Go Top

前外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.08.10

靖国

One outはまだ三振ではありませんよ、頑張れ、というコメントをいただきました。 ありがたいことです。もちろん、一回ダメだったぐらいで、ダラダラするつもりは毛頭ありません。勇気づけられます。
さてさて、8月15日が近づいてきました・・・。大叔父二人を含め、英霊の御霊と靖国でお会いする日でもあります。
この時期が近づいてくると、いつも胸がキリキリと痛くなります。 祖国のため、家族のため、郷里のため、一身を捧げて散った数々の命。にもかかわらず、祖国のリーダーたる首相は、靖国に参拝しない。
もし外国に気兼ねしているのだとすれば、それは変な話です。
戦争に本来、善も悪もなく、あるのは勝ち負け。負けたからといって、勝った側に気がねして英霊を放置していいわけがない。
百歩譲って戦争に勝ち負け以外で判断される善悪があるとしても、その善悪は、命を捧げた個々の英霊に帰すべきものではないはず。
更に百歩譲って、個々の英霊ではなく、戦争に突き進んだ、あるいは戦争を早めに終結できなかった当時のリーダーに善悪が帰すとすれば、そのことについて、国内でもっと議論、総括がなされるべきです。少なくとも、その他大勢、無数の英霊の御霊を放置する理由にはならない。
何の議論もなく、就任当初から「靖国には参拝しない」と明言した菅総理に、是非ご存念を伺いたいと思います。

この記事へのコメント

  • 吉田明彦さん 2010年8月10日 13:26

    菅談話 強行されましたね。
    ​与野党から反対の声が多数にも拘わらず 議論 されていない、国民の声も無視して強行されました!
    菅談話無効論を訴えるしかありません。

  • とうやさん 2010年8月10日 13:46

    小泉元首相以外の自民党歴代首相も参拝してないですから菅だけを責める訳にはいきません。それでも自民党の閣僚は自由意志で参拝を決めていたとは思いますが。
    しかし日本人を拉致した朝鮮人テロリストを解放し、何人もの日本人を殺した朝鮮テロリストを日本の税金で接待し、反日教育の朝鮮学校を支援し、何よりも先に韓国に謝罪、日本の財産を韓国に与える。
    菅政権の敵は日本人なんでしょうね。日本の英霊に対する感謝の気持ちはこれっぽっちももってないと言うことはよくわかりました。

  • yuさん 2010年8月10日 13:58

    数年前に、小泉氏が靖国参拝をしてマスコミに
    叩かれていたのを思い出しますね。
    小泉氏は正しい判断をしたにすぎない。
    恥ずかしながらあの当時はマスメディアの報道
    が正しいと思っていました・・・。
    日本は国交も勿論大切ですが、先祖を敬う
    気持ちも国民として大切。それをしっかり
    理解してもらう必要が有りますよね。
    ただ、小泉さん・・・・・、ブッシュ氏の前での
    お調子物パフォーマンス、ああいうのを見ると
    日本はアメリカのご機嫌取りの犬なのか?
    とちょっと尊敬できなくなる。
    ああいった、ふにゃふにゃしたご機嫌の取り方
    ではなく、日本は日本らしく尊敬されるおもてなし
    のしかたを身に付けて欲しいですね。
    世界に出る要人には最低でも。
    日本の武道でもある合気道などの技を一つでも
    身に付けて教えてあげれば良いのに。
    日本の武道という知識+護身術、一石二鳥ですが。(笑)エルビスの真似よりも1000倍尊敬
    されるでしょうし、話題にもなり、日本のアピールにもなりますよね。あ、一石3鳥だ。
    木原さんはバッシングの多い議員を反面教師にして、いい部分だけいろんな政治家から学んで下さいね。

  • さん 2010年8月10日 16:25

    韓さんなの?ってちょっと思った今日この頃。

  • 埼玉県民さん 2010年8月10日 17:15

    靖国神社を参拝するのは日本人としてふつうのコト。
    シナ人や半島人にとやかく言われる筋合いはないと思います。

  • MIMIさん 2010年8月10日 21:11

    意外と日本人、知りませんよね。
    一体、日本人の何パーセントがこのことを
    知っているのでしょうか?
    GHQは当初彼のコメントを隠蔽したようですが、
    パール判事は日本にも訪れ、広島の
    「もう過ちは繰り返しません。」という記念碑を
    見て激怒したとか?
    「過ちを繰り返さないと宣言すべきはアメリカだ」と。そして、言葉を書き換えさせたそうです。
    また、戦争も日本はひきずりこまれ、同情の
    余地ありだったようです。
    となると、そもそも、東京裁判は出来レース?
    冤罪など無かったのでしょうか?
    自民党はどうしてパール判事の日本無罪論を
    もっと大々的に昔から主張、また、日本人の
    教育に取り入れてこなかったのでしょうか?
    状況は今とは変わっていたでしょう。
    全て、たら・・・れば・・・ですが・・。
    「戦争は正義が勝つのではなく、力の有る方が
    勝つだけだ」彼の言葉です。
    世界の人に知って欲しいね。
    また、パール氏の日本無罪論も。
    日本ははだしのゲンや、蛍の墓などの映画
    を輸出して学んでもらってはどうだろうか?
    アメリカの方も、ハリウッド映画とはこうした
    映画は学ぶ所が多くて新鮮なのでは?
    蛍の墓などは、何度見ても号泣です。

  • イシコウさん 2010年8月11日 10:06

    靖国参拝の何がいけないんでしょう「A級戦犯が奉られて居るから」などと馬鹿な言い訳してる大臣もいますが「ハァ?」です、そいつらが「保守」ぶる・・日本の国体や歴史なんか知らない、特亜の犬ですね、情けない。

  • ひとはさん 2010年8月12日 22:19

    清瀬の住人です。
    靖国問題、木原さんのご意見に賛同いたします。
    戦争で犠牲になるのは弱い人たちばかりですよね。私も15日には国の為に亡くなられた方に感謝の気持ちと哀悼の念を表したいと思います。
    私は仕事で中国の人との繋がりがあるのですが、先日その方が来日したときに東京を案内しました。どこに行こうかとパンフレットを見ていると靖国神社も東京の名所として取り上げられていたのですが、その中国人の彼は靖国神社だけは行きたくないというのです。
    彼の心の奥底まで詳しくは分かりませんが、中国人にとって靖国神社は日本の悪の根源であるような感情を持っているようです。
    恐らくそういった教育が中国で為されているのでしょう。もしかすると韓国も同じかも知れません。
    あくまで推測の話ではありますが、私が言いたいのは我々現在の日本人が持つ靖国のイメージと外国の人の持つイメージは全く違うということです。
    日本の国として、こういう考えを持った人が外国にいるということを踏まえた上で、はっきりと意見を述べ、我々日本人が考えていることをしっかりと説明すべきでしょう。
    木原さんも外国でお暮らしになられた経験がお有りのようですから、よく判ると思います。
    コメントを書きながら、いつの日か木原さんが日本代表として靖国問題を外国に向って堂々と説明されている姿を想像しました。
    そんな日が来ることを願って。

  • yuさん 2010年8月13日 19:57

    あの人は、武器利権で動いただけだったのか・・・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件