Go Top

前外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.06.29

軍縮と貧困削減

今日は1630~受け持っている大正大学の講座で授業をしてきました。

今日のテーマは国際政治の現状。北朝鮮問題やイランの核開発疑惑などの時事的課題はもちろんのこと、特に貧困削減・アフリカ問題について、学生の皆さんにお話しさせていただきました。

どうしてかといえば、世界中がこれだけ豊かになっているのに、依然として、一日100ドル以下で暮らす最貧困層はアフリカを中心として、億人の単位で存在するからです。

こうした状況に対して、世界各国はODAの増加に取組んでいますが、日本だけは、厳しい財政状況の中でODAが減少しています。正に国際社会に対する責任を十分に果たせない状況にあるということです。

そんな中で日本が独自にできることは何か。砂漠でも育つ小麦やコメの開発普及などはもちろんですが、唯一の被爆国として地球規模での軍縮をリードすることは、日本ができる最大の国際貢献ではないかと思います。

なぜならば、世界中の貧困削減は、140兆円に及ぶ世界中の軍事費を1割削減できれば実現できるからです。


私自身、財務省時代には、国際局でODAを担当したことがあります。

そのときの経験などを交えながら話をさせていただきましたが、どんな風に感じてくれたかな?

来週の授業で聞いてみたいと思います。



この記事へのコメント

  • ぱぱっそさん 2010年6月30日 22:45

    戦争は憎しみだけを生み破壊しか残せません。
    軍事力が自国の安全を保証するという今の
    考えから脱却しその費用の一部でも貧困国へ
    援助出来れば救える人がたくさんいることを
    考えるべきだと思います。
    日本も自国の利益だけを考えるのではなく
    お金だけではなく技術やインフラ整備等
    やるべきだと思います。
    困っている人を助ける当たり前のことを
    もっとやるべきではないでしょうか。
    援助で助かった人の中に将来世界に大きく
    貢献する人がいるかもしれません。
    お金で死んだ人を生き変えさせる事は
    出来ませんしかし死なずに済む人を
    作ることは出来ます。

  • ジャックさん 2010年6月30日 22:56

    今世界が深刻な状況だと言う事も分かっている。その深刻な状況を打ち破って変えなければならない。僕ら若者の力も必要になってくる。政治家の力も必要だ。だから政治家が国民に一生縣命に訴え続けてください。国民のも政治家の熱い熱意が伝わってきっと分かってくれるだろう。だから頑張って無私の心で働いてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件