Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・前衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2009.05.21

臓器移植法

 臓器移植法改正についての議論が熱を帯びています。従来のA案~C案に加えて、D案も提出され、現在、4つの改正案が俎上にのぼっています。

 改正案を正式に議論する衆議院厚生労働委員会の委員の一人として、これまでも、悩みに悩んできました。

 しかし、一つはっきりしていることは、移植ツーリズムといわれるような、我が国の国民が海外へ多額のお金をかけて治療に出かけている現実に対しては、政治として、責任をもって対応しなければならないということです。とりわけ、15歳未満のお子さんの臓器移植が国内ではできないことについては、是正が不可欠です。

 その中で、私自身は、①脳死を一律に人の死と認めることについては、まだまだ国民の間で明確な合意が形成されていない、②15歳未満の子供に対する国内での臓器移植に道筋をつけなければならない、③基本的に臓器提供・死亡についての個人の自己決定権を尊重する必要がある、④15歳未満のお子さんの自己決定権については、家族間の絆を踏まえ、家族による補強を認める、⑤児童虐待の現実を踏まえ、15歳未満のお子さんについては、第三者による検証の仕組みを明確にする、といった点を考慮して、現時点では、D案を支持したいと思っています。

 

 しかし、これは、人の死にかかわる大変重い課題です。厚生労働委員として、引き続き、多くの人の意見をうかがいながら、見識を深めていきたいと思います。

この記事へのコメント

  • 冴木 聖羅さん 2009年5月21日 08:56

    実現してほしいです。うちの子は何の問題はありませんが、やはりいつ臓器提供が必要になる病気になるか分かりませんし、もし幼いうちになくなったときに、使える臓器があれば使ってもらいたいなと思いました。よくテレビで臓器移植で渡米している子が、臓器提供うけても合わないとかで渡米先でなくなったりしてますよね。日本国内での実現できないんですか?
    ほかの事はすぐ決まることが多いですが、なぜ15歳未満の臓器移植は決まらないんでしょう。そう簡単ではないのは分かりますが、早急に決めなきゃいけないことなのではと思います。

  • 十兵衛さん 2009年5月21日 23:14

    以前に書き込んだB-logです。
    http://ameblo.jp/dog-of-akita/entry-10243304692.html
    http://ameblo.jp/dog-of-akita/entry-10246636493.html
    検討する際、海外の基準が、如何なる物かも
    紹介、検討して、日本の方針を希望します。
    報道は、この辺を手抜きしてます。

  • 初めましてさん 2009年5月22日 17:21

    私もD案を支持しています。臓器移植の議論が行われている厚生労働委員が中心となっていて、なんとか成立させたいという苦労の後が見られますね。国民にD案を広報し理解を得て、今国会での成立に向けてがんばってくたざい。期待しています。

  • runさん 2009年5月26日 00:37

    臓器移植法案がどうなるか、人の親として、関心を持って見守っています。 
    移植を待つ人の立場と、不幸にして脳死に至る子どもの立場を考えると、レシピエントの利益をもたらし、ドナーの不利益を一番小さくする案がD案だと思います。
    A案では、現実問題意思表示のできない年齢の幼児が親から虐待を受けた場合など、ドナーに犯罪被害者が入ってしまう可能性が考えられます。 また、身寄りのない人でドナーカードを所持していない人、親から見捨てられた障害を持つ子どもなどの尊厳ということを考えたときに、寒々しいものを感じます。 
    D案、もしくはB案のみが、ドナー遺族となる家族の前向きな意志を尊重できるのではないかと思います。 そしてそれが、レシピエントの幸福にも繋がるのではないかと思います。
    レシピエントとドナー遺族がお互いに幸せになれるマッチングが1例でも多いような法案の実現をお願いしたいと思います。

  • おたんこナースさん 2009年5月29日 19:17

    ネットで審議を見ました。
    実質、A案か?D案か?になっているように思いました。ならばもちろん私は、D案を支持します。
    基本姿勢は本人の意思、子どもも場合はほしい方を考えて親の承諾。
    今ある「現実」にそった改正案だと思います。
    日本人は自己主張がへたですし、イエス・ノー、
    白黒はっきりする習慣・文化はないです。
    沈黙は金です。
    声高らかに、人殺しだ!などど叫ぶA案は、恐ろしいです。
    ほしい方、あげる方、双方にとって脅迫されることのないような改正案を実現してほしいです。
    医師に「移植しなければ死ぬ」といわれれば
    どこへで臓器を取りにいくのいはあたりまえのこと。
    心臓病の方は移植医療のほかにも、対応できる治療もあるのでは? 
    そちらの研究、情報も考えてほしい。
    長野県立こども病院で「CRT」という治療が乳児拡張型心筋症に成果を出しています。
    http://www.nagano-np.co.jp/modules/news/article.php?storyid=13883

  • さとぴ~さん 2009年6月22日 22:49

    あっさりA案が可決されてしまったことに驚いています。
    法案よりも【脳死は人の死】という考え方が、一人歩きしているように感じます。まだ、本決まりでないにしても、ブログ仲間で傷ついておられる方が沢山います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件