Go Top

前外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.04.20

経済こそ

本日は、党本部で、自民党東京都連の支部長・常任総務会議、その後、中川雅治参議院の選挙対策会議に出席。
7月の参議院選挙に向けて、選挙体制の構築も急ピッチで進められています。
そんな中で感じることは、組織の体制の建て直しと同時に、早く、自民党が参議院選挙で打ち出す政策を明確にしないといけないということ。
この点では、私は、もう「経済」しかないと思っています。もちろん、子育ても年金も医療も、あるいは農業も教育も大切ですが、今何よりも求められていることは、「経済」の復興です。
我が国は軍事や外交で食べていくという選択肢は基本的にないと思います。やはり「経済」です。
もちろん、我が国固有の「文化や伝統」あるいは自然と調和した暮らしぶりなどを世界に訴えていくことは考えられますが、しかし、これだけで国を成り立たせていくのはなかなか難しい。
やはり、我が国の一番の強みである「経済」を基本に据えて、これからの厳しい国際競争社会を生き延びていかないといけないんだと思います。
じゃ、どういう経済を目指すか。
①経済活動のメインプレーヤーである「企業」が活き活きと躍動できる社会。そのための法人税などの引下げ。
②活き活き活動した「企業」が、その活動の分配を適切に行う経済。そのために、雇用を拡大した企業に対する控除の仕組みの創設。
③「企業」を支える活力ある人材がどんどん育つ社会。特に、世界に飛び出して活躍できる人材の育成。そのための、公的海外留学プログラムの充実。
④企業活動の恩恵が、地域や中小零細企業まで及ぶ経済。そのための、「地
域・中小零細企業・購入法」の制定。
⑤企業、個人の活動をアジアに展開していくことができる経済。FTAや官民一体的なマーケティング体制の構築。
⑥企業、個人の努力を国や政府が台無しにしない民間主導の経済。そのための財政再建の推進。
とにかく経済に焦点をあてて、自民党らしい政策を打ち出していければと思っています。
もちろん、医療・介護の充実、バラマキではない現金・現物のバランスのとれた子育て支援、日本の伝統・文化の堅持などなど、国民に自民党の姿勢を示さなければならない点は多々あります。
「経済」を背骨におきながら、これらの点で肉付けできればいいのにな、と感じています。
どんなもんでしょうか?

この記事へのコメント

  • From Canadaさん 2010年4月20日 22:38

    ご無沙汰しております
    blogの再開、心よりお待ちしていました
    現時点の日本の状況。。。
    大風呂敷を広げ、閉じる事すらせずに
    丸投げな態度。。。
    今こそ、自民党の再建を心より願います
    野党としての自民党の動きが
    これからの日本の舵取りになっていくと
    信じています
    経済という点、非常にわかりやすいのではないでしょうか?カナダという国は、国土の割に人口が少なく経済は、観光業、輸出に頼っている部分があります。そうなると、非常に雇用状況も不安定であり、失業率が普段から高い国です
    そんな国で就職活動をして思う事は、日本の経済が停滞してしてまえば、日本もまた失業率の高いに国になってしまうのではないかと思います。(資源が乏しい国では、資源の切り売りもできないからです)
    だからこそ、今一度、日本の経済の復興をかかげ、自民党さんには頑張ってほしいと思っています。
    僭越ながら、長文を投稿させていただきました

  • 奥多摩最強プロさん 2010年4月20日 22:53

    木原先生、皆さまこんばんは。
    経済改革への政策は良いですね!お得意の分野だと思いますので、存分に能力を発揮して頂きたいです。
    ですが、日本の【官僚制度】にも【大賛成】な私として、恐れ多いですが先生には3点の視点を付け加えて頂きたいです。
    一つ目は、ご自分が【総理大臣】である立場としての策。二つ目は【官僚的】な立場からの迅速で現実的な具体策。三つ目は【弱者】や【犯罪者】の立場に立った時の対応策。
    今や国家の血液である日本経済の至る所で血栓が見つかる危機的状況ですが、それらの本質は、【人】と【物】と【心】の流れが停滞している事が原因だと考えられ、【郵政問題】や【高速道路問題】にしても、【流通・物流】の革命的改革しかないと考えています。
    幸運にも私達の国土は狭いので、【スーパー流通パイプライン】の整備を【国】がするだけで、日本経済のコストが下がり、延いては物価が下がり国民の経済的体力が上がると考えます。
    例えば直ぐにでも想像出来る代替案が【新幹線】の【深夜貨物】などです。
    そして、それと同時に進行させなければいけないのが日本全土の【IT化】です。
    このような良い社会基盤の為の一時的な国債発行や【消費税】の増税は、必ず民意を得られます。
    そして、【伝統・文化】などというものは粛々と受け継がれるものですから、先ずは経済改革を優先的に扱うべきです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件