Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・前衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2009.01.16

消費税について

 消費税について、自民党内で大きな議論となっており、私も、一昨日の自民党の政務調査会全体会合や昨日の財務金融部会で、積極的に意見を言わせていただいております。

 「景気回復を前提条件として、2011年度から消費税を含む税制抜本改革を行う」というのが、現時点での政府の公式の立場です。

 少子高齢社会の進展の中で社会保障を更に充実させていくためには、現在の膨大な借金の存在も踏まえると、将来的に消費税を含む税制の抜本改革を行うことは不可欠です。このことから、政治が目を背け、逃げるわけにはいきません

 

 では、何が問題かというと、現時点で、「2011年度から」と具体的に数値を法律に明記すべきかという一点につきます。政府は、景気回復が前提条件なのだから、「2011年度から」と法律上明記しても、景気が回復していなければ、税率引き上げは行わないので問題ないとの立場です。

 しかし、①景気回復に全力をあげている現時点で、法律で「2011年度」という時期を明示することは適切ではない、②天下りの問題や税金の無駄遣い撲滅の徹底などの道筋も同時に示すべきである、というのが、私の立場です。

 経済は生き物であり、経済・財政運営は常に機動的・弾力的対応が求められます。にもかかわらず、法律という、政府だけでなく衆参の国会まで多年度にわたってしばる方法で、将来の財政運営を決めてしまうのは、大変危険なことです。

 仮に2011年度という時期を明記するにしても、「2011年度から消費税を含む税制抜本改革を実施する」ということではなく、「2011年度までに必要な法制上の整備をする」ということでなければなりません。

 つまり、予め2011年度までに必要な法制上の整備は行っておくが、実際に何時、何年に税制改正を実施するかは、景気の回復状況や行財政改革・公務員制度改革の進捗状況を見て、別途判断する、というのが、ギリギリの線ではないかと思います。

 

 いずれにしても、税制のあり方は国の根幹にかかわるものです。

 また来週、火曜日に党で議論の場が設けられますので、しっかり議論していきたいと思います。

この記事へのコメント

  • チョンガー公爵さん 2009年1月16日 10:22

    TVで先生のお顔を拝見しましたよ。
    消費税UP、難しいですがいずれ避けられないでしょうね。
    竹下さんはあんな形で退陣しましたが、彼が導入した消費税はわが税制史だけではなく政治史の中でも永く評価を受け続けることだと思いますよ。岡崎久彦さんなんかは竹下さんを相当評価しています。

  • jgdfjさん 2009年1月16日 10:50

     どうも選挙対策で頭がいっぱいなのではないだろうか。どうせ今のままならば浮動票は取れないから組織票に頼ろうとしているとしか思えない。つまり公明党だ。これだけ批判のあるバラマキ定額給付金を強行採決してそれを自画自賛しながら一方で消費税増税反対の表明、これは公明党の主張そのものではないか。つまりこれらのことは国民に対するアピールではなくて公明党支持者に対するアピールなのではないだろうか。そうであるならば定額給付金をこれだけ賛美する意図は理解できる。選挙対策だというのだから。それ以外にこの定額給付金を未だに賛美する意図は分からない。もし本心でこの定額給付金が良いと思っているのであれば国民とは決定的に乖離した人物でありまともな感覚の持ち主だとは思えない。

  • 愛煙家さん 2009年1月16日 12:18

    何故いつもいつも「増税ありき」なのか。
    「無駄使いをなくす」というのはどこへ行ったのか?
    「増税・財政再建派」の実態はまさに「増税・役人、政治家無駄使い天国維持派」の構図ではないか。
    増税の前にやることがあるだろう。
    ・天下り、天下りの渡り全面禁止
    ・高すぎる公務員給与の削減(公務員制度改革含む)
    ・議員年金即刻全面廃止
    ・国会議員数の削減
    無駄使いを改めることはもとより、国民に増税の痛みを課すなら国会議員自ら痛みを課して模範をしめせ。もとはと言えば国会議員の無策によって膨れ上がった財政赤字ではないか。
    そして何故増税は「消費税」なのか?
    欧州の消費税と言われている「付加価値税」との比較がよくされているが、欧州の「付加価値税」は日本の消費者に税がすべて転嫁されるしくみの「消費税」とは本質が違う。
    また、「付加価値税」は食品などの生活必需品の多くは非課税であるため、国税に占める割合はイギリスの「付加価値税」17.5%でも日本の消費税5%とほぼ同じの21%前後である。
    日本型の「消費税」は非常に逆累進性の高い税法であり、欧州の「付加価値税」が15~20%だから日本の「消費税」5%は安い=消費税増税という議論ははなはだナンセンスである。
    消費税増税派の議員も官僚も国民はバカだから%の比較で騙されるとでも思っているのだろうか?
    麻生の天下り・渡り容認といい、与謝野の何かと言えば消費税増税といい、どこまで国民を愚弄するつもりか。国民は麻生、与謝野を必要とはしていない。それに追随する自民党議員も同じだ。
    国民はもう我慢の限界にきているのだ。

