Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・前衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.02.12

三自反二不足

新年会もだんだん少なくなってきている今日この頃・・・。


先日、ある勉強会で講師の方が、中国清時代の金蘭生という方の言葉を紹介してくださいました。


<三自反二不足>

「人に勝たんと欲すれば、先づ自らに勝て。

人を論ぜんと欲すれば、先づ自らを論ぜよ。

人を知らんと欲すれば、先づ自らを知れ。

凡そ外の勝つ所となるは、皆内足らざればなり。

凡そ邪の勝つ所となるは、皆正足らざればなり。」

正に今の我が党に当てはまるようです。小沢一郎、民主党という「外」が勝つ所は、自民党がしっかりしないから。

「勝つべき」、「論ずべき」、「知るべき」己は何でしょうか。

私たち自民党は、やはり戦後60年政権与党にあって、日本の平和と経済発展を導いてきたことには胸をはるべきですが、その一方で、巨額の財政赤字を築き、ゆとり教育で人心を荒廃させてしまったことに、先ず「勝つべき」であるし「論ずべき」であるように思います。

特に、乾坤一擲、「財政赤字」解消に向けて、しっかりとしたプランをたてること。

何をする?

ここまで財政赤字が膨らんでしまうと、ちょっとやそっとのことではどうにもなりませんが・・・。

先ずは、今一度、経済成長をしっかりと達成する。それは「成長戦略」などという生易しいものではなく、むしろ「生産量倍増」計画のような、かつての「所得倍増計画」にも似た大がかりなものが必要です。

その上で、財務省改編と予算制度の抜本的見直し、そして最後が税制改革。少なくとも、その年の歳出の多くはその年の歳入で賄えるように変えていく。

現在、私は、昼間はサラリーマンとして民間で働いていますので、「生産量倍増計画」のために何が必要か、じっくり考えてみたいと思います。

この記事へのコメント

  • 所沢市民さん 2010年2月12日 09:16

    自信を持つ事は勿論、反省をする事も必要ですよね。
    「所得倍増計画」をうたった時代は、まさに希望に満ち溢れた高度経済成長期、若い世代は詳しく知りませんが、少なくとも今よりは希望が持てた時代なんだろうと思います。
    先日の国会、高市早苗氏が外国人参政権について、詳しく論議を交わされていました。(鳩山総理は論議と言う言葉に値しない位、無知で呆れる答弁でしたが・・・)
    その中で「生活保護」についても「日本国民を対象とした制度だが、“予算的に外国人も保護している”」として、外国人の権利が十分保護され、参政権まで付与する必要が無い事を述べられていました。
    そこで最も気になったのは「子供二人、家族4人の場合、外国人は生活保護費で月に21万円も受給できる」と言う事実です。
    今、派遣労働者などの低所得者は月給10数万円でがんばっているのに、仕事もしない、働かない、努力しない“外国人”が“まじめに働く日本人”よりも良い暮らしをしていると言う事実があります。
    私は、自民党に反省してもらいたい点は“そういう点を放置してきたという事です。
    埼玉8区、柴山昌彦先生は「正直者がバカを見る社会はまっぴらゴメンだ」と言うスローガンを掲げて、先の選挙を戦い抜きました。
    私はこの考え賛成しています。
    地域の住人、商店、有権者に話を聞いてみればわかると思いますが『どんなに頑張っても生活が良くならない』と言う原因は、そういう『努力をしない奴が、のうのうと楽をしている』と言う事に他なりません。
    是非、民間での経験を元に、再起をはかっていただき、本当に真面目に努力する人が報われる社会を取り戻して頂ける事を期待します。

  • シバカ☆リヤマさん 2010年2月12日 12:42

    ブログ読ませて頂きました。確かに、旧自民党政権時代の赤字が、今の私達国民を苦しめています。正直、少し怨み節ありかも(^^;)なんの生産性も見いだせない、役に立たない、魅力のない巨大な建造物を建てまくったりして、他にも色々ありますが…官僚さん達、公務員さんらにも、すごい甘かったですよね(-_-#)それ故に前回の選挙では、民主党に希望を持って投票した訳ですが、、、蓋を開けたらなんとやら……でした。自民党は大敗をしてから、(何がいけなかったのか?)を模索しながら、少しずつ自浄されつつあるように、感じてます。新しき知恵も以前と違い、受け入れるようになっているなと思います。だから、私は少し期待してます。新生自民党に。先生の文章を読んでいて、国会議員として腐りかけた日本を、再起動させるため、努力というか、考えてくれているのだなと、うれしくなりました。自給率も下がるし、各企業も綻びが出てきている今《努力すれば報われる》といったような、希望を見いだしてほしいです。あなた方裕福層の下には、働きたくても働けない、働く場所すらみつからない、その日を生きるのにも大変な、貧困に苦しむ人たちがいるのです。企業がダメなら、巨大農業ファームみたいなものを、最初は国指導で作り、人々に働く場所を提供して、努力させ、生産性が伴ってきたら、中国マーケットみたいに、輸出するというのはどうでしょ?指導者は後継者不足の農家の皆さんにお願いして、土地は空き地多いし。合同ですることにより、費用削減になるし。なにより、日本の農産物は外国と比べて《安心・安全・質がよい》。この提案の元になった、これらの問題をクリアして、外国からも高い評価をもらっている、りんご会社・ファーム集合体があるんです。私はその会社のニュースを見て、日本再起動させるための、すごいヒントになると思いました。最先端ばからに目を向けず、私達が安心した将来、老後を暮らせるような、日本再起動計画をたててください。私は自民党に希望の光を持ちたいと思います。いきなり長々と申し訳ありませんでした。

