Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2009.01.29

天下り、人事院②

 ちょっとブログ更新が滞ってしまいました。

 

 人事院の話や天下りの話について、多数のコメントをいただきました。ありがとうございました。

 全ておっしゃるとおりで、本当に実力があれば、官民平等に、第二の人生を過ごせばいいのだと思います。それを、天下りや渡りという形をとるからいけない。ここは、何としても根絶しないといけない。

 

 一つご指摘いただいた点で、人事院総裁が全て元役人だったと書きましたが、ご指摘いただいたとおり、初代はんこ総裁は元役人ではありませんでした。お詫びして訂正させていただきます。

 ただ、その後の歴代総裁は、全て元役人で、しかも現総裁は、渡りを行ったのちに総裁に就任されているようです。やはり、これでは、公正・中立とは言えないと思います。

 

 なお、イギリスの公務委員会(Civil Service Commission)についてご指摘もいただきました。ご指摘いただいたとおりで、英国の公務委員会は一括採用や研修を実施しております。他方で、各省独自の採用試験も許されています。私が英国大蔵省に勤務した2年間でも、英国大蔵省単独での大卒選抜試験が年に数回行われていました。これは、コモンローの国、英国らしいところかもしれませんが、英国では、役人や官僚というものが特殊な立場としてとらえられていないように思います。したがって、従来、公務員法というものも存在しませんでしたし、「公務員」の定義や法律的位置づけもなされていなかったわけです。

 したがって、英国の公務委員会と日本の人事院とは根本的に異なっているといえます。

 英国では、役人が民間と異なる点はただ一つ、契約の相手方が国王(国家)であるというだけで、あとは、基本的に、役人であるということについて、特段の意義はないようです。ここらへんが、日本とは大きく違うように感じます。日本だって、そうすればいいんです。別に公務員が法的に、あるいは制度的に特別な存在でなくても、志ある有為な人材は集まってきますし、いい仕事さえしていれば、国民は尊敬してくれるはずですから・・・。

 

 これから、昨日の総理の施政方針演説に対する代表質問が行われますので、そちらに行きます。

 

この記事へのコメント

  • AIさん 2009年1月29日 12:40

    本当にイギリスを見習ってほしいですね。
    日本でお上って言いますが、違いますよね。
    お下、公僕だって。そういう意識が無い人が
    のんびりやっているから、日本は変わらないの
    でしょうね。
    優秀な公務員は是非、定年までそんな所に
    居ないで、飛び出して優秀さをしっかり発揮して
    頂きたいです。
    そういう内部をよく知る人こそ、議員とか議員秘書
    になって切り込んで頂きたいです。
    木原さんのご指摘ように海外の議会などの日本が見習うべき所をもっと国民に広く知って欲しい
    ですね。
    日本の常識はかなーーりおかしい!って。
    木原さん、お風邪など召されませんように。
    栄養をたっぷり取ってご自愛下さい。

  • 日雇い労働者さん 2009年1月30日 00:01

     官僚打破を本気で唱えるにであれば自民党から一刻も早く離党してください
    麻生総理をはじめ閣僚すべて官僚に飼いならされた犬だと言っても過言ではないでしょう?そんな自民党内で公務員改革など出来るはずがない! 渡辺喜美さんを見習いなさい! 自民党を離党し渡辺議員や江田議員と共に官僚の手から政治をそして私たち庶民が個々とすれば僅かな額ではあるが国家権力の名の下に生活の困窮に耐えながら毟り取られている税金を取り戻して下さい!木原議員の知識や経験が活かされるのは自民党ではない!今のままでは口先だけとしか思えません  僅かながら期待し見守りたいと思います 最後に 国民はじっと見ていますよ

  • さん 2009年1月30日 01:46

    >官民平等に、第二の人生を過ごせばいいのだと思います。それを、天下りや渡りという形をとるからいけない。
    今更ながらに木原先生の考えとして
    そんなことを述べる必要は無いと思います。
    誰もが当の昔にそう思ってるんですよ…。
    自民党の皆様はこういう世界的な経済危機になって初めてそういったことを口に出し始めてますが今まで何してたのでしょうか。
    嫌がおうにも選挙が近づいてきてるこの時期に限って
    国民受けするようなことを発信してももう遅いかと思ってます。
    自民党さん何年位、国政を動かしてきた頭が良い方々なのですからよく考えたほうがいいと思います。

  • 庶民さん 2009年1月30日 16:44


    そのとおりだと思います。
    木原議員に限らず、今ごろになって言っても遅いです。
    バカ高い給与を血税からもらっているわけでしょ。
    これまで庶民の声に耳を傾ける機械はいくらでもあったはずですよ。
    木原議員はその都度「党に反対したい」と思ったのかもしれません。
    残念ながら行動に移すことはありませんでした。
    もう遅いんです。
    失った信頼はそう簡単に取り戻せないと思います。
    *ブログで思いを語るのが政治家の仕事ですか?

  • やまんばさん 2009年2月1日 11:58

    なぜに、国民の総意を委託されている政府が、天下りをすぱっとやめさせる事が出来ないのか?
    こんな簡単なことで、もちゃついているのか?不思議でしたが合点がいきました。官僚が強くて言いなりと言うことは、言葉ではどなたも知っています。私も知っておりましたが、そういう弊害につながるということは恐ろしすぎて考えもしないことでした。之が本当なら高級官僚とは恐ろしい国賊で、霞ヶ関は、魔の巣窟ということではありませんか。それにしてもすっきりと分かったわけではなく、何か弱みを握られていない限りは、正義の鉄槌としてかっこよく強行できるとおもいますが?ほんとに政界官界と言うところは不思議なところだ。

  • やまんばさん 2009年2月1日 12:01

    なぜに、国民の総意を委託されている政府が、天下りをすぱっとやめさせる事が出来ないのか?
    こんな簡単なことで、もちゃついているのか?不思議でしたが合点がいきました。官僚が強くて言いなりと言うことは、言葉ではどなたも知っています。私も知っておりましたが、そういう弊害につながるということは恐ろしすぎて考えもしないことでした。之が本当なら高級官僚とは恐ろしい国賊で、霞ヶ関は、魔の巣窟ということではありませんか。それにしてもすっきりと分かったわけではなく、何か弱みを握られていない限りは、正義の鉄槌としてかっこよく強行できるとおもいますが?ほんとに政界官界と言うところは不思議なところだ。

  • 魚の目さん 2009年2月1日 21:18

    2008年に退職した中央省庁幹部は1423人。そのうち天下りしたのは1022人。天下り先は外郭団体。2008年に外郭団体に投入された税金は12.6兆円。外郭団体をなくせば、10兆円程度の節税ができる。これを消費税に換算すれば5%となる。ただし、定年を60才まであげる必要がある。それに伴う増税は、公務員数を減らして対応すればよい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件