Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2009.09.14

そろりそろり・・・

そろりそろりと活動を開始しています。

この週末は、東村山市内の町民運動会や豊鹿島神社の神輿、各地の盆踊りなどに参加させていただきました。皆さまの「次回は頑張れよ」の声、本当にありがたいなと思う日々です。

他方で、収入がゼロ状態なので、秘書陣もいったん全員辞めていただくことになっており、まだ再起に向けた体制が整わないのが実情です。年内には何とか体制を立て直して、万全の活動ができるようにもっていきたいと思っています。

さて、自民党総裁選挙は、ようやく谷垣さんが手を挙げました。もうちょっと早く手を挙げていただければ、よかったのになと思いますが、ともかくも「俺が立て直してやる」という方が現れたのはよかったなとホッとしています。

政策的にも人柄も申し分ありませんから、後は、その脇をどれだけフレッシュで活きのいい顔で支えられるかがポイントのように思います。谷垣さんには、政策はもちろんですが、幹事長や政調会長に誰を充てるのか、具体的に中堅・若手の名前を挙げて、総裁選挙を戦っていただきたいなと思います。谷垣さんを中心に、老壮青のバランスある布陣を作っていくのもよい手かなと思います。

谷垣さんが手を挙げたのを受けて、中堅・若手から具体的な対立候補の名前が挙がってきています。本来ならば、最初に手を挙げるべきは中堅・若手であって、こちらも少し動きが遅いなと思わざるをえません。何も捨てるもののない中堅・若手が先に手を挙げずに、谷垣さんが先に手を挙げたのは、ちょっとまずかったかなと・・・。それでも、やはり、世代交代を掲げて中堅・若手からも対立候補を立てて政策論争を行うべきだと思います。

いずれにしても、コップの中の小さな争いですから、早急に決着をつけて、何よりも政策で勝負できる体制を早く構築しなければなりません。明日は、落選議員の会を党本部で開催します。負けたものが何を言っても意味がないとは思うのですが、行きがかり上、発起人の一人になっているので、参加し建設的に議論していきたいと思います。

この記事へのコメント

  • 吉田さん 2009年9月15日 19:26

    木原誠二様
    今回の選挙で、何故自民党に?
    と考え込んでしまうような方々が残ってしまいました((汗))。
    私はこれからもずっと自民党と木原様を応援させて頂くつもりです、日本を建て直すには自民党でなければ、木原様でなくては出来ません!
    ・・・それにはまず自民党の建て直しが先決です、真の保守政党に木原様の手で宜しくお願い致します。
    追伸
    しかし、日本が危機状況に陥っている時に、目先の事しか考えられれない脳天気な民俗に成り下がった国民にも呆れています。

  • うまちゃんさん 2009年9月15日 23:21

    一歩一歩地道にすすんでください!
    有権者は見ています!
    いずれ…必ず効果が出てきます!
    くじけずに………
    応援しますよ!

  • うまちゃんさん 2009年9月15日 23:21

    一歩一歩地道にすすんでください!
    有権者は見ています!
    いずれ…必ず効果が出てきます!
    くじけずに………
    応援しますよ!

  • 清瀬市民さん 2009年9月16日 02:32

    私は、40歳自営業独身です。10年前母と起業し、小さな会社で小さな商いですが今は、普通に生活が出来る程度の収入も得て住宅も購入する事ができる状況になりました。
    でも、やはり厳しかった時もあった訳で3,4年は
    休みも取らず病気になって入院を進められる様な状況でも働いていました。
    まぁ、仕事に集中してたおかげで結婚もせず…です。
    沢山の苦労とピンチを乗り越えここまで来ました。
    でも、民主党の政策には本当に頭に来ています。
    格差社会…ダメですか?
    頑張ってきた人が少し収入がいいのは悪い事?
    確かに、諸事情ある人もいるだろうけど、福島瑞穂の話なんて聞くに耐えない。
    子育て手当、高速道路無料化等々…税金払うのバカバカしいです。
    子育て手当は将来への投資って誰か言ってたけど、子育て手当貰って育った子供が将来みんな納税もきちんとする立派な国民になる保証はないょ。
    すいません、結局何が言いたいかというと、一生懸命働いて納税もきちんとするということがイヤになったという事を聴いて欲しかったのです。だから、次の選挙頑張って下さい!!

  • 応援団Hさん 2009年9月16日 04:10

    目先の政局も結構ですが、20年後首相になって、どのような国家を目指すか、国家像をお聞きしたい。お金の話だけではね。
    木原先生は、首相になっても靖国参拝を続けますか?

  • 東村山市民さん 2009年9月16日 17:11

    久しぶりにブログを更新されて安心しました。
    国会議員選挙に落選したら収入はゼロなんですか?
    他方で、秘書さん方も失職されるようですが、木原さんが無収入では雇えないと解釈せざるを得ません!
    そうなると、木原さんより秘書さん方のほうが生活を圧迫されていることと思いますが、どのようにお考えなのか疑問符が付きます。
    コメントに今年中に態勢を立て直したいとありましたが、印象として利己的に思えました。
    まずは己のことではなく身近な方々のことを優先してあげるべきだと思います。
    それが出来なければ、国民の代表として国会で仕事をする資格がありません。

