Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・前衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.02.25

多摩全生園

昨日は、午前中、参議院会館で開かれた「ハンセン病対策議員懇談会」に出席しました。
この議員懇談会は、舛添前厚生労働大臣が会長を務め、ハンセン病をめぐる永年の差別・隔離政策について、真摯に反省しつつ様々な政策を講じるため、与野党の垣根を越えて対応を検討する場です。本来は、議員懇談会ですから、私のように落選中のものは対象外ですが・・・、昨日は、私の地元東村山の全生園が抱える課題が検討項目の一つにあがっていたため、舛添会長の許可をいただいて、私も参加させていただきました。
1909年に開設された多摩全生園は、昨年100周年を迎えました。この間、偏見と差別の歴史に苦しみながらも、地域社会の中に次第に溶け込み、今では、多くの市民が全生園の豊かな緑や様々な催しを楽しみに集う場となっています。
しかし、高齢化に伴い入所者数は次第に減少し、現在では300人弱となってきています。今後、10年後には100名前後、20年後には10名前後と入所者数が減少することが見込まれるなか、全生園を「人権の森」として存続させようということで、市民運動を展開してきました。私自身も、この4年間、署名活動や財務省、厚生労働省への働きかけに取り組んできました。
また、足元では、全生園内の余裕のある土地に保育園を設置しようとの構想をたて、取り組んでいます。全生園内に保育園を作るのには、大きく3つの意味があると、個人的には思います。
第一に、子を産み育てることを許されなかった入所者の皆様の苦痛・ハンセン病の歴史を考えたとき、全生園に子供の声がこだますることの意義。
第二に、人権の大切さを子どもたちに、また子ども達を通じてお父さん・お母さんの世代に伝えることができること。
第三に、依然として300人近い待機児童の解消にも役立つこと。
その意味で、前向きな構想なのですが、現在の国有財産法では、対象となる国有地について、保育園の設置という理由では、無償や減額しての貸付が認められていません。結果、せっかくの素晴らしい構想が、地代が高すぎて、保育園の運営が現実的に難しいという問題に直面しています。
昨日の議員懇談会では、多磨全生園の方から、「無償で貸し付けてもらえるようにしてほしい」という声が出され、懇談会として、政府に対し、何らかの形で「無償あるいは減額」を実現するよう、働きかけていくこととなりました。
舛添会長のご配慮で、私も機会を許され、この問題に4年間取り組んできた想いを発言させていただきました。
議員の立場を離れ、私も一個人として、古巣の財務省などに働きかけていきたいと思います。

この記事へのコメント

  • さん 2010年2月27日 23:04

    木原先生、こんにちは。
    一昨日無事帰国致しました。
    不況といっても、ヨーロッパ圏へのツーリストは相変わらずとても多く…ルーブルやモンサンミッシェルでは何組もの日本人団体ツーリストにお会いしました。
    服装問題で話題になった、某オリンピック選手の様ないでたちの男の子達が、モンサンミッシェルを見上げながら
    “やべ~!やべ~!”
    (すごい!すごい!という意味らしいです)
    と連呼している様子は本当に微笑ましく…これからの日本の未来を担う男子女子の皆さんにはヨーロッパ圏に限らず、偉大な世界の文化遺産、自然遺産に触れる機会をたくさん持って頂きたいな、と願いました。
    私もお勉強不足で、ハンセン病については、あまりよくわからないのですが…
    議員バッチがついていなくとも、先生のように真摯に取り組んで下さる方がいらっしゃる事は本当に素晴らしい事と嬉しく思いました。
    老人ホームと保育園が併設されるような動きも全国的に広まってゆくと素敵ですね。
    それから、この日本にもたくさんの孤児達がいらっしゃるという事も、皆様に知って頂きたいと思います。
    肢体不自由や知的障害の子供達をケアする民間団体は多くありますが、民間に出来ることには限界があります。
    今なお、“子供”“障害者”“ボランティア”といった看板を掲げながら、ビジネスをされている方もいらっしゃいます。
    これらの分野には、しっかりした国の管理サポートが必要と強く感じています。
    子供手当てや高校無償化を期待していらっしゃる皆様も多くいらっしゃる事と思いますが、本当にケアが必要な子供達に国のサポートが全くなされていないのです。
    先生も議員の立場でない、今だからこそ見えてくる事、行動出来る事があると思います。
    先生のこれからのご活躍を楽しみにしておりますね!
    そして
    1日も早い議員復帰も心よりお祈りしております。
    お身体くれぐれもご自愛下さい。

  • 東村山市民です。さん 2010年11月21日 17:43

    木原先生こんにちは、
     最近、先生のブログをよく見ますが様々な角度から物事を発信されていると思い、嬉しく成りました。
     全生園の有効利用の件に関しては、東村山市議会議員の先生からもお話を伺った事が有ります。
     保育園や福祉施設など地域に根ざした施設を造り、公園などの整備を行えば、地域の人々の憩いの場になると思います。
     私は以前、子供と全生園の桜を見に行った事が有りますが、それは見事で大勢の方が花見を楽しんでいました。
     桜の大きさが、他の公園とは異なり、立派で隠れた桜の名所です。
     私は全生園の施設の内容は存じませんが、既存の施設で再利用できる建物が有れば、建物を再利用していく事が望ましいと思います。
     日本の箱物行政は建物の 用途変更すると直ぐに、取壊して新しい建物を建設しますが、欧米諸国では建物を100年以上使用しています。
     それは、日本の建物が粗悪と言う事ではなくて、日本の建築基準が30年で償却する仕組みになっているからです。
     欧米諸国と比較して日本の建築物は、コンクリートの量や鉄筋の量は他国の建物と対比しても堅牢に建設されています。
     理由として、日本は地震国で地盤も軟質なので堅牢にする必要が有るからです。簡単に外国と比較して道路・橋脚の柱・梁の太さは断然違います。
     古い物を現在の基準にリニューアルして、後世に全生園の歴史と文化を残せば、意味が有る事と思います。
     日本の行政は、対応年数の過ぎた建物は(35年程度)スクラップビルドを繰返しています。
    それと建物は、年代で使用する用途が変わって行きます。
     例として現在は、保育園・老人福祉施設の数が不足し、逆に小・中学校が少子化により統廃合になっています。
     2校を1校すれば自ずと1校が余るので、その1校を保育施設や、診療所・老人福祉に振り向ければ低コストで社会資本も充実すると思います。
     また、省エネにもなり無駄も省けて、CO2の削減につながり環境にもやさしくなるのでは思います。
    木原先生には民主党では出来ない、将来に夢と希望と郷土を愛する政策を行ってもらいたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件