Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2009.01.21

反省会・・・選挙制度・二院制見直し

 最近、麻生総理が、選挙制度見直しや二院制見直しなどに言及されています。

 文脈としては、安倍元総理、福田前総理と二代続けて政権を途中放棄することになってしまったことをお詫びし、反省するなかで、出てきているようです。

 

 しかし、はっきり言って、ズレているように思います。もちろん、安倍、福田と二代続けて総理が政権を投げ出したその根本に、国会のねじれ状況があることは間違いありません。

 しかし、ねじれ状況は国民が選択したものであり、両総理とも、ねじれ状況にある中で政権を運営をしなくてはならないことも分かっていて総理を続投した、あるいは引き受けたはずなのです。

 にもかかわらず、政権を投げ出さざるをえなかったことについて、「やっぱりねじれ状況は厳しかったです」ということでは許されないわけです。

 

 私は、二人の自民党総理が続けて政権を投げ出したことについて、他人のせいにしたり、制度のせいにしたりする前に、今後自民党として「反省会」をしっかり開かないといけないと思っています。そこからしか、党の再生はありえない。

 反省会の前に、私なりに反省すると、第一の反省点は「人」、「人材」。自民党総裁の選び方に問題があったし、そもそも自民党の人材育成にも問題があった、と思っています。

 第二に、国会運営の工夫の問題。ねじれ国会を乗り切るためには、もっと様々な工夫も必要だったはずなのに、結局、従来どおりの国会運営の駆け引きが行われてきていることです。

例えば、ねじれ国会の状況では、イ)全ての法案について3分の2の再可決を行うことを前提に予め国会日程を組んでおくとか、ロ)全てを再可決するのは国民のご理解を得られないとすれば(当然理解が得られるはずがありませんが)、逆に全ての法案について党議拘束を外して、野党との妥協を容易にするとか、まだまだやることはあるはずなのです。

 

 現時点では、平成20年度第二次補正予算、平成21年度本予算を何としても年度内の3月末までに成立させることが、何よりも大切です。しかし、その後は、国民目線にたった「自己反省」の徹底を目指さなければなりません。

 

 先生に「廊下で立っていろ」と怒られる前に、自ら手を挙げて謝る方がよいと、小さいころから教わっていますので。

この記事へのコメント

  • 残念ながらさん 2009年1月21日 18:07

    あなたも3分の2の中のおひとりですよね。
    今まで数々の強行採決に参加されていますよね。
    それを旗色が悪くなってからのこのエントリー。
    何を今さらって感じですよ。
    貴方が本当に庶民派議員ならば、
    ちょうど一年前の暫定税率に関して、
    それなりの行動があったはずです。
    もう遅いんですよ。
    周りに流されてきた人には期待してません。

  • なおさんさん 2009年1月21日 20:09

    いや、今からでも遅くない。
    政治家である限り世論とのギャップに気付いたなら起つべきだ。
    黒人が大統領になる時代だ。
    一握りの利権者の票ばかり気にすることはない。

  • 1102masaakiさん 2009年1月21日 20:35

    ねじれ政治はそもそも小泉元総理の郵政選挙での恩恵にいつまでも、しがみついてるせいではないですか?
    選挙もしないで国民目線なんて言えませんよね?
    反省する前に選挙してください。
    その前に定員削減を決めてからでもいいですよ。

  • elliefさん 2009年1月21日 21:38

    先日、予算委員会の中継を午後だけ見ました。
    公明党さんの質問を聞いているうちに、給付金なんてどうでもいいと思いました。質問に答える大臣さん達を見て、かなりの距離を感じました。
    社民党、共産党と民主党?の石井さんたちの話はうなづけることばかりでした。
    今の野党で、連立政権をとる方が国が、いい方に変わると本気で思いました。
    自民と公明は人数多いから、どんな納得できない案も多数決で可決されてきました。
    多数決に混ざらないと、公認が消えるとか、くだらない票もあるはずです。
    立候補した時の気持ちのままなら、渡辺さんのように行動に移してます。
    志を通せず、それでも、自民党にしがみついている人もいると思います。
    自民党からは変えていけないです。
    反省会もムダだと思います(^^)

  • LTさん 2009年1月22日 00:59

    ねじれ国会という現状を考えれば与野党共にある程度の妥協をせざるを得ないのではないのでしょうか?
    与野党いずれも経済危機に対して迅速な対応をすべきという点では一致してないのでしょうか?

  • セイジぃさん 2009年1月22日 14:20

    ねじれてるのは自民と公明のせいでしょっ!!
    >ねじれ国会を乗り切るためには…
    って、乗り切るなって!!!
    それよりねじれ直せって
    解散すれば直ぐなおるでしょ^^
    色々な人がコメントしてるように
    自民から出たほうが今後の為なんじゃない?
    選挙資金や人脈も困るだろうけど…
    そんな事よりコメントに対してのコメントをたまにはしてみてはいかが??

  • 雪邑さん 2009年1月22日 20:07

    私は俗に言う“無党派層”ですが…
    さらに『政治』と言うか『政治家』に失望感を抱かずにいられません
    『二院制』うまく行かなければ、無くしてしまえ
    良くそんな稚拙な発想を思いつき発言する事ができましたね
    私の嫌いな“キレる”若者と差異がないように感じます
    第一“一院制”にすれば、極端な話し…宜しからぬ法律も審議が尽くされずに通ってしまうじゃないですか
    もう一度考えて欲しいです
    国会議員とは
    “国”や国民の為の
    “会議”を行う
    一“員”だと想うから…
    話し合いを忘れないで下さい…

  • nishiさん 2009年1月24日 20:19

    初めて投稿します。
    このブログに対する厳しいコメントが多い様ですが、私は、木原氏の実直な姿勢に感動すら覚えます。批判している方に言いたいのは、「氏も自民党と言う巨大組織の組織員であり、複雑な人間関係、利害関係の中で、サバイブしているのは、我々サラリーマンと同じです。」ということです。我々が、必ずしも信念通りに動けず、妥協を重ねながらも、少しずつ組織を前進させている様に、「一年生議員に過ぎない氏」も、組織の中で、必死にもがいているのです。私は、氏のこのブログにこそ、自民党の自浄作用と言う意味で、希望を見出します。
    また、「二院制見直し、議員定数削減は、自民党にしかできない。」と言い切れます。数合わせ論理にしがみつき、右と左を同居させているような様な民主党では、発想すら浮かばないであろう。
    確かに自民党は、今、不安定ではあるが、それでもこの発想は、「さすが自民党!」と言わざるを得ない。反省会は、党内でじっくりしていただくとして、この議員数削減を必ずや、遂行していただきたい。選挙対策としても、9回裏2死満塁での、逆転サヨナラ代打満塁ホームランだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件