Go Top

前外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.10.11

蓮舫大臣・国会内撮影、情けないぞ自民党

蓮舫大臣が国会内で自分がモデルとなってファッション誌の巻頭を飾る写真の撮影をした件、何となくうやむやになってしまう雰囲気です。

「神聖な国会でファッシャンの撮影会とは許せない」と、個人的には、ある意味古臭い意見を持っています。


が、それ以上に今回問題だと思うのは、蓮舫さんのサイドが、国会の事務局に対して、雑誌の巻頭を飾る写真の撮影であることを伏せて、政治活動の一環としか申請せずに、撮影の許可を得ていたこと。そのため、参議院事務局側も雑誌が出てから事実を初めて知って、大臣側に抗議したというから、ちょっと悪質だなと・・・。

要するに、本当のことを言ったら許可は下りないと分かっていて、もっというと、雑誌の側から申請を出すと根ほり葉ほり聞かれるから、大臣側から僅かな情報で申請を出したということ。

あ~あ「情けない」、というか、しょうもない精神の劣化を感じます。

しかし、更に情けないのは、我が自民党の対応。

片山さつきさんが抗議におよぼうと、しかも委員会で、ということは執行部がGoサインを出したということでしょうが、片山さん本人にも議会での撮影の過去があったという点。他方で、小池百合子さんは、国会も開かれた場になるべきだと、蓮ほうさんを擁護する意見を記者会見で述べて・・・。何ともちぐはぐ、見通しのない対応。


うーん、これで、「自民党だってやっていただろ」ということで、この問題は一件落着。


本当は、こういう大切な問題だからこそ、自民党執行部が各議員が勝手な発言をしないようかん口令をひいて、「誰が」、「何を」、「どのタイミングで」、「どのような雰囲気で」発言するか戦略を立てるべきなのです。

今回の件でいえば、本当は、中曽根元首相や野中元官房長官のようなある意味歴史の証人のような国会の大先輩に、「やっぱりこれはおかしい。浮かれている」と一言発言していただければ済んだはずです。それを・・・。

「情けないぞ、自民党」との思いがつのります。

この記事へのコメント

  • 通りすがりのものですがさん 2010年10月11日 10:29

    30代の若さ、とありますが…
    まずは、あなた自身も考え方をリニューアルされてみてはいかがでしょうか。
    (まるで鎖国時代の日本人の発想のような…)
    新しい自民党さんには期待していますが
    保守しなければいけないものと
    改革してゆくべきもの
    を見極めて頂きたいです。
    確かに国会はもっと開かれるべきだと思います。
    というか
    今の日本が抱えている
    本来、政治家のブログで発信されるべき問題に
    目を向けて頂きたいです…。
    生意気な発言
    失礼致しました。
    自民党応援しています。
    日本を
    どうぞよろしくお願い致します!

  • ももさん 2010年10月11日 14:58

    本当に、ありえない事ですよね・・・・・。
    また、片山氏も過去にとは、何とも低レベルな
    叩きあい・・・・。
    自分の立場を利用して、セレブな(?)衣装を
    まとってハイチーズですか・・・・・。
    で、宣伝看板になってにっこり。情けない。
    海外雑誌の宣伝をして何をしているのでしょうね?
    そんな事をしているから、女は議員には・・・なんて言われてしまうのですよ。頭の中に余計な事
    が多すぎるからこういう事になるのでは?
    そもそも、国民も悪いですよね。
    有名になりたくてテレビに出ていたタレントを
    当選させるからこんな事になるのでは?
    過去に何をやっていたか、その人の積み重ねは
    やはり議員生活の中で行動にあらわれますよ。
    例えば、夜や休日はお楽しみーーーとお気楽に
    やっている人と、夜も休日も国際情勢や歴史を
    つぶさに追いかけて研究している人では雲泥の差。
    平和ボケ。この言葉は私は嫌いなのですが、
    しかし、今の日本、これを再認識しなければ
    先が無いのでは?もっと閉めるところは閉めないと・・・・・。

  • かあさんさん 2010年10月11日 15:57

    木原さん自身の行動で迷惑したかたや、不愉快な思いをしたひともいます。先日地元の祭りにいらっしゃった時に飛び入りで参加されてましたが、そのせいで待たされた人達がいました。あと色々な方に挨拶してましたが私たち市民にはスルーでそれなりの身分の地元のかたにしか挨拶してなかったし…。

  • さん 2010年10月11日 16:55

    今回の論点って虚偽申請って事ですよね?
    事務局の方も性善説に基づいてやってるだろうに信用できなくてなりますよね。
    各々発言を見ると…
    片山さんの発言は確かにただの嫉妬(笑)
    しかしメディアでは全体の発言でそこの部分しか取り上げないという悪意を感じる。
    小池さんは『海外では開かれた~』とは言ってますがまず今回の論点ではない。
    あと海外と比べる必要もあるが比べない必要もある。
    とまぁ世の中の流れその物が論点がずれている様に感じました。
    レンホウさんに関しては個人的には高い服着ようが勝手だが政治活動というよりも営利活動に見えたので疑問でしたね。
    最後に木原さんが『戦略』とおっしゃっていました。確かにその通りだと思いますが今の自民党にできるかは???です。今の自民党も民主党ほどではないけどかなり主義主張バラバラですよね??
    長くなりましたが、保守の受け皿がないので頑張って下さい。