  • ながいさん 2009年9月17日 02:41

    日付は忘れてしまいましたが先週、夕方のテレビ朝日のニュース内で木原さんが辞める秘書さん達にお話されているシーンが放映されていました。
    そのなかで木原さんが「あっという間で、甘い汁も吸わないうちに・・・」といった発言をされていてびっくりしました。
    “甘い汁”とはどういうことでしょうか。
    吸うおつもりだったのでしょうか。
    もしくは何かの表現間違いですか?
    お考えも発言もお改めになったほうがよいかと思います。
    それから自民党の方達がよく「政権奪回のために頑張ろう」とおっしゃいますが、この台詞には違和感を感じます。
    確かに政権を取らないと思うような目指す政策を実行するのは難しいでしょうが、やはりここは「より良い日本ため、より良い政治を行なう」ことを誓っていただきたいものです。
    政権を取ることを目標にしていては、与党と野党の単なる揚げ足取り・批判の応酬に終始しませんか。
    政治家はなんのために存在するのか今一度考えてもらいたいものです。

  • 清瀬市民さん 2009年9月18日 20:42

    相変わらず、世代交代、若手・中堅というだけがうりなのでしょうか。
    今回の自民党の大敗北には、自分たちの選挙のことしか考えず党や総裁(麻生さん)を支えずにテレビに向かって党や自分たちのトップへの文句を言ってるだけという若手・中堅の右往左往が大きく影響していたと思います。
    そんな人たちを、ただ若いというだけで党を支えてきた人たちよりも優遇しろという木原さんの言葉は、結局のところ「自分を優遇しろ」と言ってるようにしか思えません。
    たとえば、私は前に木原さんおよび民主党の加藤議員へメールを出したことがありますが、その際木原さんからはメール返信はなく加藤議員からは丁寧な返信がありました。
    また、このブログを見ていても、コメントに対する反応はほとんどありません。翻って、木原さんが批判する年配の議員のブログでは「いつもコメントありがとうございます」という一文がよく見られます。
    細かいところですが、こういった様々なところから、木原さんの自分の力への過信、自分は周りの人たちに支えられているという意識の欠如または希薄さが感じられます。それはつまり若いということです。
    こういった若さ故の欠点を露呈しながら、若さを売りにしたり世代交代を訴えたところで説得力がありません。
    それから、テレビに出ることで存在感をアピールしたいのかもしれませんが、基本的にテレビは番組に都合のよいように編集をすることが前提になっています。テレビ御用達議員などはそのことによって存在の軽さを逆に証明しているようなものです。テレビで木原さんが言ってたことは逆にマイナス印象にしかなりませんでしたし、テレビに出ている暇があるなら、もっと地に足のついた活動を行った方がいいかと思います。

  • 香那絵さん 2009年9月19日 01:05

    最近までは、全く全然あまりそんなに選挙に興味が有りませんでしたが、やっぱり政権交代になってからというもの遅くになってからやっとようやく実感したのですが、このままだと私達日本人にとっての日本が潰れてしまうといけないし、確かに自民党さんは、民主党さんにかなり本当に凄い色々な面で負けてしまったかもしれないけど、これからでも遅くないし、まだまだ今からでも少しずつちょっとずつ新しくスタートしてやっていけば、まだ間に合うと思うから、私自身は、自民党さんの応援をしています。復活までにはかなり色々と大変で、時間がかかるかもしれないけど、それでも私自身はずっと応援してます。

  • 蔵人さん 2009年9月20日 14:16

    運動会に行ったり神輿・盆踊りに行ったりするのが、木原さんの活動なのですか・・・。
    次回選挙に受かる為の活動ではあるのでしょうが、違和感を感じます。
    あなたは何をなさるつもりですか?

  • 応援団さん 2009年9月24日 04:23

    ブログを見ていると批判的なコメントを多数お見かけします。
    この方々の客観的な意見も一理あります。
    しかし、誹謗中傷的なコメントは、木原さんを立候補を断念するように、追いこんでいると思わざるを得ない!
    活動において無駄なことは何一つありません。
    気になさらずに一歩一歩前進することを祈念申し上げます。
    応援しております。

  • ひがしぐるめさん 2009年9月25日 00:08

    木原さんは政治活動ってなんだと思われていますか?
    ここのコメント欄でも
    「地元の祭りや運動会にいくのが活動か」
    というご意見もありますが
    私は、地域の皆さんの生の姿を感じ、
    生活を感じ、それを自分の政治家としての仕事に
    生かすことが大切だと思います。
    地域の皆さんとの会話を通して学ぶことは
    本当に多いのだと思います。
    もちろん、根っからの自民党支持者だけでない
    一般の方との交流も含めてです。
     
    「祭り」に参加、だけが政治活動ではないでしょうが
    辻立ちやブログにて、ご自分のお考えを発信されることと
    地域の皆さんとの交流を通じて
    本当の現場の声を集め、対話することが
    大切な柱なのではないかと思います。
    このブログのコメントも、お読みになっているのかさえ伝わってきませんので、
    一行でもコメントを入れてくれたらと思います。
    それが対話になりますよね。
     
    みなさんいろいろなご意見があろうかとお思いますし
    木原さんがどんなにがんばっておられたとしても
    伝わっていないことや、誤解されていることもあるのではと思います。
    木原さんにとってつらい言葉もあるでしょうけど
    真摯にがんばっていれば、実を結ぶ時がきますよ。
    収入がない中、次を目指されるのは
    皆さんが言うほど簡単なことではないと思います。
    秘書のことを考えなさい、というご意見もありましたが
    秘書さんも、政治家本人も、そういう身分の保障がないのが今の現実です。
    政党助成金がどうこう、というニュースもありましたが
    よい政治家が育つためにも、国が健全になるためにも
    政治家への個人献金へのみなさんの垣根が低くなることや
    政治家は金に汚いというイメージを晴らしていくこと、
    選挙や政治活動に必要なお金が少しで済む社会がくるといいなと思います。
    いろいろとりとめもなく書きましたが
    これからも木原さんを応援しますので
    がんばってくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件