Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2009.10.08

補正予算執行停止

 恐ろしいぐらいの強風でしたが、台風も通り過ぎました。

今は、素晴らしい青空が広がっています。これから、せいじ便りの配布に出かけてきます。


政府が補正予算の執行停止で2兆5000億円を確保しました。

 マニフェストで国民に約束した政策を実行するための財源を確保するためですので、先ずはよかったなと思います。


 一方で、2兆5000億円分、予定されていた事業や施策が中止されることになります。その中には、国立マンガ喫茶といわれた事業のように、無駄だから停止されたものもありますが、全てが無駄なものだから執行が停止されたわけでないということには注意が必要です。


 あくまでも、マニフェストで約束した政策を実現するための財源確保として、執行を停止できるものは停止するという判断がされたわけです。マニフェストの政策は国民に約束したものですから、これはこれでいいと思います。


 しかし、補正予算のどこを停止するかについては、国民に予め約束したものではありませんから、今回、どの予算を執行停止したのか、何故そうしたのかについては、政府から詳細に説明がなされるべきだと思います。


 何故、こんなことを書くかというと、子育て手当や高速道路無料化を実現するための法案の提出について、政府が、10月末から開かれる臨時国会ではなく、来年の通常国会まで先送りすると決定したと報道されているからです。

 そうなると、今回執行が停止された2兆5000億分の予算(いずれは3兆円に上積みされるのだと思いますが)は、来年の夏頃まで凍結されたままになります。


 他方で、景気は恐らく、年末から年始にかけて、正念場を迎えます。亀井大臣が提唱するモラトリアム法案の影響もあって、民間資金の動きは鈍くなっていますし、海外からの資金流入も細っています。加えて、今回の2兆5000億円分を含めた公的資金も来年夏頃まで出ていかないとなると、景気の下支えは大丈夫かなと、感じます。

 その意味でも、補正予算の執行停止はいとしても、やはり早急に成長戦略を民主党に示していただきたいと思います。

この記事へのコメント

  • Booker Kさん 2009年10月8日 17:38

    分かりやすくて、 助かりました。 それぞれが 始まったばかりだと思いますが、最初の舵取りを間違わない様にして欲しいと思います。 世の中が厳しいのは理解していますが、生活の予測は我々一般人は国家、政治家の皆さんに頼らざる終えません。
    我々も勉強しなければと思っていますので、今回の様なブログは有り難いです。 失礼します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件