皆さん、どう思われますか?

 日本を代表するような大企業が、派遣労働者からドンドンと解雇をしている現実を目の当たりにすると、何らかの規制が必要だなと感じざるを得ません。

 他方で、かつてバブル崩壊から失われた10の間に、過剰雇用がなかなか解消できず、結果として新規の採用がなされず、失業率が高止まりした経験も、まだ脳裏に焼きついています。あのとき、製造業で派遣労働が認められずにいれば、依然として失業率は高止まりしていた可能背もあります。

 また、製造業への労働者派遣を全面的に禁止した場合、今後景気が回復した後も、企業が雇用拡大に積極的になれず、雇用の機会がかえって失われる危険性も指摘されています。

 これは、なかなか難しい問題です。何らかの規制は必要ですが、それがどの程度のものであるべきか・・・。

 いずれにしても、白か黒かの議論ではなく、冷静かつ慎重な検討が必要だと思います。

この記事へのコメント

  • elliefさん 2009年1月9日 09:48

    製造業って色々あります。働く目的も色々あります。
    小さくても順調な会社もなくはないと思うので、全面禁止は厳しいと思います。
    ただ派遣切りした企業が上向きになった時に、また派遣を雇おうとしたら、納得のいく待遇をしなければ国が許可しないなど厳しくしたらいいと思います。
    国の責任も大きいので、早く安定した就職先を確保してほしいです。
    だけど、
    進まないのは
    やっぱり給付金のせいみたいですが
    予算通らないから、消えそうですね(^^;)

  • 風野魔太郎さん 2009年1月9日 13:07

    はじめまして、blogを読まさせて頂きました。
    私は約20年 派遣業で働いて来ました。
    現場作業や管理者の経験もあり、その当時は何の問題もなく、不安を抱えて生活する事などなかった、景気が良かったと言う事もあったが不景気の時でも力を合わせ乗り越えて来た。
    派遣業を選択したのは、正規社員の時に労働組合の在り方に怒りと不信感を抱き、正規社員になるには労組に入らなければならない、何の生産性のない、御用組合に組合費を払い、なにひとつ意見も言えない、筋を通そうとすれば飛ばされる、そんな理不尽な体制が許せなかったからだ。
    ① 雇用問題は金銭の問題ではなく、消費と供給の問題ではないのですか?
    ② 需要と供給なき雇用を推進して長期の雇用対策が出来るのでしょうか?
    ③ 農産物の輸入自由化を継続させたままの自給率拡大は出来るのでしょうか?
    ④ 100年に一度と言われる不景気と言われているが、政治経済の専門職と言われている人々は本当に《低所得者》の日頃の生活を認識しているのでしょうか?
    明日の食糧が無いなどと言う生活を経験した事がありますか?
    国民の血税の二兆円を無駄にばら撒くような《政治屋》は要らない!
    住みよい国創りが出来る政治家、指導者を政界に送り出したつもりです。
    今の政府は私が正規社員を棄てた時の労働組合と同じではないでしょうか?
    国民の目線になって政事をやって欲しいと思います。
    暇があれば一月四日の私のblogを覗いて見て下さい。
    元いすゞ派遣
    仕官の叶わぬ痩せ浪人
    魔太郎
    神奈川県 大和市
    清野 良浩 46歳

  • 1102masaakiさん 2009年1月9日 22:22

    毎回ブログを拝見させていただいています。
    他のブログを見たのですが大企業は県からの雇用補助として税金を受け取っておきながら派遣切りしているみたいですが、おかしくないですか?
    派遣会社も大企業の一般社員と同じ位の給料を貰えているのにかなりのピンハネして私腹が肥えているはずなのになんの対処もしていない様に見えるのは、私だけでしょうか?
    こんな世の中でいいんですか?
    へんなコメントですいませんでした。

  • K島jrさん 2009年1月10日 00:20

    木原先生、こんばんわ。
    派遣村の話がコメントでもでていましたがテレビとネットで情報が違いますねw
    派遣村の正体
    http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/405.html
    これだからエセ左翼は嫌いなんですよ…
    人道支援も権力闘争の道具でしかない
    社民・共産の得意技ですね
    民主も隠れ社民が大勢いますが。

  • 浩平さん 2009年1月10日 06:10

    私も国のために頑張りたい。
    返事よろしくお願いします。

  • 明けましておめでとうございます。
    今年も明るく笑顔で邁進してください、
    健康に気をつけて☆
    頑張ってください(^O^)/

  • LINさん 2009年1月10日 18:45

    イノベーション創造機構などといった素晴らしいシステムが有るのに、ほとんどの人は知らないのではないでしょうか?
    これでは意味が有りませんよね・・・・。普通の人でも知っていて利用できるものでなければ。
    半年経っても、一部の大学の教授や企業しか知らないのでは
    せっかくの機構も最大限に活用できているとは
    言わないですよね・・・。本当に国益になり、国民の生活の為になるのであれば、「イノベーション創造機構の商品だから買う。」という消費者を育てる事も
    大切ではないでしょうか?もっともっと周知させなければ、せっかくの官民あげての新しい良いシステムも中途半端で終わってしまうと思います。
    税金の有効活用の為には、全てをシンプルに
    透明化して、国民の知恵や協力無しでは
    無理なのではないでしょうか?
    今のままでは国民の活躍の場も減り、税収も
    減り、共倒れになってしまいます。
    日本の富裕層も、働いてくれる人やサービスしてくれる人が減れば、今まで通りの安全や商品は
    確保できなくなるでしょうし。
    海外もあてに出来ませんよね。
    彼らも自国の事が一番大切ですから、いつまでも頼っていると急激に日本が空洞化するでしょう。日本人が日本を見捨てないように、
    国民同士、知恵を出し合って助け合う時期だと
    思います。

  • 春輝さん 2009年1月11日 11:35

    私事で失礼します。
    専門知識も何もない一市民の声です。
    不快に感じたら削除をお願いします。
    私は製造業から身体を壊し圧力的な対応に、おののきフリーターになり話題に取り上げられている派遣やら日雇いで放浪してしまい、鬱病になり。出会った方の善意で人権の関係の職務を頂き、そこでもちろん労働に関する相談も多く飛び込んできて相談、監査する側で受ける立場になり毎日、悲鳴のような市民の叫びをきいていました。まず感じたのは製造の末端は八年働いておりましたが、生きた感じもしませんでした。50時間を越える長時間の残業。非人道的と言ってもいいくらいです。正直に言わさせていただくと。環境のせいにはしたくありませんが。辞めた数年たっても恐怖心が込み上げてきます。頑張ってもどうにもならない状況になりました。自ら国関係の職務をこなした時に、他人を擁護する職務をし、自分も他人に尊重され人間らしく生きれたと30歳越えて、一人、人権に関する業務をしてたまらずに、過去の悲しい思い、他人を擁護する事で、自分も生きてるんだ!まだ世の中捨てたものではないなと泣いておりました。環境も段違いに優遇されてるなと。本当に生きてる感じがしました。製造、派遣、同僚が自殺、職場の人が精神的におかしくなったなどしょっちゅうでした。それを気にしたら生きていけない悪循環が悪循環を呼ぶ、行くところがないから、黙ってこらえる真面目な社会人が何人いるのか?。。隠れているケースは数え切れません。
    日本はいったいどこへ。
    格差を拡大してどこへ向かうのか。勝ち組、負け組やらメディアが報道し、それを真に受け、弱者を自らのうさばらしに攻撃する輩まで増加。と庶民の目線で日々感じた次第であります。
    長々失礼いたしました。 
    これを変えるためには?。と日々疑問に感じておりましたので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件