Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2009.01.19

需給ギャップ

「先輩、うちの会社潰れちゃいます」と今朝、大学時代の後輩から電話をもらいました。ボルトなど自動車関連の部品を扱う中小・零細企業で、後輩が3代目の若社長。

 私達が共に大学生の頃(私が3年、彼が2年)には、会社もはぶりが良くて、お父様にも焼肉だステーキだと食べさせてもらった記憶があります。

 数か月前に「資金繰りが」という相談があって、色々知恵を出し合って、そのときは乗り切ったけれども・・・。やはり資金繰りは最終的には仕事があるかどうかで決まるわけで、再び厳しい状況になっています。午後に急いで会社を訪れてみましたが、機械は止まってしまっていて、かつての賑やかさの面影はどこにもありません。

 やはり、ここはもう一段の景気刺激策が必要だと痛感しました。75兆円の景気対策がとりまとめられ、第二次補正予算、平成21年度本予算と早期の成立を図っていくことが何よりも大切ですが、その先には、更なる刺激策が不可欠です。

 それは当然のことで、民間シンクタンクの景気予測では、平均的にみると、平成20年度、21年度連続で実質1%程度のマイナス成長が見込まれ、需給のギャップは少なくともGDP2.5%程度と見込まれています。2年間で5%の需給ギャップということは、500兆円×5%で25兆円程度の公的需要が必要ということになります。

とりあえず、来年度に半分弱の10兆円程度の需要創出を行う必要があります。財源は、政府資産などを担保にした国債でよいと思います。対策の中身は、公的交通機関や官公庁の環境対応化や災害に強い街づくりのための基金創設、介護施設の重点的整備などなど、色々あります。

明日以降、速やか議連の同志とともに、内容を詰めていきたいと思います。

とそんなことを思いながら、これから夕食を食べに、家の近くのラーメン屋まで出かけてきます。

東村山も結構うまいところがあります。大好きな豚骨味ではありませんが・・・。

この記事へのコメント

  • なおさんさん 2009年1月20日 01:42

    おまえ・・・
    よくそれで当選したなぁ(ノ゚ο゚)ノ
    ぼんぼんか?

  • 削除は悲しいですさん 2009年1月20日 01:46

    速やか議連・・・
    (笑)
    すでに十分遅いですよ。
    メンバーの中に「牧原秀樹」の名が。
    他にもたくさん居ますよね。
    何の実績も残していない方々が。
    木原議員は、まともな部類ですね。

  • さん 2009年1月20日 19:14

    その会社潰れるのは、景気だけじゃないんじゃね??
    はぶりが良かった頃にしっかり先読んで方向転換してたら潰れなかったかもね^^
    そんな会社は助ける必要も無し!!
    木原さんよ大丈夫かい??
    ラーメン屋とか言って庶民振るのもヤメね?
    本気で政治したいなら自民党から離れてみろよ。

  • AKOさん 2009年1月20日 19:39

    今苦しんでいるのは日本の産業を支えてきた
    中小企業ですよね。勿論、大企業もだれけれども、内部留保が大量に有ったりするのとは
    わけが違うもの。
    それで、今まで大企業の下請けとしてしか
    中小企業は利用されてきていなかった事に
    問題が有るのではないでしょうか?
    ここは税金を使ってでも、中小企業のできる
    事を集結してコラボさせ、製品を作り、
    それをしっかりブランディングして明日の日本を
    支える一流日本ブランドとして世界に送り出す
    事までをすべきではないでしょうか?
    日本企業の海外進出の為にいろんな特殊法人
    が有るのを知っていますが、立派な事務所は
    有っても、積極的な活動をしているとは思えません。それも、売れようが売れまいが、お給料が
    もらえるシステムだからではないでしょうか?
    しかも、現地へ常駐事務所など置いてしまえば、
    何をしているか分からないですし、ダラダラして
    しまうでしょう。それよりも、期間を限定して
    街中でイベントを行ったり、コストパフォーマンスをいかに上げるかを真剣に考えて、海外へアピールしたほうが良いと思います。
    日本でしか売れないものを作っていないで、
    最初から世界中で売れるものを作れば、
    必ず日本の素晴らしい製品は人気を博すでしょう。
    世界の人を幸せにするもの作り大国日本で
    あって欲しいです。

  • nagaさん 2009年2月2日 04:56

    大企業は2003年から2007年まで世界経済の発展を元に利益を積み重ね内部留保を高めてきました。しかし、その利益の中には国内の人件費を増やさなかったことも大きな要因であることは明らかです。逆に自社株買いを今の価格の倍以上で行いかなりのお金をなくしています。本来すべての営みは人が中心です。人に投資するような仕組みを作るべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件