Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.04.17

国家公務員45歳いちど定年制

 昨日、かつての役人時代の同僚数人と食事をしました。「そういえば木原は元気にしているのかな」、誰かがつぶやいてくれたそうで、電話をくれたのです。

 うれしいですね・・・。

 そこで、話題になったこと。それは、役人の人事のこと。

 局長は原則民間出身にするとか、課長以上の何割かは民間から公募で選ぼうとか、色々な議論があります。

 そこで、私の持論をひとつ。「45歳いちど定年制」と「官民交流の促進」です。

 私は、民間から、公務の経験が全くない人がいきなり局長でやってくるといった仕組みには反対です。

 二つの意味で問題があると思うからです。第一に、どこまでいっても公務の世界と民間の世界はそのよって立つ視点が異なるのであって、公務の経験が全くなくては、組織が適切に運営できないからです。

 第二に、昇進を目指して一生懸命努力してきたのに、局長手前あるいは課長手前になると突然民間から人が入ってくるというのでは、公務の組織の活力を維持できないからです。

 少々誤解があるようですが、諸外国でもこういう仕組みはほとんどありません。

 むしろ、大切なことは、多種多様な経験をした人が公務の世界にいるようにすることです。

 そこで、私の持論は、「45歳いちど定年制」と「官民交流の促進」です。

 国家公務員の皆さんには、45歳で全員一度退職、定年となってもらいます。その時点で、幹部になれる人材とそうでない人材を選抜する。なれる能力がある人には、「65歳の定年まで働ける。そのかわり、天下りはさせない」ことを伝える。

 幹部になる能力が不足している人材には、民間にでるか公務に残るかを選択させる。公務に残りたいという人には、「給料はかなり下がるがよいか」ということを確認する。逆に「それならば民間で頑張ってみる」という人には退職金とともに、1カ月程度の職業研修を付与する。

 要するに、45歳をひとつの基準として、年功序列の公務の世界に一つの楔を打ち込み、人材のセレクションをする。そして、公務員人件費の削減にも活用する。

 

 そして、この45歳をひとつの基準に、官と民の交流を積極化させる。公務員には、45歳までに最低1回2年、

民間での経験を義務付ける。同時に、民間で働いていたが、「将来は公務の世界で働きたい」という方には、45歳までに公務の世界にエントリーすることを前提とする。

 45歳までに、多様なバックグラウンドをもつ幹部候補者の人材プールをつくるということです。

 と、こんな話をしたら、あまりピンときていませんでしたね。でも、単なる役人たたきや人気とりでに、冷静な議論、公務員組織を強くするための議論、を公務員組織自身が率先してするときです。

この記事へのコメント

  • ♡うさぎさん♡さん 2010年4月17日 13:54

    なにやら誤植で意味がわかりません。

  • 元役人さん 2010年4月17日 14:09

    20代の元役人です。
    45歳いちど定年制、大賛成です。木原先生がおっしゃる点に加え、新しいチャレンジが可能だという点でも良い制度だと思います。
    今のままだと、たとえ次官になったとしても60近くになってしまいます。新しい分野にチャレンジするにしても、さすがに60近くだとなかなか難しい。この点が、天下りをする大きな動機になっています。
    この点、一番エネルギーがある40代で定年とすれば、たとえ天下りせずとも、辞めた後にいろいろな分野にチャレンジできるようになります。これは日本全体にとっても良いことだと思います。
    あまりピンときていない役人が多いのは残念ですが、役所だけにいると視野狭窄に陥りやすいので仕方ないかもしれません。
    この分野はやはり、政治家がしっかりリーダーシップを発揮する必要があると思います。
    より良い日本を作るため、がんばってください。影ながら、応援しています。
    私もがんばります。

  • 奥多摩最強プロさん 2010年4月17日 23:43

    賛成です。流石です!
    時代や経済のサイクルによっては、10年程度でも良いかも知れませんね。
    そうすれば誰しも常に危機感と責任感と集中力を持って仕事にあたるしかないですし、結果的には良い事ずくめになりそうです。それらによってこれからの日本の課題【適材適所】が上手くいきそうですし。
    この、各業界における【適材適所】が上手く確立すれば、毎年3万人以上の方々が亡くなられるような、日本の病巣も取り除けるかも知れません。
    ガンガンいきましょう!

  • 月下獨酌さん 2010年4月18日 00:00

    民間含めてやるべきです、ただ年齢には少々の意見がありますが(当方技術系)
    そもそも、派遣や非正規の人々が悲惨な事は仮に事実としても、現状の雇用制度が身分制という側面を持つから悲惨なのであって、雇用が努力では無く運で決まるのが現状です。
    人生の全てが運で左右されるのはどう考えてもおかしいはずなのですが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件