Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.07.10

谷垣総裁と消費税

ある党員の方から、やはり谷垣総裁の消費税増税には賛成できないとのメールをいただきました。

以下、答えになるか分かりませんが・・・。

私は、国や政府は、弱い立場の人のためにこそあると思っています。そして、国や政府が倒れて誰が一番困るのか、自力で海外脱出のできない、自力で僅かな資産を防衛できない、弱い立場の人たちです。

問題は、その大切な国や政府自身は、自ら利益を生みださないということです。

国家はどこまでいっても、民間の個人や会社の皆さんが創意工夫と日々の努力のなかから生み出していただいた所得や利益の一部をいただいて、活動をするだけです(本質的に「大きな政府」は維持不可能なのです)。

だから、国家や政府が、弱い立場の人のために何かをしたいと思うときは、先ず、民間に元気になってもらうしかありません。

私も、疲弊する庶民の生活、荒廃する社会を肌身で感じながら、現在、民間の会社でサラリーマンとして働き、今こそ国家が、政府がしっかりしなければならないと確信します。

今こそ、たとえ借金をしたとしても、景気対策、雇用対策、成長戦略に全力を挙げるときです。ところが、民主党は、その点についてまったく不真面目で、選挙対策用にバラマクことだけに一生懸命です。


そして、あろうことか、景気に・成長に何の効果もないバラマキの財源として消費税の引上げを言い出す始末です。無駄削減で20兆円と言っていたのはどうしたのか!!怒りすら覚えます。

だから、我々は、我が党は、経済成長のための政策を徹底してやります。

しかし、その先にどうしても消費税の引上げを見据えざるを得ません。国家が倒れて一番困るのは、弱い立場の人たちだからです。国家が倒れる可能性は現実に目の前に迫っています。

短期的に景気対策、雇用対策に全力を挙げたのちは、その成果を常態化させ、国家の安定のために消費税を考えなければなりません。

また、経済的にいっても、短期的に上向いた経済を長期的な安定軌道に乗せるためには、「将来年金がもらえないんじゃないか、将来国が破綻するんじゃないか」、そんな国民の不安を解消しなければなりません。そのためにも、消費税を考えなければなりません。

みんなの党は、景気対策、雇用対策、経済成長の必要性という点で我々と共通しています。行財政改革や医療・介護の重視といった点でも、ほとんど私の政策は、みんなの党と変わるところはありません。

しかし、残念なことに、その先の長期的な国の財政については、現時点では、必ずしも責任ある立場を示していません。

その前にやることがあるだろう、公務員制度改革、無駄撲滅、議員定数削減、そう言って本質の議論に入ろうとしません。

おっしゃるとおりです。先ず隗より始めよ。

公務員制度改革、無駄撲滅、議員定数削減は大切なことで、私自身、みんなの党の誰よりも、公務員制度改革、無駄撲滅に取り組んできたと自負しています。しかし、これらの問題は、増税しようがしまいが、やらなければならないことであって、これらの課題を盾にして、本質の問題を避けることは、決して日本にとってよいことではありません。



経済成長、景気回復と中長期的な財政の安定の二つがあって、初めてこの国は安定します。車がアクセルとブレーキがあって動くのと同じではないでしょうか。ブレーキがなくても、アクセルを強めたり緩めたりすれば、車を安定的に運転できるというのは、幻想でしかないのではないでしょうか。

いずれにしても、万が一、谷垣総裁が、「増税のための増税」論者にすぎなかった場合、成長戦略などおかまいなしに、ただただ「増税のための増税」を推し進めるだけだった場合、公務員制度改革も議員定数削減も無駄撲滅にも全力を上げない場合、我々が責任をもって行動します。