  • HIROさん 2010年2月13日 16:14

    自民党は少なくても、日本国民を中心に向いてきました。その点だけでも民主党正拳に比べれば何億倍もましでしょう。麻生政権では世界の先立つ経済不況に日本はいち早く対応し、先進国の中での立ち上がりがずば抜けて早い国だったのに、引き継いだ民主党が全部なくしました。仕訳というパフォーマンスで国民は騙され続けましたが。
    しかし、あえて苦言
    1.社会党・公明党とくっつき与党にしがみついた
    2.内部で左翼思想議員がいらっしゃり、足の引っ張り合いを演じている
    3.特アの内政干渉を許した、特アに対してきちんとものをいえない
    4.故中川議員を見放した
    5.日韓トンネルなどの国益を損ねる構想
    6.在日外国人特権を与え続けた(通名・税金優遇など)
    など、保守派ではありえないような政策を行ってきました。
    今度の選挙では、保守思想の国民の大部分が自民党を選択するでしょう。もうマスコミに騙されることはさすがにないと思います。
    その点を踏まえて自民議員各位には政治をしていただきたい。
    でなければ、保守派の新党が立ち上がることになると思います。
    昼はサラリーマンですか。お母様にお小遣いをもらえないと大変ですね(笑

  • From Canadaさん 2010年2月13日 18:23

    ネットのニュース等を通して日本の近況情報を得ています
    国民の期待に民主党が応えられていないにも関わらず自民党の支持率に反映されないというのは、木原さんがおっしゃっているように、自民党としての新しい定義が問われているのではないかと僕も思っています。
    敵を知り己を知れば百戦危うからず。という宮本武蔵の言葉をこの記事を読んで時に、連想しました 。自己の問題の分析が大事さを改めて感じました。
    僕自身も外国での就職活動、生活を通して、周りがどうのというよりは, 自分自身がどう問題に向き合っていくべきかとよく考えています
    いつか今の経験が役に立つ日がくればと思っています
    言葉が過ぎてしまったかもしれずに、すみませんでした
    応援してます、がんばってください

  • 蔵人さん 2010年2月14日 00:12

    「生産量倍増計画」は可能なのか・・・?
    「所得倍増計画」は・・・可能か・・・?
    単純に生産量倍増は無理である。
    中国と争うか・・・。
    所得倍増は・・・それ以上に無理である。
    所得は半分にして仕事の無い人間とシュアーし合う世界にならなくてはならないのだろう。
    半分が飢え死にしていいなら別だが・・・。
    それが共産主義的だ・・・と、言われれば・・・仕方が無いが・・・。
    生産物の倍増が可能とすれば農産物に関してである・・・。
    世界的規模で農産物は足りなくなるのが、目に見えている。
    その時は多分お金では他国から農産物を買えなくなっていると思う・・・原則的には・・・。
    生産物を倍増する可能性は十分にある・・・。日本の気候はそれが出来る世界でも稀な場所である。
    国民の胃袋はそれで満たす事が出来る。
    ただ、価格を別にすれば・・・。
    農産物は絶対に近場で作った物が良いに決まっている・・・。
    遠くで作れば様々なコストが掛かってくる・・・価格は安いかもしれないが、生産するコスト(水や出す炭酸ガスや・・・)は、確実に高くなる。
    多分、日本が生き残るには、今と同じ生活を維持するのは難しいだろう。
    しかし、要る物・要らない物が段々選択出来てきているのではないだろうか・・・。
    (・・・通信費用などは確実にゼロに近付いているし・・・)
    地球規模で考えれば・・・もう待ったなしの場面に直面している。
    官僚には未来を描く事は出来ない。
    政治家には、今現在見える世界ではなく、今見ればばかげたように見えるかもしれないが、近い将来必ずやってくる将来の危機に備えた、政策を考えて欲しい。
    とにかく、ブログは毎日更新し、嫌と言うほど自分の意見を発信してください。
    (他人の批判ではなく・・・)
    ぼくは、それがこれからの政治家の第一歩だと思う。

  • カード屋ジョニーさん 2010年2月15日 23:41

    よく日本は単一民族という表現を聞きますが
    木原先生は控えた方がよろしいかと思います。
    中山元国交相の件もありますので。
    日本には日本語が分からない輩が多いので
    比喩や婉曲表現であっても通じません。
    そういう輩は虎視眈々と罠にかかるのを待っているわけですから。
    無礼を承知で申し上げますが、
    小沢幹事長による天皇の政治利用につきましても
    自民に非難する資格はあるのでしょうか?
    私としましては許せない行為ですが、
    宮沢元首相はそれ以上のことをしているのですから。
    若輩者が生意気を言って申し訳ありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件