Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.09.15

菅総理続投 & 外交

代表選挙が終わりました。表面的には菅総理の大勝ですが、今朝の新聞などを読むと、党員・サポーター票の総取り方式がその原因のようです。

菅総理は党員・サポーター票の8割あまりを取っていますが、実際の党員・サポーター票の得票割合は6割程度だったということです。

小選挙区制の導入など、白か黒かの方式を好む小沢一郎さんが、今度はその方式に敗れた形です。

それにしても、本当かどうか分かりませんが、海外各国の「菅総理でホッとした、安堵」といった反応が気になります。

菅政権が先ず取り組まなければならないのは、いずれも海外との折衝、外交です。

「歓迎、安堵」が「与しやすい」と思われていることの裏返しだとしたら、困ったものです。中国漁船の違法操業、公務執行妨害での逮捕の問題、円高対策、いずれも高度の外交力が問われる場面。

変な笑顔で切り抜けられるようなものではありませんから。

それにしても、何故これほどに日本の政治家は外交に弱いのでしょうか。あまりに、外交交渉の現場にたった経験のない方が多すぎるのかもしれません。

自画自賛するわけではありませんが、私は、財務省時代の1年間、パリクラブという国際会議に毎月出席していました。言葉のとおり、パリで開催される国際会議で、経済的に破綻して借金返済が困難になった国々に対して、債権国が集まって、それぞれのODA債権の放棄やカットを協議する場です。言わば、公的な債権者集会。

イラクが対象となった会議では、日本の再建は1兆円近くにも及びましたから、かなりの緊張を強いられたのを思い出します。

外交交渉で大切なことは、「何を守り、何を譲れるかハッキリと意識すること」、「自分の強み、相手の弱みをハッキリと意識すること」、「交渉が決裂したときの次善策をハッキリと意識すること」。

そして何よりも下準備をしっかりとしておくこと。

さあ、どうでしょう。中国との厳しい外交折衝、下準備を外務省任せにしていないでしょうね・・・。しっかりと取り組んでいただきたいと思います。

この記事へのコメント

  • みみこさん 2010年9月15日 08:41

    韓国や中国への日本からの支援は一旦ゼロに
    して、外交の切り札を日本は確保すべきだと
    思います。
    あちこちで援助を垂れ流しにしたまま、相手から不利な条件ばかり突きつけられては日本が
    弱くなるのは当たり前です。
    日本の貢献をしっかりと認めさせ、相手にも
    日本の為にそれに釣り合う程度の貢献を
    引き出す。それがなければ、日本は利用される
    だけです。
    親日国インドとの関係強化路線は良いと思います。人口も多く、気候も日本とはまた全然違い、
    理系の天才も多く輩出している国だけに、
    いろんな面での協力が出来るのではないでしょうか?マレーシア、タイなど、大国ではなくても親日である、又、頭脳が素晴らしい国とは
    どんどん提携し、小さくても資源国のある国
    などともどんどんとパートナーシップを結んで
    日本に足りない部分を補ってもらい、相手国
    にはない素晴らしい製品やサービスを日本は
    売り込んでうまく共存と繁栄を続けられるように
    すべきではないでしょうか?
    また、今までのように単なる競争、物質的な
    社会を反省し、心豊かで安心できるソフト面
    を日本は柔軟な多神教国のリーダーとして
    広げられるのではないでしょうか?
    一度皆で歴史を振り替えり、人間の弱さや
    本能がどれだけひどいものか、20世紀でも
    繰り返された失敗がどうであったか、を
    俯瞰して一歩人間として進化させる必要は
    ありそうですね。
    未だに数世紀前と同じ事を主張して、同じ事
    を繰り返していますから・・・・・。人生は短い
    のに・・・。気づかない人達は本当にバカみたいですよね。

  • 所沢さん 2010年9月15日 09:15

    今回の民主党代表選挙。
    どうしても【自作自演】としか思えません。
    不正献金問題で党の役職を辞任した男が、選挙敗北の責任を菅直人に押しつけて、3ヶ月も経たないうちに、また代表に返り咲こうとしている。
    こんな異常事態を、テレビ・マスコミは正確に報道しない。(これは、マスコミが腐っているからでしょうが)
    そして、菅直人と汚沢一郎(あえて、"汚"にしています)、どちらが”マシ”かで、国民の目を欺く、限定的な選択的手法。
    たぶん、この後は、汚沢が幹事長に返り咲きするなど、かなりの要職で起用する事と思います。そして、汚沢による闇支配の再来になる予感が・・・。
    日本人は忘れてはいけないと思います。
    【韓直人】は、日本人拉致実行犯【シンガンス】の釈放署名をした男である事を。故・中川昭一先生が命を賭して訴えた、この問題。
    今のテレビ新聞は、中国や朝鮮のご機嫌を取る事ばかり、日本人の財産と生命を守り、事実をありのまま報道する事はしないのでしょうが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件