Go Top

前外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.07.26

白鵬関の涙

横綱・白鵬関の涙、ぐっと伝わってくるものがありました。
日々全力で稽古をし、15日間目いっぱい戦って、賜杯なしの現実・・・。男のプライドというか、命がけで全力投球している男のどこにもぶつけられない悔しさというか・・・。
もし、残念なことがあるとすれば、この涙が日本人力士から出てこなかったこと・・・。でも、ま、日本人であるかどうかは、この際あまり関係ないかもしれません。
とにかく闘う男の美学を感じました。
ほとんどの力士の方は、同じように真面目に努力されているんだと思います。
そもそも今回の問題は、現場の力士というより、江戸時代から、いや相撲が宮中行事と既になっていた奈良・平安の時代から、さらにはもっと前、古の時代から続く相撲の歴史に由来するものなのかもしれないと感じます。
大企業スポンサーが、それぞれ球団やクラブを抱える野球やサッカーのような現代スポーツでなく、部屋という独立組織、家族組織の中で切磋琢磨していく相撲界。チケット販売もそういう地縁、血縁といったなかから捌かれていく、そんな伝統。
現代にふさわしいクリーンな体質になっていく、少なくとも反社会的勢力と決別していくという重大な目的達成に向けて、是非、現場の力士にしわ寄せが行かないよう、さらにさらに知恵を絞ることが必要だと感じた白鵬関の涙でした。

この記事へのコメント

  • まいさん 2010年7月27日 12:17

    木原さんの美学も
    聞いてみたいです^^

  • ムサシさん 2010年7月27日 18:49

    大相撲と暴力団の関係は昔からあったのに・・・。それを思うと今回の事件がどれだけ大きかったか?実感出来ます。
    白鳳関の涙は、大相撲を日本の国技として認めてたうえでの涙。政治家にもこのプライドは見習って欲しい。

  • オムモ太郎さん 2010年7月29日 01:04

    横綱の意地ですかね、ただ、悪しきは協会だと思います。時津風問題から協会が変わらない、
    だから力士も変わらない、そこらあたり日本の甘さが出ています
    夢を売るスポーツなのは変わりないし、これで力士、協会が変わらないのであれば終わりです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件