Go Top

前外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2009.12.31

古きよきもの

昨日の産経新聞の主張に面白いことが書かれていました。
「古きもの」を軽んじるなと。全くそのとおりで、私たちは、どうしても、新しければよいと錯覚しがちです。新聞の中には、「新にはプラスイメージをもち、旧には古臭くて悪いものときめつけてしまう心理が働くようだ」と書かれています。
私は、父親の仕事の関係で、幼少時代を海外で暮らしました。とりわけ、オランダ・アムステルダムで過ごした1年は、私に多大な影響を残しています。
まだまだ日本人旅行客も少ない1970年代後半、父は、週末となると、陸続きのヨーロッパの地の利を活かしきって、家族をそれこそヨーロッパ中につれていってくれました。
私は、どういうわけか教会建築が大好きで、聖堂という聖堂はこの1年で行き尽くしました。いった聖堂で絵はがきを買って、その聖堂の歴史を調べて書き上げた教会日記は、何十冊となります。私の宝物です。
そんな中で、昔から存在するものの素晴らしさ、歴史の重み、「古いものを大切にする」精神を何となく体感したように思います。また、聖堂を下から見上げたときの何とも言えない威厳は、一人の人間のちっぽけさを感じさせるに十分だったようです。
お陰様で、自分の中には、古きものを大切にする、歴史を重んじる姿勢が自然と根付いたようです。保守の精神というのかもしれません。
今、政界も、とりあえず何でも破壊してしまえという雰囲気になっています。しかし、守るべきものは守っていかなければなりません。
そんな中、小沢幹事長が、来年の国会に、国会法の改正を提案する方向で調整を進めているそうです。法制局長官をはじめとする官僚答弁の禁止や、質問通告の期日設定など、革新的なものが盛り込まれるようです。しかし、私の目からは、いずれも、国会でのよき議論、とりわけ野党による政府の監視という、古き良き伝統を踏みにじる方向に見えて仕方がありません。
 
国会で真摯な議論がなされることを望みます。 
 

この記事へのコメント

  • JUNさん 2009年12月31日 12:19

    改革すべき所と、壊してはいけない所をしっかり
    見極めなければ、先代や後世に顔向けできません。
    日本も、随分と素晴らしいものを失ってしまった
    ようです。
    何よりも、恐ろしいのは、メディアなどの影響で
    頭の中身まで変えられてしまっている事です。
    正しい事を正しいと思わない、間違っている事を
    正しいと錯覚して、そちらに猛進してしまう。
    怖い事です。
    私も海外を旅してみて思うのが、教会もそうですが、古き良き建物を修復しながら景観を保っている素晴らしさはすごいなと。
    東京の雑踏などはパリの街の比ではないですし、何故日本の街並みはあんなにもちぐはぐで
    センスが無いのかと泣きたくなります。
    壁の色、屋根の色、建物の高さ、窓枠など
    少し統一感を出すだけで、素晴らしい調和を
    生み出すのに。
    また、教会も、寄付で成り立っているらしいですが、結婚式も、お葬式も、心が迷った時も、
    頼りになる母体のようにどっしり構えていて、
    時代を超えて皆に守られている感じが良いですよね。
    日本は、結婚式もお葬式も、ものすごい金額を
    使いながら、もうかっているのは民間企業。
    おかしいですよね。
    皆でシェアする、それが何故出来なくなって
    しまったのでしょうか?箱物なんて1つ有れば、
    そこが、教会のように結婚式、お葬式、集会、
    週末コンサート会場など何通りもの使い方が出来るのに。
    ガウディは賢いですね。後世へ宿題を残した。
    あれはいつ完成するのでしょうね。
    完成を夢見て皆が協力している間が、そう、
    間が、彼の作り出したもう一つの芸術なのかも
    しれませんね。

  • 香那絵さん 2009年12月31日 13:31

    この一年間は、皆さんにとっても本当に凄く色々とあったと思いますが、本当に凄くお疲れ様でした。また来年からも色々とあると思いますが、頑張って下さいね。

  • 日本季節文化研究会 東京事務局さん 2009年12月31日 17:12

    今年一年、色々とご教示頂き心より感謝申し上げます。
    新しい年もご指導頂きますようお願い申し上げます。
    平成二十二年、皇紀弐千六百七拾年が木原様にとって幸多かれと心より祈念申し上げます。
    愛国拝

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件