Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・前衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2009.05.03

新しい憲法を作る国民大会

 今日は、62回目の憲法記念日。 

 私は、40回目を数える「新しい憲法を作る国民大会」に出席し、憲法改正についての所信を講演させていただきました。 


 2年前に国民投票法が成立し、来年はいよいよ国民投票法が実際に施行されることになりますが、残念ながら、憲法改正の機運は必ずしも盛り上がっていません。 

 しかし、新しい時代に即して、憲法も衣替えをしていくことは急務です。それは、別に9条にのみとどまる問題ではありません。新たな権利をどう加えるか、権利とセットのものとしての「責務」をどのように盛り込むか・・・。そして、ねじれ国会を引き起こしている、日本の統治機構の在り方。


 統治機構ということでいえば、そろそろ「一院制」も含めた大きな議論を巻き起こしていきたいと思います。といっても、すぐに「一院制」には移行できないと思いますので、先ずは、衆議院の定数削減、衆議院と参議院の権限の整理、から始めなければなりません。

 個人的には、衆議院の定数を先ずは約2割の80議席削減し、300小選挙区+比例代表100の400程度に、そして、予算と予算にかかわる法律について参議院の権限を制限すること、に取り組みたいと考えております。


 連休明けには、菅選対副委員長が世襲問題についての勉強会を立ち上げますが、その中で、定数削減についても議論してもらえればと思っています。


 ちなみに、国民大会では、私の政治の師の一人でもあるサッチャー元首相の言葉を引用して、所信を述べさせていただきました。そのことは、また、次回に。


  

この記事へのコメント

  • 吉田さん 2009年5月3日 23:33

    お疲れ様でした

  • レオパチさん 2009年5月4日 00:06

    昔から言われていることではありますが、二院制には政権与党の暴走を抑えるクッション機能としての役割が期待できるというメリットがあります。
    ねじれによる審議停滞は、あくまでも与野党の真摯な議論により解決されるべき問題であると私は考えています。
    国益よりも政局、選挙を優先した各党の対応こそが一番の問題とされるべき点ではないのでしょうか?
    そうした視点も含め、一院制の導入には慎重な議論をお願いしたいと思います

  • ごんじゃさん 2009年5月4日 04:31

    日本という国は、女をあまやかしすぎと思います。仕事中なのに女議院は芸能人と勘違いをして装飾品を身につけている。これを黙ってみてられない!イヤリング、ブローチ、化粧、派手な服、一切禁止。女議院をあまやかすのはいい加減にしてもらいたい。このいうのが男女格差社会となる。仕事中にイヤリングを付けてる議院に信用なし。

  • 吉田さん 2009年5月4日 07:44

    二院制には政権与党の暴走を抑えるクッション機能としての役割が期待できるというメリットがあります。
    クッション機能なら良いのですが・・・
    現状はクッションではなく単なる楯に思えます
    あくまで私見です
    強い自民党を望みます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件