Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.09.16

為替介入

為替介入、ちょっとしたサプライズでした。


しかし、よくよく考えてみれば、代表選挙が終わった昨日の時点で介入していなければ、菅政権は「円高に対して感度が鈍い」とのレッテルがついてしまいますから、もう昨日のあの時点しかなかったと言えます。

そして、とりあえず短期的には一定の効果を上げています。

ただ、この単独介入は禁断の果実でもあります。

一度踏み込んだからには、何があっても断固たる決意で、82円の防衛ラインを守らないといけません。しかも、我が国単独で。

今後いくつものハードルが想定されます。米国経済の動向、米国での金利の一段引下げ、そして円高促進の投機的な動き・・・。

こうした一連のハードルに対して、最後まで鉄の意志を貫けるかどうか、今後が問われますね。



この記事へのコメント

  • ももさん 2010年9月16日 10:57

    ドルをいくら乱発しても、日本が82円で買い支えてくれるとは、ものすごい錬金術では?
    紙切れが82円の価値を持つ・・・・・・。怖いですね。
    日本はいい加減、ドルベースから日本円ベース
    での貿易をしなければ、いつまでたっても
    日本の利益や資産が海外に流失しますよ。
    外国が
    ドルや元などをたくさん刷る→日本が高値で
    買い支えてくれる→紙切れが価値を持つ→
    それで得た資産で日本の森林、土地、不動産
    を買いまくる・・・・・・・
    日本はますます貧乏になる・・・。
    一体日本の思考回路はどうなっているのでしょうか?本当に世界経済や仕組みを分かっている
    ようには思えない。
    円高の恐怖をあおられてそれを必死で買い支えるように洗脳されてはいませんか?
    日本の輸出入は全て円建ての取引にすれば、取引各国が円を持てば、為替の影響を受けないのに。それに、円の量も日本がコントロール
    でき、急激な変動は避けられるのに。
    ひどいものですね、世界の金融って。
    やりたい放題ではないですか?
    2007年アメリカ(と言っても国民は悪くない。
    正確にはFRB)は何をしましたか?
    日本は国民を巻き込むのをどれだけ防げるか
    ではないでしょうか?
    世界金融の不正、権力者は未だにやりたい
    放題のままで、何も変わっていないのでは?

  • のりさん 2010年9月16日 20:35

    これ、中国の話ですが、ひどいですね。
    >http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100916-00000087-scn-cn
    悪知恵を使った人が得をするのか?
    中国は何も不正防止策を取らないのでしょうか?
    しかし、日本でもこれに似たようなことがあるとか?
    形式だけの離婚。
    そうすれば、生活保護ももらえたり、母子加算も貰えたり。でも、一緒に暮らしたり、ばれないように離れで暮らしたり。(笑)
    離婚をしても補助金など出さなければいいのに。で、子供は今まで通りに両親の資金力で
    どうにかすると。給料差し押さえしてでも。
    じゃないと、まじめに普通にやっている人達が
    馬鹿を見る社会になりますよね。
    悪知恵を働かせた人達が得をする。
    自民が保守であると言うのであれば、
    そういう部分にもしっかりとメスを入れて欲しい。

  • yojiturakuさん 2010年9月17日 07:59

    デフレ脱却と並行して、為替介入を継続する。
    それには、円が必要だ。
    だから、日銀が円を増刷するしかない。
    この資金の大部分で、内需と雇用拡大してデフレを先ず抑える。
    実質金利が下がり、円安の環境を作り、
    その上で、為替介入を効果的に行う。

  • 世話焼き爺さん 2010年9月18日 11:13

    財政の健全化やプライマリーバランスの回復などは、インフレの時行うべき施策です。世界中公的債務は毎年増やしていますし、日本は赤字国債の発行などと言う戦力の逐次投入と言った戦略的に最悪の財政政策をやめて、毎年50兆円以上の国債を発行して政府支出を増やすことによって企業を強化し、GDPの向上を図るべきです。公的債務対GDP比率は分母であるGDPを増やすことによってのみ改善され、為替レートも落ち着くべき所に落ち着きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件