  • フレモンさん 2009年1月16日 12:21

    後出しジャンケンではないですけれど、
    物を売って買ってだけが同盟国家ではないと思います。
    戦争の危険を煽って、沢山武器を買わされないとも限りません。
    そんな事は無いかも知れませんが、これからどんな方針で、
    アメリカと言う国やその同盟国に対して、どの様に共生していくかの、
    トレンドを見極め、歩調を合わせる訳ではないですけれども、
    大きな流れに逆行してしまわない様に事を運び易い様にするのも大切だと思います。
    でも引けない所は引けない、
    そう言う所に矜持と言う表現は持って来て欲しいと思う。
    国民の所得が下がって、このような事態になっているのだから、
    世界と歩調を合わせられてこその景気だと思います。
    生意気言って済みません。

  • rikoさん 2009年1月16日 12:25

    渡邊氏達が立ち上げる国民会議に期待したいと
    思います。
    残念ながら、自民は国民よりには感じれません。
    国民寄りのつもりでも、世襲議員が多かったりと
    やはり、子供の頃からの感覚が一般人とかけはなれているとどうしても大きなギャップがうまれるのでしょうね。一生懸命でも。
    渡邊氏も二世議員ですが、ノーと言える新しい
    日本人なのではないでしょうか?
    明らかなのは、自己保身よりも改革に政治生命をかけているという事でしょう。
    彼とて、この先の改革で失敗も成功もするでしょうけれど、大きな問題に切り込み意思を貫いた
    最初の一歩は確実に日本の歴史に残るでしょう。
    今はネットの時代、誰が何をしてどういう考えだったのか克明に記録に残りますから。
    税金アップは全ての無駄を廃止してからの
    議論であるべきです。
    例えば、企業でも売り上げが細っていくのを
    知りながら他商品へのシフトなどで流れを変えられず生産過剰を続けて行けば、倒産です。
    本当に必要な物だけが作られていると言えるでしょうか?ほとんどの人が知らない事やほんの一部の人しか使わない必要ないものは他の必要な物と統廃合すべきです。
    私も富裕税だったら賛成できると思った事が
    有りますが、そうなるとものすごく努力して
    富裕層になり、それでも莫大なリスクを抱える
    人が可愛そうです。
    もう、ここは、国民から税金を取り立てるという
    古い考え方を改めて、人の役に立って上手に稼いでいる日本人達を国のリーダーにして、
    皆がその人達の哲学や行動を参考にして
    日本人全員のレベルアップによって皆が稼ぎ、
    国も個人や中小企業では出来ない大きなプロジェクト(例えば、太陽光発電エネルギー産業や
    ハイテク農業)自ら国益を作り上げる仕組みを
    作ったほうが早いと思います。
    お金が無くてどうしよう、ではなく、少ない資産で
    いかに最大限の効果を上げるかです。
    それには国民の優秀なブレイン無しでは無理
    でしょう。
    優秀なリーダー達があきらめて海外へ行ってしまう前に、どうか急いで今までとは違う新しい
    日本作りをお願い致します。

  • ハ カ セさん 2009年1月16日 15:03

    ハカセと申します。
    ブログ時々拝見させてください。
    どうぞ、よろしくお願いします。

  • マックリブさん 2009年1月16日 23:08

    はじめまして溿自分としては消費税を5%から上げるんでは無く廃止した方が国民の生活が安定すると思いますだいたい消費税ってただ政治家達の遊びの金でしょう結局は煆それのうわのせは国民がする煆政治家とっては国民の事ちっともわかってない煆勝手に国民なんて死ねっと同じです煆俺はそうとしか思わないよ煆消費税を増税したらますます犯罪も増えるし…ホームレスが増えるよ…いっそうの事議院をリストラしたら…と思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件