Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.07.10

市民運動

昨晩は最終の個人演説会。260人の会場に400人近い方が集まってくださり、外のモニターで参加していただきました。

演説会が進むなかで思ったこと。「市民運動」て何だろう。

考えてみれば、菅総理は「市民運動出身」、「市民政治家」と自分のことを称しているが、「市民運動」っていったいなんなんだろう。学問的には、それこそ菅総理の地元・武蔵野市で展開されていた、ごみ焼却場問題とか、ストリップ劇場問題などに対する市民活動のうねりが典型的なものだったりするわけですが・・・。

昨晩集まっていただいた皆さんは、どなたも「市民」。

それも、多くの方は、それぞれの地域で、自治会活動、交通安全・防犯活動、学校パトロール活動、保護司活動、子ども祭りの主催などなど、とにかく多方面で活動されている人ばかりだ。それこそ日々、待をよくしていくための「市民運動」を実施している方々だ。

こういう人たちの想いを受け止めていくことこそ、本当の政治ではないのか・・・。

この想いをしっかり11日につなげ、必ず勝利する、決意を新たにしました。

そうそう、昨日ゲストで来てくれた、盟友の平将明議員の演説は素晴らしかった。

この記事へのコメント

  • アンブレラさん 2010年7月10日 23:55

    木原さんの感性には共感します。
    私も同じことを考えていました。
    よく政治家は「みなさんの声を政治に届けます」というけど、あれは、なんなのだろうか。
    声とはなにか。
    大きい声、小さい声、かすれた声、響く声、色々あります。
    声は、どのように政治に反映するのでしょうか
    声がうむ混乱もありますよね。
    市民運動の「市民」って一体誰のことなのでしょうか?
    政治家はしっかりとしたビジョンを持ち、市民をミスリードすることなく、
    誠意ある説明をしながら、様々な声、様々な市民に、一つの方向性を見せてほしいなと思います。
    そういう信頼関係ができた政治をしてほしいと思います。
    ビジョンや信念のない大衆迎合の政治家には「みなさまの声を」なんて言ってほしくないですね。
    菅さんは、マスコミや支持率に左右され、すぐ発言を翻すので、信頼はできません。

  • アンブレラさん 2010年7月10日 23:55

    木原さんの感性には共感します。
    私も同じことを考えていました。
    よく政治家は「みなさんの声を政治に届けます」というけど、あれは、なんなのだろうか。
    声とはなにか。
    大きい声、小さい声、かすれた声、響く声、色々あります。
    声は、どのように政治に反映するのでしょうか
    声がうむ混乱もありますよね。
    市民運動の「市民」って一体誰のことなのでしょうか?
    政治家はしっかりとしたビジョンを持ち、市民をミスリードすることなく、
    誠意ある説明をしながら、様々な声、様々な市民に、一つの方向性を見せてほしいなと思います。
    そういう信頼関係ができた政治をしてほしいと思います。
    ビジョンや信念のない大衆迎合の政治家には「みなさまの声を」なんて言ってほしくないですね。
    菅さんは、マスコミや支持率に左右され、すぐ発言を翻すので、信頼はできません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件