Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.02.22

22222

平成222月22日。2が5つ。すごい日です。平成22222222222秒を目指して、今晩はいろんな動きがありそうです。

それにしても、もう平成22年。平成生れの人がもう22歳。時が過ぎるのは早いですね。

そんな早い時間の流れのなかで、日本は、世界はどう変わってきたのか。

少なくとも、世界は大きく変化しました。何しろ、中国がこれだけ大きくなって、インドもブラジルも追いかけてきています。

そんな変わりゆく世界のなかで、我が日本は・・・。

もう一度日本が羽ばたいていくためには、やはり、外に打って出ていくことが大切だと感じます。

「最近は日本の学生が少ないし、元気ないね」、先週来日されていた私のケンブリッジ大学での恩師が言っていた言葉。

そうなんです。私が英国から日本に戻ったのが、平成12年。あれから10年、日本の若者がどんどん世界に出なくなってきています。

しかし・・・。人口減少社会、巨額な財政赤字の前には、内需の振興にも限界があります。外に打って出なければ・・・、ジリ貧・・・。

その際、単に、工場を中国にもっていって現地の人を使って安いものを作って、世界中に輸出するだけでは足りません。

そこにある程度の日本人コミュニティーが出来て、日本の食文化や芸術文化、生活文化も輸出していく、そのために、日本人自身がどんどん外に出ていくしかありません。

外国人留学生を税金を使って日本へ招くプログラムがたくさんありますが、同時に、日本の若者を世界にどんどん送り出す公的プログラムの充実も欠かせないのではないでしょうか。

この記事へのコメント

  • 香那絵さん 2010年2月22日 08:39

    あんまり一人で、若い女の子が、海外に初めて旅行しに行くその事事態、かなり危険で、危ないリスクか自分自身なりによくわかってはいるものの、それでもなるべく色々な事を考えながらも、最終的には、再来年には、アメリカに一人で、初めて、旅行しに行く計画の予定や目標をたてているので、何とか、今、それを実現するべくお仕事の方を頑張ってしています。

  • from Canadaさん 2010年2月25日 17:29

    ここ、カナダも日本人留学生の数が減っているのを顕著にここ数年感じます。そして、ほかの国の方々と比べると、日本人同士の繋がりがとても弱い気がします。そういったところも、どうにかしていかないといけないのではと思います。おっしゃるとおり、これからの日本をよくしていくためにも、もっとたくさんの人が海外にでて、いろいろな事を体験する必要があるのではと思います。そういった事をとおして、日本人として、日本という国に誇りと主張をもたなければいけないのではないかな、と思います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件