Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・前衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.08.14

円高

円高が進んでいます。

基調には、米国、欧州の景気不安があります。年初に、いくつかの講演で、①年後半に向けて各国で景気対策の効果が息切れしてくること、②とりわけ米国ではサブプライムローンの悪影響がそう簡単には終息しないこと、といったことをお話してきましたが、まさに、そういう雰囲気になりつつあります。

日本だって決して景気がよいわけではない、というよりもむしろ悪いのですが、金融システムが比較的安定していること、金利も下限にはりついていて、これ以上の引下げ余地がほとんどないこと、といった要因で、円に資金が流入している状況。

困ったことですが、下手をすると70円台突入という事態も想定できないではありません。

この事態に何ができるのかというと、為替政策として円売りドル買いの介入はもちろんあるのでしょうが、世界の一日当たりの為替取引額は100兆円、半端な介入ではすぐに足元を見られ、突破され、かえって円高に勢いがついてしまう可能性もあります。

少なくとも、日本一国の介入では全く意味がありません。

日銀が金融緩和をもっと積極的に行うという道もありますが、為替管理のために金融政策を使うというのは、やや問題の感もあります。

現在の1ドル85円の相場は、実質実行為替レートでいけば何とかなる水準とも言われます。先ずは、行き過ぎた円高、というよりもドル安、ユーロ安に対する各国当局の共通認識を作り上げていくことが先決。

どうでしょう、菅総理、日本、米国、EUの首脳・財務大臣によるG3為替サミットの東京での開催でも呼びかけてみては・・・。

少なくとも、これ以上の産業空洞化に指をくわえている場合ではありません。

この記事へのコメント

  • ひとはさん 2010年8月14日 08:25

    円高問題も深刻ですね。
    アメリカや欧州は自国通貨を安く押さえて自国企業の競争力を高め、貿易赤字を縮小しようとしているのではないでしょうか。そして中国がなかなかしぶといので対象となっているのが日本の円なのでしょう。
    つまり為替による日本イジメのような気がします。アメリカもドル安容認姿勢ですから協調介入は難しいようですね。
    それと株安も問題で日本イジメというより日本無視となってます。
    リーマンショックで日本株は高値から40%のところまで下落し、今は53%まで回復してきました。
    アメリカは45%に下落し、既に73%まで回復、欧州もほぼ同様です。
    この株価の回復の違いは昨年9月以降顕著です。明らかに現政権への不信感から外国資金が逃げ出していることを物語ってます。
    経済立国である日本が沈没しかけています。取り返しが付かなくなる前に何とかしなければいけません。
    木原さん、お願いします。

  • shukuwaさん 2010年8月14日 08:53

    ご無沙汰しております。
    他にも以下の2つの理由があります。
    ・中国をはじめとした諸外国が日本国債を買っていること
    ・アジアへの輸出が好調であること
    為替介入をするかしないかが、
    国民をみているか、海外を気にしているかが
    良くわかるポイントではないでしょうか?

  • junさん 2010年8月14日 09:38

    コレを見たら、米ドルなんてもう価値が無いと
    思ってしまうのですが・・・。
    >http://research.stlouisfed.org/fred2/series/AMBNS
    未だに、80円代を付けている事自体が理解
    できない・・・・・・・・・・。
    私だったら、30円でも買いませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件