Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.03.01

犠牲的精神

丁度、昼のミーティングを終えて、次のアポに向かうところ。

ちょっと一杯コーヒー中です。

日経の世論調査が出てきましたが、自民党の支持率はなかなか回復しませんね。

ま、当たり前といえば当たり前で、自民党まだまだ変わっていませんから。

最近、「犠牲的精神」ということをよく考えます。トヨタの社長さんが、アメリカ議会の公聴会で証言しました。

一部には、sorryを言い過ぎといった批判もあるようですが、私はよかったと感じています。

少なくとも、自家用ジェット機できたり、途方もなく高額の報酬をえたり、いわゆるビッグ3の経営陣とは全くことなる、社員を大切にする、社員とともにある日本の経営トップの姿は見れたと思います。

そう、日本人には、自己犠牲の精神というか、犠牲をいとわない武士の魂がある、ということを感じました。

今の自民党にかけているのは、この犠牲の精神では?

そう、何十年と自民党をひっぱってきていただいたベテランの皆さん、ここは犠牲の精神を発揮していただいて、中堅・若手の支えてにまわっていただけないでしょうか。

谷垣総裁を支える中堅・若手10人衆みたいなものを作って、民主党と本格的な政策論争をするときでは?

そんなことをつらつら考えながら、スタバ出ます。

この記事へのコメント

  • HIROさん 2010年3月1日 18:05

    逆に若手が頼りないように見えますよ?
    むしろ、麻生さんか阿部さんを全面的に出したほうがいい気がします。
    それだけ、、自民党はまとまって見えません。
    それが、自民党のよさとある議員からコメント頂きましたが(笑

  • 香那絵さん 2010年3月1日 22:03

    いつも毎朝、満員電車通勤のお仕事お疲れ様です。ちなみに私達派遣やまたパートやアルバイトによって、正社員を支えていくのもまたそれもありだと思うし、また同等に同じ立場にたてたり、役にたてるように私達も皆で一緒にそういうちょっとした細かい色々な事から協力して行きたいなぁってそう思ったので、私も頑張ります。

  • 所沢市民さん 2010年3月1日 23:51

    確かに、失敗を恐れず、若手がチャレンジするのも良いかと思います。
    (余り例えにしたくない集団ですが)民主党で言えば、前原氏や野田氏などは、以前の代表時代に苦い思いをしながらも、名を馳せて、今の地位を手に入れた人だと思います。これはひとつの成功例かもしれません。。。
    で、一つ気になるのは、谷垣総裁も麻生前総理も安倍元総理も、失策と言うのはこれといって無いんですよ。むしろ、教育改革を進めた安倍元総理、金融危機に適切に対処した麻生総理、小沢・鳩山の様な不正が一切は無く、政策に精通している谷垣総裁。
    マスコミが一切の功績を報道せずに「漢字を間違えた」だの「バーで酒を飲んでいる」だのと関係の無い事で大騒ぎしたり。
    以前から起きている年金問題を、全て安倍元総理のせいにしたり。小泉フィーバーと大騒ぎしたマスコミは自分たちの報道姿勢を棚にあげて、後期高齢者の事も、後の政権に責任転嫁しましたよね。
    まずは、今のこんなオカシイ状態を何とかしないといけないと、私は思います。
    亡くなられた中川昭一先生が仰っていました。
    『日本が危ない』・・・と。
    麻生前総理、安倍元総理も同じ気持だと思います。
    金美齢女史も櫻井よしこ氏も、平沼赳夫先生も同じでしょう。
    そういう方々と連携し、本当に日本を大事に思ってくれる方と手を取り合って、活動してもらえれば尚の事よろしいかと思います。
    その上で、諸先輩方の支援を受けて、木原先生がチャレンジをすると、周りの人達も、きっと、手を携えて協力してくれる事と思います。
    それが次の選挙で国政に戻るひとつの手段でもあるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件