  • ゆうさん 2010年10月11日 19:41

    木原さん、中国船の衝突動画、おもちゃみたいなCGではなく、国民は本物の動画を見たいのです。野党は何をしているのですか?
    正しい情報がなければ、国民の妄想が本来の
    問題以上に物事を複雑にしますよ。
    それを良い事に、中国側は自分達でも都合の
    良いように証拠をあれこれねつ造しているよう
    ですし・・・・・。
    さっさと本物の証拠を出して1つしかない事実を
    皆の目で確認すればいいのですよ。
    それで、ひどい国だと思えば、中国にいる日本人は引き揚げてくるでしょう。なのに、事実を
    隠ぺいして国民を放っておけば正しい情報を
    持たない国民は犠牲になるのです。
    マスメディアも海外の良い部分しか映さず
    危険情報など肝心な情報を出しません。
    なので、ふらふらと危機意識ゼロのまま旅行に行って事件や事故に巻き込まれるのです。
    正しい情報が必要なのに。そのうえで自己責任というのであればわかりますが。
    ファッション雑誌ねえ・・・・・。
    しかし、洋服のデザイナーもブランドもあれ
    ですね・・・・。有名人が着た服を私も着たいと
    思う人は現代の世にあまり居ませんよね・・。
    逆に、せっかく美しくてきれいな服でも、あの人
    が着たから嫌だわーって人も出てくるもの。
    考え方が古いのですよね、雑誌社も。
    だから、どんどん潰れているのかもね。
    ブランドも、いろいろですが、あれこれいろんな
    よろしくないうわさを耳にしますね。裏話を。笑
    神話崩壊ですね。

  • ももさん 2010年10月11日 19:51

    木原さんを許してあげてくださいませ。
    木原さんのようにコメントを受け付けている人、
    なかなか居ないですよ。
    議員ブログなど、ほとんどの人がコメント欄
    削除ではないですか?どうやって民意を
    集めるのであろう?無料で意見を言ってくれる
    便利な機能を駆使しないで。
    (ひどい的外れな誹謗中傷は消す機能だって
    あるはず。)
    それに、自分にとってちょっと都合の悪いコメント
    も削除せずに掲載する木原さんのような人は
    レアではないですか?
    と、書きながら、私は分かっていますよ。
    かあさんも、わざわざコメントを書き込んだと
    いう事は木原さんに喝を入れているのでしょうね。
    木原さん、どうして議員はコメントを受け付けない人ばかりなのでしょうね?本気で国民の声を
    集めようとしているのでしょうか?
    顔を合わせたらなかなか言えない事、本音、
    それを聞けるのがネットだったりするのに。
    (私も面と向かったら恐れ多くてこんな事を
    木原さんには言えないだろう・・・・。)

  • 所沢市民さん 2010年10月13日 13:22

    意見は沢山あってしかるべきですが、他の民主党議員は、言論封殺をされており、一切のコメント等を受け付けていません。まるで中国共産党の一党独裁支配を彷彿させるかの様な状態です。
    それに比べて木原さんの意見を受け入れる姿勢は、われわれ有権者にとって有難い事です。
    今後も建設的に意見を交わしていきましょう。

  • 木原さんを応援します。さん 2010年10月18日 01:06

    東村山市、在住の日本人です。
     蓮舫大臣が国会内で写真撮影をして、商業雑誌掲載し販売された事は、華僑の常識では何ら恥じることは無いのです。
     まず蓮舫大臣が商業誌の掲載目的で、参議院警務部に申請した際に、申請方法に関して確認をしている事実があります。
     参議院警務部の担当官は、申請の説明の際に、商業目的の雑誌の掲載は許可を認めない事を説明した。
     雑誌の掲載が認められるケースとして、議員活動の記録ならば、許可が下りると蓮舫大臣に、説明し大臣側は、了承した。
     
     蓮舫大臣は、商業誌の掲載目的では許可が下りない事を予め確認していたので、議員活動の記録の為と、虚偽の申請を行った。
     参議院事務総長 小幡幹雄しは、10月14日の国会答弁出は、蓮舫大臣に商業目的の雑誌の掲載の為の写真撮影は、許可が下りないと説明してあったと、答弁している。
     
    蓮舫大臣は、参議院警務部の指示により、議員活動の記録の為と申請した。
     蓮舫大臣と参議院事務総長 小幡幹雄氏の答弁は、明らかに食い違っている。
     また、雑誌の内容を事前に確認した参議院側は、ボーグの雑誌は明らかに商業誌で、ルール違反になるので、雑誌記事の変更または差止めの抗議を行った。
     それにも関らず、強行に雑誌の販売に踏み切った、悪質なま事案である事が明らかになった。
     蓮舫大臣は、嘘を付くこと事を事前に計画の上、虚偽の申請を行った事実。
     蓮舫大臣の悪質な所は相手の善意を利用し、罪を人に押しつける手段。
     そんな人に都民は100万人の人が熱狂し支持をした事実。何を考えているの?
     続く

