Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.07.25

山林の崩壊 & 2兆円特別枠

昨晩は、盆踊り会場をはしご。

何会場お邪魔したでしょうか、9会場ぐらいだっかな?

一つの会場で、話かけて下さった方の話が面白かったですね。

「木原くん、地方の山が荒れ放題で、土砂崩れが大変なんだよ。もう民間の手ではどうにもならないよ。国が自ら山の整備にあたらないと、日本列島は大変なことになる。」

そうなんですね、地方の山が荒れています。私の田舎の山梨・下部の家の裏山も荒れ放題。間伐もしていないから、木は太く立派に育たず・・・。

その結果、保水作用も小さくなってしまっているのが実態です。

さて、どんなことができるか?

失業率が高止まりしているときですから、国費を投じて人を雇入れて、山林整備にあたる。スギ花粉症がこれだけ広がっている状況ですから、同時に花粉症対策をする。

ちょっと考えて、提言していきたいと思います。

ところで、来年度予算について、民主党から政府に対し、2兆円の特別枠の要望があったとのこと。この2兆円の特別枠は、マニフェスト実現のために使うということのようです。

前回も書きましたが、ここにも数字のマジックがありますね。

2兆円に人々の目を集中させる、再びマニフェストの実現に目を集中させる。でも、実態は、2兆円特別枠を作れば、別のところで2兆円あきらめることになる。そちらの方の2兆円は世論に見つからないよう、目立たないようこっそり落としていく。


もう少し分かりやすくいうと、本年度予算でも、高等学校無償化の実現の裏で、学校の耐震化予算などが、しっかりとした議論もされずに大幅に減額されているわけです。

同様のことが2兆円枠というより大きな規模で起こりかねない。

ちょっと2兆円には注意していきたいと思います。

この記事へのコメント

  • くにちゃんさん 2010年7月25日 16:26

    私は山梨の木原さんの田舎に近い所に住んでいますが、確かに最近早川町、旧鰍沢町などでは山崩れが頻発しています。早川町では生活者が道路が交通止めになった為、ボートでの通学、通勤となったようです。確かに地方のインフラはガタガタです。現政権は「コンクリートから人へ」のスローガンを上げていますので、こういった現実があっても、何の対策立てないでしょう。九州、中国地方での土石流の災害は、地方ではいつどこで起きても不思議ではありません。

  • 所沢さん 2010年7月25日 23:39

    やはり、我々、関東に済む人間は、テレビ・新聞以外の情報媒体、口コミ・インターネットなどが普及している分、民主党政権の嘘を直ぐに見抜けます。
    しかし、地方に行けば行くほど情報量は限定され、民主党に都合の悪い情報は断絶されてしまいます。その結果が、日教組の悪玉「輿石東」の当選ではないでしょうか。
    地方出身の議員が、頑張って(その地域の)地元議員と共に、民主党の悪政を知らしめる事が大事かと思います。
    いまのままでは、テレビを見たって「洪水かぁ、大変だなぁ」位にしか感じません。
    『日本列島は日本人だけのものじゃない」と、大馬鹿な発言をした『脱税犯・鳩山由紀夫』が言っていた通り、このままでは、破壊された日本列島が中国人にカネで乗っ取られてしまう気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件