自民党・内閣官房副長官
木原誠二

MENU
ブログ

2009.10.09

残念!!「影の内閣」実現せず

 我が党で検討されていた「影の内閣」の設置が見送られたようです。

 残念です。


 代わりに、政権政策委員会という新たな組織が立ち上がるようです。政権政策委員会の下で、各政策分野の政策を検討する部会の会長には、1回~5回の中堅・若手が抜擢され、国会の各委員会の理事も兼ねるとのこと。

 しかし、各委員会の筆頭理事ではありませんから、やや心配です。


 やはり、しっかりと影の内閣を作って、影の大臣はもちろんのこと、少なくとも影の副大臣までは、谷垣総裁が指名すべきだったように思います。そして、影の大臣あるいは副大臣に、国会の各委員会の筆頭理事も兼任させる。

 そうすることによって、野党との論戦、そして自民党らしい政策作りに一体的に取り組むべきではなかったかと思います。

 ある新聞が、大臣ポストの配分で混乱が起こることを懸念したのではと指摘していましたが、大臣っていったって「影の・・・」ですから、もし本当にそんな争いや混乱が懸念されたのだととすれば、末期的です。


 ま、そんなことを外野が言っても仕方ありません。政権政策委員会を真に有効なものにすればいいのですから・・・。その意味では、政権政策委員会に組み込まれる部会の責任者に、例えば、同期だった平将明さんや、一回生の斎藤健さんなどが任命されたとのことですから、これはこれで期待したいと思います。

 そして、個人的には、この政権政策委員会を通称「マニフェスト立案委員会」にして、今日からでも次の衆議院選挙に向けたマニフェスト作成の母体にすべきだと思います。

 英国では、労働党も保守党も、マニフェストを数年かけて作成していきます。骨子が作成され、その骨子が党大会にかけられ、承認が得られれば細部が詰められ、また党大会にかけられていく。そんな、深度あるマニフェスト作成の実施機関として、政権政策委員会には期待したいと思います。