Go Top

前外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.02.25

審議復帰

自民党が今日から審議復帰するらしい。
何か変だよな・・・。そもそも、何のための審議拒否だったのだろう。
確かに、①政治資金規正法違反容疑で起訴された石川議員の議員辞職決議の採決をたな晒し、②小沢幹事長の国会喚問も放置、と与党の横暴は目に余るものがあります。
野党時代には「数の横暴」とさんざん自民党を攻め立てていたのは何だったのか。また、「政治と金」の問題でこれだけの疑惑が噴出したら、自民党であれば、確実に議員辞職、そして国会の参考人承知にも応じてきたわけで、民主党の自浄能力のなさには、ただただ呆れるばかりです。
そういう状況ですから、審議拒否は、一つの手段・武器ではあります。しかし、武器を抜くタイミングや抜き方が悪すぎます。
「長崎知事選で勝ったから審議拒否だ」というのは、あまりに理屈に合いません。長崎知事選にかかわらず、「政治と金」にまつわる民主党の横暴は目に余るのですから、審議拒否をするなら、長崎知事選前から信念をもって審議拒否すべきで、「選挙で勝ったから審議拒否」というのはちょっと「・・・」という感じでした。
それに、いったん「審議拒否」に入ったら、どんなに非難を浴ても最後までやりきらないといけない。
結果的に、何も得るものなく、むしろ貴重な審議時間を放棄しただけの結果に終わったのではないでしょうか。
そもそも、この目まぐるしく変化する時代、情報が瞬時にオープンになる時代に、「審議拒否」は最も難しい戦術の一つです。その難しい戦術を採用するなら、相応の準備と最後まで突っ張るという覚悟が必要なように思います。
せっかく我が自民党、少し上り調子になってきたのに・・・、うーん、・・・。

この記事へのコメント

  • 所沢市民さん 2010年2月25日 13:10

    もったいないですよね。
    メディアへの露出が減った分、国会で存在感をアピールしないといけない訳ですから、審議拒否は国民への訴える時間をただ無駄に減らしている感が否めません。
    でも一つ、民主党には無い良い点が自民党にはあると思います。
    それは、「自由に物を言える」と言う所です。
    今の汚沢独裁・民主党だったら、文句の一つでも言おうものなら、完全に消されているでしょうしね。

  • HIROさん 2010年2月25日 17:59

    しかし、一個だけ気になったところは、、、
    自民が上り調子ではなく、民主離れが進んでいるというのが本当のところだと思います。
    今は議員でないかもですが、自民党員としてガンガン言っていただきたいですね。

  • 香那絵さん 2010年2月25日 19:38

    最近、お仕事の方や色々な事でそれなりにかなり忙しくって、あんまり寝る暇もないし、色々な事ですぐにストレス溜めやすいけど、また今日も1日、お仕事頑張って来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件