Go Top

前外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.07.13

参議院選挙を終えて

7月11日、参議院選挙が終わりました。
結果は政権与党の敗北、野党の勝利。応援していた中川雅治さんも当選させていただきました。
与党敗北の主な要因は、①マニフェスト破りを繰り返した民主党の自爆テロと②唐突な消費税引上げ議論、にありました。
いわば敵失、オウンゴール。
敵失に乗じて、自民党は地方、特に一人区で、いったんは民主党に流れた旧来の支持層が回帰して圧勝しました。
しかし、都市部では民主党離反層の受け皿になりきれず、みんなの党にその多くが流れこみました。
その結果、比例票の減少は続き、党勢の長期的な衰退傾向には歯止めがかかっていません。
いわば、一票の格差に助けられての勝利と言えます。
その意味で、自民党内の都市政党としての要素と地方政党としての要素の対立という、永遠の命題は依然として解消されていません。今回の勝利を踏まえて、今一度、党内の政策論争を活発化していくときです。
さて、自公時代と異なり、民主党は衆議院での再議決に必要な3分の2も持たないことから、まさに本格的な衆参のねじれ状況が出現することとなります。
理論的には、予算以外は、法律は一本たりとも成立しない状況です。
しかし、財政再建、成長力の回復、社会保障の安定化、少子化対策などなど、我が国が抱える課題は政治の足踏みを許さないものばかり。そして、選挙戦を通じて、各党の政策的違いも大きくはないことも明らかになっています。
「3分の2で再議決してもらえばいいや」という逃げ道のない本格的なねじれ状況の前に、自民党も是々非々で国家国民のために何が大切かを第一に行動していくときです。少なくとも、野党だから全部反対でいいや、という姿勢は国民にNoを突き付けられると覚悟しておく必要があるように思います。
そして、政策的違いが見えにくいなかで、今こそ、参議院の廃止、一票の格差是正、議員定数削減、新たな公務員制度作りなど、強い政府作りのための政策を各党が競い合うときだと感じます。
いずれにしても、これからが正念場です。

この記事へのコメント

  • 所沢さん 2010年7月13日 14:30

    【勝って兜の緒を締めよ】なんて言葉がある通り。
    やっと走り始めた感じですよね。
    これからの国会が正念場です。
    外国人団体からの支援を受けている民主党の売国法案を阻止し、誇りある日本を取り戻しましょう。

  • 元青年さん 2010年7月14日 10:25

    今回の選挙でも自民党東村山支部は何んの協力をしたのでしょうか?末端の党員には電話連絡も来ません。木原君が中川さんのチラシを配ってたのは見ましが。演説の動員も、街頭演説の連絡もありません。で、誰を応援すればいいのでしょうか?なんの為に東海さんは出馬したんでしょうか?
    まぁ、国会がねじれただけ良しとしますが、元千葉大臣の再任だけは党員としては断固反対です。選挙、民意を冒涜してます。竹中さんの民間起用とは違い過ぎます。
    ぜひとも早急に不信任を自民党から出してもらって下さい。
    自民党員は東村山に何人いるのかなぁ・・・

  • 尾方さん 2010年7月14日 17:29

    国民は今回の参議院選挙においてよいバランス感覚を示したと思います。
    ガンコ親父に少し反抗し、家出をしていた子供たちが少し戻ってきたに過ぎません。しかし戻りきれない子供たちは“みんな”というおじさんの家に寄留しています。
    負けたという政党がありますから、自民党は勝ったのでしょうが、敵失でなく、国民の進むべき道、国家の形を具体的に示し、賛同を得たのではないように感じていますがいかがでしょうか。
    木原さん主張されるような、香り高い理想を掲げて、本格保守党を作ってくださるように期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件