Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2009.05.04

何点か・・・。

 今朝は、いただいたコメントのいくつかに、ちょっとコメントしたいと思います。

 先ず世襲制限についてですが、これは、法律で規制するようなものでも、規制すべきものでもないと思います。たまたま父親が国会議員だったから、自分が父親と同一の選挙区から国会議員になれないというのは、やはり憲法が定める職業選択の自由に反するからです。したがって、どうしても、父親や祖父母と同じ選挙区から立候補したいという方は、無所属で立候補すればよいことになります。

 

 むしろ、世襲に対する規制は、党の内規で定めるべきものだと思います。なぜならば、この問題は、各党が、「どのような人物を、どのような手続きで、公認するか」という、党の公認決定の問題につきるからです。そこで、私は、党の内規として、4点を定めることを提言しています。

①空白選挙区は本部預かりとし、必ず党本部&支部合同の公募(予備選)を実施する。

②その前提として、常時、党本部において立候補予定者をプールする(党の公認を受けたいと思う者は、必ず、予め党本部に登録する)

③公募による公認決定プロセスが定着するまでの間は、原則として、選挙区を新たに親族間で連続して引き継ぐことは、認めない。

④選挙資金の、親族間での引き継ぎは認めない。

 次に、一院制か二院制かという点です。二院制が持つ、政権与党の暴走チェック機能は、大変な重要なことです。衆議院に総理指名についての優越権がある以上、参議院が、政権与党の暴走チェック機能を果たすことになります。しかし、では参議院の暴走は誰がチェックするのかという問題もあります。

 結局、衆議院と参議院を構成した(選んだ)二つの異なる民意が存在しているわけですから、先ずは、この間の調整、話し合いが重要です。

 

 問題は、一つの民意(衆議院)は、総理の決断一つで何時でも信任を問うことができる(実際、戦後は1年半ぐらいで審判を受けている)が、もう一つの民意(参議院)は、任期が6年間ですから、6年間試されることがないということです。二つの民意の安定度に雲泥の開きがあるわけです。

 そして、もう一つの問題として、安定度に雲泥の開きがある民意であるにもかかわらず、二つの民意の選ばれ方(選挙制度)も、二つの民意の権限も、ほとんど異ならないという点です。

 そこで、やはり、二つの民意に違いを持たせる仕組みが必要だと思います。それは、予算や予算に関連する法律については、衆議院により強い優越を与える、決算や行政監査には参議院により強い優越を与える、条約承認などには参議院に一定の優越を認めるといった具合です。

  少なくとも、二院制をとる国において、日本ほど、両院の権限・権能に差がない国はありません。議会の基本的な役割が「議決」すること、すなわち「決定」することだからだと思われます。

 

 いずれにしても、二院制には二院制の利点がありますから、一院制の議論は長期的な課題であり、慎重に議論すべきものです。その前に、やるべきことが多々ありますので・・・。

 

 さて、これから、少年野球の開会式に出席した後、地元の皆さんとの小さな集会に参加してきます。

 良い一日になりますように。

 

この記事へのコメント

  • 自民党支持者さん 2009年5月5日 22:48

    木原さんお願いします、この時期に世襲制限を議論しないでください、世襲制限を実現する議員連盟を作れば民主党とマスコミがタッグを組んで自民党を叩いてくると思います、すでに一部マスコミは世襲で自民党を叩いています
    今は世襲制限を議論すべきではないです

  • 23才の若者さん 2009年5月7日 03:01

    私は政治資金の継承は法律で禁止すべきだと思います、ただ選挙区ついては党の内規でも禁止はすべきではないと思います、なぜなら自民党には安全区をよばれる選挙区がありますが基本的には世襲候補が強いからです、自民党を応援している有権者からしたら自民党が勝つなら世襲候補でもいいと思っています
    それにこのまま世襲を自民党内で議論すれば混乱して選挙にマイナスになりますから政治資金の継承を禁止するという事で自民党内の議論を終わらせるべきだと思います

  • 保守さん 2009年5月8日 00:41

    基本的には世襲は良いとは思いませんがマスコミが自民党を叩くネタを探しているのも事実です、ですから世襲制限の議論を早期に終結させるべきです、一番良い方法は政治資金の継承を法律で今国会で禁止するための法律を提出して成立させることだと思います
    木原議員もブログで書いていましたが選挙区の規制は現実問題として憲法違反になってしまいますし党の内規で禁止するならなんで選挙前にするんだよという話になってしまいます、今は自民党に追い風が吹いています、この風を自民党が終わらせることがないようにお願いしたい

  • 主婦さん 2009年5月9日 03:17

    世襲制限は制限するかしないかは正直どっちでもいいので自民党は早く結論を出すべきです、主婦友達と話をしていると一番の関心事は治安です、自民党は治安や国防といった問題も積極的に訴えるべきだと思います
    たしかに経済対策は国民の最大の関心事ですが補正予算が成立すれば一段落すると思います、木原せいじ代議士も自民党の支持層が保守だということをわかっていると思うので同僚議員と連携して保守色を出すように執行部やマニフェストの作成に関わる議員に訴えてほしい
    あと子育てですが民主党は中学卒業まで月に一人当2万5000円支給すると主張していますがそうなると毎年5兆円くらい必要になります、消費税2%分です、どう考えても無理です、主婦友達と話していると一番子育てで大切なのは産婦人科医を増やすことだと思います、これなら5兆円も必要ないですし実現可能です
    木原せいじ代議士はこのコメントを読んでいただけると思いますのでぜひ参考にしてほしいです
    あとこれは主婦の考えというより保守の国民の要望だと思いますが自民党のホームページにコメントが書き込める掲示板を作っていただけないでしょうか、これが実現すれば本当の世論がすぐにわかると思うのですが

  • レオパチさん 2009年5月10日 19:08

    という観点で、世襲問題は避けて通れない問題です。
    マスコミなどの外野に左右されることなく、徹底した議論をお願いします。
    マスコミの主張が時代遅れであることは、皆気付いています。それが株価や内閣支持率の上昇にすでに表われています。
    世襲問題の解決が日本の民主主義の未来、そして自民党の未来に良い結果をもたらすこととなるのは明白です。
    頑張ってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件