Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・前衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2009.01.26

徹底討論のために缶詰?

 

 平成20年度第二次補正予算をめぐって、衆議院と参議院の議決が異なったことから開催されている両院協議会が長引いており、3時からずっと国会で待機をしています。この待機を「禁足」といいまして、国会周辺にいなければいけないという指令が出ているわけです。

 

 そこで、地元に帰ることができない仲間、平将明さん、越智隆雄さんと食事をして、先ほど、議員会館に戻ってきました。

 3人の間の話題は、どうしても政治の話になります。特に、今日は、政治主導について・・、お互いにいろいろと議論することができました。

 やっぱり、今の政治は官僚主導なんですよね。何故かというと、これは大変申し訳ないことですが、我々国会議員が勉強不足だから・・・。

 ただ、考えてみれば、役所の人は、1日中、特定の政策分野のことを考えているプロフェッショナル。我々議員はというと、政策の勉強もしますが、同時に地元での政治活動もあります。しかも、議員は衆参あわせて700人あまり、役人は30万人。

 だから、どこの政党も、役所からの説明を受けて、その政策について賛否を決定するのが常識になってしまうわけです。対案だって、役所が作った法律に対する対案になってしまうわけです。要すれば、土俵設定は役所に支配されています。

 このジレンマをどう覆すか?

 ここでも英国の仕組みが参考になるように思います。

 英国では、政党が1年以上かけてマニフェストを作り上げていきます。その作成プロセスは、徹底した議員同士の議論、そこに一部の専門家が加わっての討論に任されています。とりわけ、マニフェストの作成プロセスには、若手議員が駆り出されます。それこそ、何十時間という時間がかけられます。

 自民党も、たとえば、「今後2週間、議員は地元に帰ってはいけない」という禁足令を出して、議員を党本部に缶詰にして、役所は一切いれずに、次の総選挙用のマニフェストを徹底討論したらいいのです。そんなことしている暇があったら、解散しろとお叱りを受けそうですが・・・。

 ちなみに、役所を入れないと議論に具体性が出ないといういことであれば、各議員が一人だけ役所以外の専門家を連れてくることを許す、そんな方法もあるのではないでしょうか。

 

 こんなことを書いていたら、時計は9時をさしています。何時に本会議開催になるのやら・・・。

 

この記事へのコメント

  • elliefさん 2009年1月26日 21:24

    まだ時間かかりそうですね(^^;)
    ニュースで給付金の話をやってます。
    賛否両論ですが、よくないと言いながら、くれるならもらう人が多いようです。
    自治体が動き始めていて、私は待ち遠しいのに(^^)今更ナシはいやですね(^^;)
    会議室に入れないのは、つまらないと思いますが、
    頑張ってくださいねo(^-^)o

  • 1102masaakiさん 2009年1月26日 22:34

    勉強不足とかではなく、やっぱり役所専門で働いている人には敵いませんよ。
    役所がだす案をよく吟味出来る専門家は必要ですね。
    そして政治家と専門家の議論も必要だと思います。
    その頑張る姿勢が選挙に繋がると思います。
    大変だと思いますが頑張ってください。

  • mikoさん 2009年1月27日 12:08

    定額給付金を渡すのに825億円もの経費が
    かかるなんて、本当に止めてください、そんな
    無駄使い!
    それだけの時間とお金が有れば出来る事は
    たくさん有るはずです。
    お金を出すくらいなら、1年間消費税無税にするとかそちらのほうが手間もかからないし効果的
    ですよ。
    で、一度消費税無税にして経費を切り詰めて
    どこまでできるかやってみれば良いと思います。
    IT化で人手が要らなくなったり、作業が単純化
    されて残業代など出さなくて良くなるほど効率化
    できないものか徹底的に作業を見直して、
    無駄なものは排除して、大切な事を新たにはじめるなどすれば、良いのではないでしょうか?
    あと、プロですが、民間企業を退職された方々で
    現場の事をよく知り頭の切れる方々はとても多い
    と思います。そういう方々に名誉職として議員の
    サポートをしてもらうボランティアを作っては?
    そういう方々は積極的に表彰したりして、お金
    以上の名誉を与えて、今までのキャリアを今度は皆の為に役立ててもらっては?
    私だったら人生の最後は生活の為のお金儲け抜きに人の為に知恵を絞りたいと思いますよ。
    勿論、今でもそうしたいですが、日本にはベーシックインカムなど無いので、生活の為に稼がなければならない・・・という人が多いのが現状では?

  • 大賛成!さん 2009年1月27日 14:52

    >私だったら人生の最後は生活の為のお金儲け抜きに人の為に知恵を絞りたいと思いますよ。
    勿論、今でもそうしたいですが、日本にはベーシックインカムなど無いので、生活の為に稼がなければならない・・・という人が多いのが現状では?
    mikoさん、素晴らしいです。
    最低限所得保障さえあれば、あれやこれや世の中に貢献したいことが山ほどあります。
    物欲ではなく精神欲をもって生きたいですね。
    木原さんにはmikoさんのご意見のような
    人の心に響く政治をしていただきたいです。

  • nanaさん 2009年1月28日 10:44

    政治報告会?があると聞いたのですが
    <石原伸晃議員がおみえになる
    詳細を教えていただけませんか?

  • YUさん 2009年1月28日 14:53

    無駄使いも改めずにそんな事やっていると、
    海外企業だけではなくて、日本の優秀な若者も税の低い海外で起業してしまいますよ。
    そうして海外から日本の人に本当に必要な
    利益を還元した方が早く幸せになれるもの。
    国が国民におんぶに抱っこでは駄目でしょう。
    国が国民を食べさせる位のアイデアと勢いが
    無ければ・・・・・・。
    太陽光発電なども、技術が有りながら国の
    エコ産業としてどうして世界中にジャパンスタンダードの器具を売るくらいしないのですか?
    お金よりも物納で。
    そうすれば大量生産して価格も安くできるでしょうし、内需拡大のみならず、世界貢献しながらも
    大きな収益を上げられるのに。
    便利な機能を付けたりして改良型を作れば継続して収益を上げられます。そういったエネルギー
    機器は世界中で需要があるでしょうから、
    日本に足りない資源を売ってもらうのにも大切な交渉パーツになるでしょう。
    それに、自家発電が世界で可能になる=日本の家電販売のインフラ整備にもなりますよね。
    (他国と協力したりして)
    地下資源争奪戦もなくなって、今度はほぼ平等に得られる太陽のエネルギーを上手に活かして
    一人一人がその最大効果を考えたり実験する=
    成功例を皆がマネをすれば得られる利益はうなぎのぼり。
    イメージで言うと、採れ過ぎた農作物をご近所で
    分け合う。採れすぎて食べきれない・・・・って
    今の時代にも有りますよね(これは地方だけなのかな?)、それを他のものに応用。
    どうして、そういう事を考えられるトップが居ないのでしょうか???

  • 匿名さん 2009年1月28日 18:49

    昨日国会で、正式に第一次補正予算案が、可決したが、今回の定額給付金は国民に余り人気がないが、国民の8割は、受け取るといっている散々政治家を、馬鹿にしておいてなにもそれは、ない私はこれを、国民の暴挙と考える。

  • foさん 2009年1月28日 23:42

    最初の方は けっこういいなと思ったんですけど…
    しかし、進むにつれて本音がでてしまったという印象をうけました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件