  • 木原さんを応援します。さん 2010年10月18日 01:14

    今現在、尖閣で起こっている事実と重なります。
     つまり、中国人・華僑系議員の手段は、嘘を付き相手が、傷付いても、本人の利益が優先される国民性で有る事。
     
     尖閣の事案は、中国船籍が尖閣諸島沖で漁をし、海上保安庁の船に2度も体当りを強行した。
     この船の乗組員は、退役軍人で、軍つまり中国の為に活動している事実。
     今現在においても、中国船籍の大船団が尖閣沖にて漁を行っている事実。
     日本の漁民は尖閣の海では怖くて漁に行けなくなっている、正しく、実行支配しているのは、中国である事実。
     民主党政府は、中国人船長を釈放して本国に帰して、その船長は中国では、英雄になっている事実。
     また、非は日本側にあるので、中国側は賠償を求めている現実。民主党政府はある意味、日本側に非があるので、中国人船長を釈放してしまったと、誰もが受け止められる間抜けぶりを全世界に曝けだした事実。
     尖閣の問題に関しても、華僑系議員の事案でも共通しているのは、本人の利益の為には、相手の一番弱い部分・または相手の善意を利用して欲しいものは何でも手に入れる民族であること。
     つまり、中国人と向き合って、何回でも話をして理解しあえば、問題点・わだかまりが解消されると考えているのは、大きな過ちである事。
     中国人と日本人は考え方も相手に対しての対応もまるで異なることを私たち日本人は早く目覚めなければなりません。
     
     過去の中国の行動として、ベトナム戦争が終わり、アメリカがベトナムから撤退した後、直ちにベトナム領の西沙諸島を占領した事実。
     フィリピンの、スービック・クラーク基地からアメリカ軍を撤退したのち同年に、南沙諸島・西沙諸島を実行支配し、軍事要塞を築いた事実。
     
     また、尖閣諸島沖で1968年に国連で、石油が発見されたと発表後、靖国問題を騒ぎ出した事実。
     
     中国は、将来の目的として、尖閣で領土問題を有形事実化し、実行支配をもくろんでいる事実。
     仮に尖閣の魚釣島が占領されれば、2度と尖閣は、日本に戻ってこない事実。
     一連のゴタゴタは、民主党政権になり、沖縄からアメリカ軍を追い出し、アメリカの発言力が弱っているこの時期に用意周到に計画された、中国の国家戦略による事実。
    続く

  • 木原さんを応援します。さん 2010年10月18日 01:41

    官直人は、起こってもいない事実で建てられた南京大虐殺記念館に行き頭を下げた初めての総理大臣で、拉致実行犯を北朝鮮で英雄にするため、日本・韓国で活動した、初めての総理大臣である事。
     官直人は、副総理時代も総理大臣になってからも殆どの仕事をしなかった事実。副総理時代は、居眠りばかりで、総理大臣に成ってからは、4ヶ月間は全く何もしない総理大臣。
     これは、議員の給料泥棒と言う話ではなくて、国の予算・血税がストップしてしまう大変なことです。例えば国の予算が年92兆円として、一日2,520億円のお金が有効に使われない事になります。これが4ヶ月間も続いたのですから、日本の国も経済のおかしくなるのは、火を見るより明らかです。こんな人が今の日本の総理大臣です。
     
     尖閣の問題は、民主党が政権を続ける平成25年8月まで、今よりも悪い現実を受け入れなくてはならない事を考えなくてはなりません。
     仮に、次の選挙でまた更に四年間、民主党が政権を続ければ、沖縄・奄美・小笠原は中国領になり、日本本土もチベットの様に帰属されるかも知れません。
     私たちは、ここで今日起こっている現実を理解し、責任を取らなくてはなりません。
     民主党に投票したのは、日本人で、中国・韓国人ではありません。
     民主党の中国の受入政策を後押ししているのは、民主党に投票した日本国民です。
     選挙前から、小沢一郎・鳩山由紀夫・官直人がどの様な人間か承知の上で投票したのだから。 
     つまり責任は全て自己責任で、日本のこの国がここまで衰退し辱めを受けているのは、自民党のせいでも、麻生太郎の責任でもありません。私たち民主党を応援してきた一人一人なのです。
     
     次の選挙の際は、心の目を開いて、嘘を付かない、日本の国を守ってもらえる人に投票してください。
     
     私は、自民党こそが保守政党でこの日本の国を守ってくれる唯一の政党であると思います。
     他の政党では、日本の国は、中国の属国になる現実を直視しなくてはなりません。

  • ゆめさん 2010年10月29日 18:54

    今に始まった事ではないけど、政治家全般が情けない。自分も含めそんな政治家に太刀打ちできない国民が情けない。不満たまりまくりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件