Go Top

前外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.04.18

高速道路値上げの衝撃

 明日からの会社の準備でちょっと遅くまでパソコンにむかっています。

 皆さん、さっそく「子供手当て」いろいろとコメントありがとうございます。

 バウチャー制度(商品券的仕組み)は、全くそのとおりだと思います。子育てに不可欠なものを指定して、それにしか使えないようにする・・・、あとは実務面でどこまで対応できるかだと思います。ただ、児童手当から一気に何倍にも支給額を増やすわけで、しかも税金ですから、適切に子供のために使われることを担保するのは当然のことですね。

 それから、支給対象の問題。たとえば、日本に国籍を持たない在日外国人労働者が母国に残してきた子供は支給対象なのに、日本人の両親が海外赴任中で国内の全寮制の学校に通う日本人の子供は支給対象にならない、など本来全く逆であるべき事態が放置されています。かなり巨額の給付です、しっかりと支給対象を日本国民に限定すべきですね。

 いずれにしても、所得制限、金額の抑制、保育園・学童保育の充実、などが基本路線だと思います。

 そうそう、今日のミニ集会でもう一つ出た話は、高速道路の値上げです。

 自民党政権下で景気対策の一環として、土日の上限1000円を筆頭に曜日や時間帯、車種に応じて様々な割引制度を実施していました。そのために、10年間で3兆円を投入することとしていました。

 この割引制度に対して、民主党は、「高速道路は無料化する」として、小手先だと批判していたはずです。そして、同時に、もう無駄な高速道路は作らないのだと・・・、脱コンクリートだと・・・。

 ところが、今回、民主党政権は、割引を一部やめて高速道路の値上げを実施し、それで浮いた財源をつかって、地方の2車線路線の4車線化やミッシングリンクの高速道路の建設を行う方向に舵をきったのです。

 

 これは、二つの意味で、マニフェストを破る驚くべき背信行為です。第一に、高速道路は無料化するといいながら現実には値上げを実施したこと。第二に、無駄な高速道路は作らないといって、現実に昨年秋には地方高速道路の拡幅事業を凍結したのに、突然この凍結を解除したこと。

 

 ゴールデンウィークに割引がなくなることに対して、少なくとも今日のミニ集会出席者の方は、怒ってましたね・・・。

 私は、もともと高速道路無料化には反対の立場です。地球環境対策とも相容れませんし、そもそも、日本の道路は将来の料金収入を担保に借金で作ったものですから・・・、突然無料というわけにはいきません。単に高速道路料金から税金に負担が移るだけで、受益者負担の観点からも是認できないからです。

 いずれにしても、方針転換について、もう少し明確な説明を国民にすべきですね・・・。

この記事へのコメント

  • とある市民さん 2010年4月19日 00:01

    記事とは違いますが、河野太郎氏のHPにあるA案とB案、これはどちらでしょうかね?普通に見ればA案でしょうが、これも問題点が何かあるのではありませんか?

  • 奥多摩最強プロさん 2010年4月19日 00:07

    遅くまでお疲れ様です。
    私も毎日深夜まで、今までの人生を日本に恩返しする為に、この北多摩を舞台にした小説を書く事に挑戦しています。
    その[子供でも楽しめる政治小説]の中でも、この道路交通や[流通]の問題を扱っているんですが、
    言葉は悪いですが、取り込み詐欺的な現政権下のマニフェストは論外として、短期的な対処の繰り返しでは何も解決しません。
    私達日本人が世界に類をみない超能力の[完遂力]を発揮出来る環境には、[到達点]の明確な設定が不可欠です。
    すなわち【政治的な展望】をもって、この停滞した[流通問題]を解決する知恵が必要です。
    ですから日本経済を停滞させるこの[流通]には革命的改革を【絶対】に行わなければならず、
    それが日本経済の根本的問題の[中間コスト]の徹底的な削減に繋がり、全てを本来の適正な物価まで押し下げる体質改善になると考えてます。
    [中間コスト]と[雇用]と[物価]の問題をバランス良く解決出来れば、デフレやその他の経済問題なんてドロンすると考えてます。
    長文で失礼致しましたが、木原先生には、誰よりも【大きな志と展望】を持った政治をして頂きたいです。

  • 所沢市民さん 2010年4月19日 00:15

    こういった、自民党にとってのチャンスである今。
    木原先生が街頭演説などで、有権者に訴える機会って無いんでしょうか?
    ミニ集会はとても良いことだと思います。
    地元で支えてくれる支援者とのコミュニケーションは大事なことですから。
    ただ、選挙になった時「あの時、木原さんは正しい事を言っていた」と思ってもらえる様に、一般の人に訴える時間を作った方が良いのかも知れません。
    このブログを見ている有権者の方も「なまごえ」を聞きたい事と思います。
    お仕事もお忙しいとは思いますが、どこかで一つ頑張ってみて下さい。

  • とある市民さん 2010年4月19日 21:04

     本日更新された、これもまたA案とB案。
    前回のA・Bとはまた違うものですが、これは木原氏の英国での経験や世界の常識以前の問題として。
     人間としてどちらの常識を選びますか?

  • From Canadaさん 2010年4月21日 00:44

    無責任がすぎるのではと思いました
    確かにマニフェストを全て、
    一語一句行うというのは難しい
    事なのだろうというのはわかりますが
    目玉でも高速道路の無料化というのを
    反故にするというのは。。。
    最近の動きに責任感が感じれません。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件