Go Top

前外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.06.03

鳩山総理辞任② ~ 冗談じゃない

冗談じゃない

鳩山総理が両院議員総会で辞任を表明した時点では、会社で仕事をしていましたので、鳩山総理の会見を聞くことはできませんでした。

先ほど地元での会合を終えて家に戻って、ようやく、マスコミで感動的だった、立派だったと評価する鳩山総理の演説を聞くことができました。

正直「冗談じゃない」と感じました。

全部他人のせいじゃないか・・・。「国民が聞く耳を持たなくなった」。「政治とカネの問題に民主党の代表が巻き込まれた」。何をいっているのか。全て自分の行動のせいです。秘書のせいではありませんし、誰のせいでもありません。率直にそう申し上げるしかありません。

常々申し上げているように、私は、自分が落選したことは今でも悔しいと思いますが、政権交代そのものは必然だったし、肯定的にとらえてきました。政権交代の国・英国で過ごしてきた自分としては、「政権交代」がある政治は、それがない政治よりよっぽどよいと思ってきましたから・・・。

しかし、そんな私でも、この政権のいい加減さには、怒りを覚えてきました。それが、最後の最後まで、すべて他人のせいとは!!

そして、もう一言。菅副大臣が代表選挙に立候補表明されました。他党のこtですし、それはそれでよいことだと思いますが・・・。一つ言えることは、自民党であれば、一度党首をした人間が再び党首に戻ることはないということです。色々批判はありますが、自民党は常に新陳代謝を繰り返してきました。敢えて申し上げます。菅さんが代表になるのは何度目ですか?

これこそ「たらい回し」じゃないですか・・・。

ついでにもう一言。自民党は解散・総選挙を経ずに3度総理を変えました。これは大変な問題で、ご批判をいただいているとおりです。真摯に反省しなければなりません。

それでも、一つ言えることは、安倍・福田・麻生の3総理の方が鳩山総理より、よほど厳しい状況に置かれていたということです。参議院で過半数を割っていたからです。だからこそ、安倍さんも福田さんも、参議院で法案通過がにっちもさっちもいかずに、行き詰ったわけです。

しかし、鳩山政権は、衆参両院で過半数を持っているのです。本来なら、政権運営に何ら支障はないはずなのに、自らの失政でこの事態にお追い込まれたことは、是非、真摯に受け止めていただきたいと思います。

更にもう一言。今回のダブル辞任を受けて、我が自民党の執行部の人間が、テレビの前で、「自民党にとって厳しい状況になった。鳩山総理が辞任するとは、見通しが甘かった」と発言していましたが・・・、冗談じゃない・・・、自民党にとって厳しい状況になんてなっていませんよ、むしろ自民党がしっかりするときじゃないですか。

戦わなければ!!

この記事へのコメント

  • オムモ太郎さん 2010年6月3日 01:41

    自民党も変わる姿勢は、見せてますね。反対姿勢ばかりの野党として。これでは、参議院選挙組織票を持たない新人には厳しいでしょう。谷垣さんは、民主を割り、自民と連立するくらいのことは、考えないのでしょうか?無党派は、みんなに流れ込むのでは、無いのでしょうか?批判ばかりでは、なく強調して、、割らすことが本当の意味での憂国の保守連立になります。社会党と組むとめたくそになるのは、三回目。もううんざりです。
    護憲政党は聞こえがいいが、北のお友達には、
    米国は、イヤなんでしょう。道は、険しいですが、
    頑張ってください。

  • キャンディさん 2010年6月3日 01:52

    頑張って下さい!
    応援しております!

  • こういちさん 2010年6月3日 02:27

    木原さんみたいな政治家が奮起して、自民党に活気と出来ることならもっともっと自浄して欲しいです!
    個人的には、谷垣さんはキャラクター的には地味な部類に入るかもしれませんが、以前有楽町でお会いした時に、真面目でこの人なら大丈夫かもって思いました。
    とりあえず、現政権に一刻も早く終止符を打ち、安心して暮らせる日本になる事を願ってます。
    もちろん、木原さんが出馬の際は支持しますから!!
    頑張ってください!!

  • (社)日本学生会議所さん 2010年6月3日 02:41

    「感動的な」演説と聞いていたのですが、他人事なのは残念です。それに比べ、昨年の衆議院解散時の麻生首相の国民に向けたお話は、混乱を自らの責任とするもので誠意がよく伝わってきたものです。
    今後も民主党は「政権交代を成果を出すまで」政権維持に躍起ですが、一日も早い足腰の強い自民党の復活を期待しています!
    前山

  • SOさん 2010年6月3日 03:01

    そうですね、「鳩山さんが総理のままが良かった」なんてコメントも出てるようですが、こんなコメントをしてるようでは「自民党も結局は選挙に勝つのが目的か」と思われるだけです。
    どうもそういったところが迂闊な印象です。
    しかし、鳩山・小沢・管・岡田・前原以外に人材(能力は別として)はいないんですかね・・・。何かの記事に「これ以上は逆さに振っても出てこないという意味で、オールスター内閣だ」と書いてありましたがその通りだと思います。

  • Mさん 2010年6月3日 16:44

    消費税10%なんて、自民党は選挙で勝つ気があるのかと考えてしまう。
    耐えがたいインフレになるまで消費税は上げる必要ないんだから、そういう選挙運動をすればいいものを。
    わたしだったら、党を上げて『アナタは官僚やメディアにだまされている。日本は財政破綻の危機になんかない!』と分かりやすい解説をすればいいものを。
    これを民主党に先にやられたら、自民党はおしまいだというのに。

  • 一般人ですが、さん 2010年6月3日 19:21

    今の選挙システム自体にも無理があるのではないでしょうか…?
    民主党も自民党その他の政党も皆、選挙に勝つ事ばかりで、平和を政策に掲げながら、大の大人がけなしあっている姿はなんだか見苦しいです。
    近年の総理がことごとく長く続かないのは(もちろんご本人の資質もあるかと思いますが)もっと根本的な部分に問題がある気がしています。
    木原先生の1日も早い議員復帰を期待しています。

  • とうやさん 2010年6月3日 22:00

    たしかに自民党の中にも甘い人はいて過去にも失言騒ぎ等ありましたが、その都度国民の声を聞いた党内からの厳しい非難で辞職に追われる議員はいました。内紛と取り沙汰されるくらいに。鳩山の会見は彼の行状を知っていれば虚飾にまみれた内容ですが、それを絶賛する民主党の議員らはかなりおかしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件