Go Top

前外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.04.18

子供手当てについて

今日は夕方小さなミニ集会。

 子供手当について、いろいろ意見がありました。

 私は、子ども手当自体には反対ではありません。今後の日本にとって少子化をどう食い止めるかが決定的に重要であるなか、子育てにかなりのお金がかかるのは事実だからです。だから、社会保障の中で、税金の使い道をほんのちょっと子育てに回すことは必要だと思うのです。

 それでも、中学3年生までの子どもがいる全ての家庭に一律2万6000円、現金で配るという政策には、やはり賛成できません。どこに問題があるか?

 第一に、一番大切な目的がはっきりしません。経済的支援、家庭支援なら、やはり所得制限があってしかるべきです。少子化対策であるなら、第1子、第2子、第3子、と差をつけずに一律2万6000円というのは理解できません。そもそも、どこの国でも、子ども手当のような現金給付には、第1子よりも第2子を多くするとか、第1子には支給せずに第2子から支給するとか、あるいはその逆など、さまざまな工夫がされています。全ての子どもに一律というのは日本だけといっていいと思い舞う。これが第二の理由。

 第三に、子育て支援策としては、保育園の増設や学童保育の充実など現物給付も大切で、よりバランスのとれた政策をとるべきです。

 第四に、何よりも、財源が決定的に足りていない。結果的に、子どものために使うといいながら、借金でまかなうために、将来その子どもたちが借金返済をしなければいけなくなる惧れが大です。

 

 そこで、子育て支援については、自民党として、以下のような政策を提示すべきだと思っています。

①子育て手当は、現金部分と現物部分(保育園、学童保育など)をバランスよく支給することとして、その規模は、消費税1%分に相当する2.5兆円程度とする。

②子育て手当のうち家庭に直接給付される現金部分は、月額1万3000円とし、年収800万円程度をめどに所得制限をつける。

③所得制限を付したことで生じる、約4000億円程度の余裕分を、市区町村に該当児童数などに応じて配分し、自治体の裁量によって待機児童解消、学童保育充実、幼児教育の無償化、学校の耐震化などの現物給付に自由に使えるようにする。

 こんな話をミニ集会で皆様とさせていただきました。

 皆様もご意見あらば・・・。

この記事へのコメント

  • すがはらさん 2010年4月18日 20:17

    私には対象となる子供が二人居ますが
    基本的に子ども手当には反対です 
    現制度は貰えない方への、不公平感が否めません
    現金で出すとしても
    現実にかかるお金は
    二人目以降は反比例しますので、段階的に下げて且つ人数に上限を設けるのが普通かと思います。
    政党として理想的なケース
     子供の人数は何人?
     何歳間隔?
    で自ずから決まると思います。
    その上で、
     不正受給への対応
     特殊なケース(極端な場合は別な方策や手当)
    を検討していただければと思います
     
    散々メディアで言われてますが
    ・外国籍の方への給付は止めて欲しいです
     在外子弟への給付は論外
    留学している日本人は所得制限で外れる方が多いと思いますが。

  • 奥多摩最強プロさん 2010年4月18日 20:17

    皆さまこんばんは。
    子供手当については、私にも2人の小学生がいるので【賛成】で、心情では頂ける物は頂きたい。
    ですが、私の生業の立場上、この北多摩の東京20区だけで考えても[約40万人の有権者]が居て、その約1割の[4万人]が【パチンコ】に遊興費を割いていると考えられもします。
    これらを鑑みてその使い道を想像しても、おそらくその何割かが【子供達】とは何ら関係の無い娯楽遊興費として消費されるのではないかと邪推してしまいます。
    ですから、その半分以上を【地域振興券】などで地域経済に循環させて欲しいし、そんな振興券の【デザイン】も重要だと考えます。
    何故なら、子供達が喜ぶような可愛い物なら、親の良心にも働き掛けられますしね。
    何にせよ、今の私達日本人は、【お金】が、生きている間だけ【国】から借り受けているというような根本的意識が欠如しています。
    ですから、その【使い道】自体の方向性をも【指導】しなければならないとも考えられます。

  • 所沢市民さん 2010年4月18日 20:55

    大反対です。
    米国新聞紙で「ルーピー鳩山」と書かれている総理大臣が「労働なき富は悪だ」と言っていましたが、まさにその通りだと思います。
    本当に子供の為に役立てるなら、保育所や幼稚園を作り、その運営を行い「子供を育てながら、働く親を支援する事」が大事だと思います。
    前者の方も書かれていますが、パチンコなどのギャンブルに手当を使う親は必ず出ます。
    そして、所得制限の無いバラマキは貧富の差を余計に広げるだけであることは火を見るより明らかであります。
    「うまい話には裏がある」
    日本人有権者はこの事をよく理解しなければならないでしょう。
    すでに民主党は平然と公約違反を連発し、嘘をついてきた事が明らかになっているのですから。

  • みちゅさん 2010年4月18日 23:28

    私は子ども手当てには絶対反対です
    今までの児童手当てで十分だと思います
    民主党の子ども手当ては金額も大きすぎるし何より所得制限も人数制限もない事がどうしても納得できません
    自分たちの経済状況も何も考えずに次々に成り行き任せに子どもを産む子沢山家庭の親が子ども手当てを喜んでる映像はすごく腹が立つし見ていて本当に不愉快です
    基本自分の子どもは自分の力で育てるべきだと思いませんか?
    もちろん私もそうしてきました
    今は児童手当ても私たちが子育てしてた頃より長い期間貰えるし子どもの医療費無料だって同じです
    そんな事は時代の流れだし仕方ないと思ってます
    でも子ども手当ては違います
    苦労してやっと子育てを終えた私たちはなんの恩恵もないどころか反対に負担増になるんですよね…
    本当に悲しくて泣きたくなります
    政治家の方たちにはもっと本気で庶民の暮らしを考えてもらいたいです
    選挙対策のバラマキなんて本当に許せません
    そう思ってる人がたくさんいます

  • まゆ犬さん 2010年4月19日 00:24

    共働きで小学生2人の母です。フルタイムで男性と同じように働き、当然保育園のお迎えなど時間に間に合う訳がなく、これまでシッター代を湯水のように使いなんとかやってきています。
    子供手当ての話は当初からネガティブ。保育園、学童問題はもとより小学校の給食費、トイレ洋式化、明らかに準備不足で始まる英語教育の指導者育成など、いくらでも手を入れなければならないことがあるのに、何故ばらまきが必要なのでしょうか?世帯ごとの状況を鑑み必要に応じて例えば授業料や教材費は申請により支払が完了するとか、最低限必要な洋服は利用店を限定するクーポン券で支払えるようにするとか、現金をばらまかずとも対応できるのでは?と常々疑問に感じています。
    国力の底上げには国をあげて教育に力を注ぐことが必須であり、ばらまいた現金全てが子供たちの教育に関わる何かに化けるのであれば、私も疑問を抱いたりしません。でもその現金をどのように使ったかなど誰もわからない。そんな程度の施策なら、時間をかけず、もう少し身の他の議論をしていただきたいです。

  • yosshiさん 2010年4月28日 12:26

    細かいことはよくわかりませんが
    教育うんぬんや建物の老朽化色々な問題も、良くなる見直しは当然だと思っているので
    その費用の計算の上で
    子供手当がでると
    思っているのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件