しかし、その心配はないと思います。派手さはなくとも、谷垣さん、実に冷静に日本に必要なことを考えてきていますから・・・。

この記事へのコメント

  • じゅんだいさん 2010年7月10日 15:29

    20代男です。
    『未来のために』といろんなところで聞きますが、『僕たちの今』はどうなるのでしょうか?
    エコとか財政とか僕らより上の世代が好き勝手やってそのツケを払わされている気がします。
    なのに、僕たちは『未来の子供たち』のために我慢しなけりゃいけないのでしょうか?
    未来の子供を産み育てるのは僕たちなので、今子供を安心して産めるような環境にしてほしいです。
    払うお金が増えれば長期的にはいいかもしれないけど、子供を作りたいと思えません。

  • 所沢市民さん 2010年7月10日 23:40

    消費税増税は仕方のない事だと思っています。
    それは、我々が自ら招いた「少子高齢化社会」のツケに対処する為、やむを得ない事だと、理解できるからです。
    先の見えない不安な社会、中国の肥大化、(麻生元総理のおっしゃられていた)不安定の弧の拡大・・・、これからの子供達に我々が何を残していけるか、日本人は真面目に考えるべきですよね。
    目先の利益など、自分達の損得では無く、先の事を見据える事ができる、そんな立派な谷垣総裁率いる自由民主党を断固支持します。
    明日の投票、自民党復活の狼煙の日になることを切に願います。

  • アンブレラさん 2010年7月10日 23:42

    選挙活動、お疲れ様でした。
    消費税のことは私も民間人として非常に心配でした。
    必要性もわからなくはない…
    でも、やっぱり、きつい…
    景気はどうなるんだろうか…
    会社はやっていけるのだろうか。
    そういう感覚でした。
    木原さんの説明で、納得いきました。
    ぜひ、税金を使い方をしっかりと正し、選挙のためのバラマキなどに消えていくことのないよう、頑張ってほしいです。
    巡り巡って、自分たちに還元し、この国がよくなればいいのですから。
    よく、自民党政治がこんな日本にした、とかいう方がいますが、
    自民党には功罪あると思います。
    罪の部分はしっかり総括し、功の部分は胸を張って、政局に踊らされることのない、信頼できる政治活動をしてほしいと思います。
    新しい保守政党としての自民党に期待をしています。

  • ムサシさん 2010年7月11日 15:51

    バラマキをして喜んでいたのは、自民党も同じ。
    消費税は、数にものをいわせて強引に導入したのは自民党。
    いわば、自民党の横暴のつけが今に回って来てるのでは?
    民主党の対策は正しいとは言えないが、民主党ばかり攻めることは出来ない。

  • さん 2010年7月11日 23:06

     確かに消費増税を含め税制は、何れ経済の軌道が乗り、安心できるものとなった時、するべき大切な課題だと言うのは正しい事だと思います。
     それに対しては同じ考えです。
     問題は生活の現実を無視した増税論。
    国民感情にNOと言う選択をもたらしたのが、6割程度の投票率であり、先の衆院選のような大逆転の波には繋がらなかったのではないでしょうか。
     
     民主の敗戦はやはり政治のブレもありますが、菅総理の増税発言が蹉跌でしょうし、それと同じく自民も消費増税を発していた事により、「自民も民主も変わらない」というイメージを持たれてしまったのだと思えます。
     今はまだ開票途中ですが、自民、民主の逆転で慢心し、この選挙を勝利したと勘違いする気持ちがあれば、それは自民の緩みであり慢心だという事ではないだろうか。
     それでは、この先に与党へ返り咲く事があっても、不安と不満は払拭しきれないと思えます。
     やはり、自民も民主も同じだと言うイメージだけは、誰にも持たれてはいけないのです。
     
     また、ここに自民圧勝で無ければ政権返り咲きは難しい選挙であり、谷垣氏の、「理由はあっても増税論」が得票に影響を及ぼした自覚を持たなければならないと感じます。
     不況という現実に打ちのめされた、有権者に対する配慮と信頼を得る事を発信しなければ、「何やってるんだ自民」と言うイメージしか持つ事ができないのは事実だと思われます。
     これでは勝利に見えても、その実は敗北と何ら変わりは無い。 取りこぼしの許されないのが、今回の選挙ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件