Go Top

元外務副大臣 自民党 東京都第20選挙区支部長・衆議院議員 木原誠二 公式ホームページ

2010.10.11

コメントありがとうございます

いろいろコメントいただいていており、ありがとうございます。

ブログを公開して、自分の意見を公表する以上は、いただくコメントも公開すべきですね。自分にとって受入れ安かろうが、そうでなかろうが、そんなことは関係ありません。厳しいコメントが嫌なら、自分の意見も公開すべきではないなと、私は思っています。もちろん、中には「非公開で」と注記していただくコメントもありますから、これらはのぞいていますが・・・。

さて、地元活動でさまざまにご迷惑をおかけしているこがあることは、率直にお詫びします。

政治家だから祭りの途中で挨拶したり、割って入ったりということは、できる限りないように注意しているつもりですが、不徳をお詫びします。

というこで、本日は、東村山市町民大運動会のほか、いくつかの小学校、幼稚園の運動会に出席させていただきました。あわせて、実は、夕方からはプロセスを両国に見にいきました。何か久しぶりに発散しました。

この記事へのコメント

  • 瑞穂で2日会った者よりさん 2010年10月12日 01:14

    迷惑をかけることはいけないことですが私はもっと積極的に自分をアピールして頂きたいと思います。木原先生(あえて今後の期待をこめて、こう呼ばせて頂きます。)貴方は武蔵、東大法、国1、財務省、衆議院議員と素晴らしい経歴で過ごされてきました。今回の落選が人生初の敗北だったと思います。貴方のような良い意味でのエリートがしなくてはならないのが国政です。ただ庶民の感覚を知らずしてできないのが選挙だと思います。なんとしても議席を奪い取るならもっと何と言われようと泥にまみれようと庶民の中に飛び込んで木原せいじをアピールしてください。議席を獲得してはじめて木原先生の能力が国のため、また選挙区のために発揮できるのです。2日間のお姿を見ててそんな思いを持ちました。

  • 所沢市民さん 2010年10月12日 09:42

    売国政権・民主党は選挙になると、駅前によく現れますが、木原さんは常日頃から地元回りを頑張られていますよね。
    こういった地道な活動はきっと実を結びますよ、自身をもって頑張って下さい。
    私自身も営業をしていたのですが、10年前の取引先の方も、地道な営業活動と信頼関係を築いた事で、今でも良いお付き合いをして頂いています。
    営業マンだろうが、政治家だろうが、その人の人となりがしっかり分かっていれば、きっと有権者は分かってくれます。
    政権の味を忘れられない人なら、田村耕太郎の様な動きをするでしょうから・・・

  • あきさん 2010年10月15日 23:53

    木原さん、こんにちは。色々ブログ内で話題ですが…
    政治家として次の選挙までモチベーションを維持するって本当に苦しいこともあると思います。生活もあるし、失礼ながら不安や焦りに人知れず悩むこともあるんではないでしょうか。
    お祭りに訪問するのも、お祭りの邪魔をしようと思っているわけでもなく、有力者だけに挨拶したいと思っているわけでもないでしょう。地域の中に溶け込もうとする事は、前職とはいえ政治家の肩書きがあると、国民の皆さんと距離の取り方が非常に難しいものだと思います。残念ながら国民に政治がまだまだ身近ではないからです。
    そんな中でも木原さんは志を持って地道に努力されてる政治家だと思っています。
    コメント欄は、私も含めみんな実名を公表せず書き込みます。反対に、木原さん達政治家は実名も顔も全て晒されている中での発言です。それだけで本当にすごいと思いますよ!
    政治的着眼点も様々な考え方があろうかと思いますが、意見を寄せてくれる方の声を聴こうとするのは政治家の原点だと思いますが、一般人としての感覚も磨きながらも、ご自身の政治的感性も大切にしていってくださいね。
    国政も色々と課題が多いようで心配しています。木原さんが能力を発揮できるよう、陰ながら応援しています。

  • あきさん 2010年10月17日 01:23

    木原さん、失礼ながら落選中の政治家は本当につらいものとお察しします。次の選挙までモチベーションを維持するのは精神面でも生活面でも大変でしょう。
    有権者と身近に話したいと思っても、政治家という肩書きが、有権者との距離の取り方を難しくする1面も人によってはあるでしょう。
    お祭りにいって、頭下げて歩くことを望む有権者もいれば、お祭りに来てもらえるだけで喜ぶ人もいる。頭を下げることすら裏があるように感じる人もいる。また、政治家が来ること自体眉を顰める人、また全く関心がない人、来てアピールしてほしい人様々ですが、それでは政治家は何を重んじればよいのでしょう。
    迷うこともあるのではないかと思います。
    しかしながら、木原さんには志があると思っています。その志をもって、様々なことに折れずに、また自律を忘れず頑張ってほしいなと思っています。
    有権者も、もっと政治と身近になれるといいんですがね。政治とカネに象徴されるように、政治家はみんな裏があり、票がほしいだけで近づいてるというイメージでとられがちです。私も友人と軽く政治の話しはしづらいのが現状です。もっとオープンにもっと身近になるよう、木原さんのような若手に政治信条をしっかり掲げながら信じられる政治目指して頑張ってほしいです。

  • ゆめさん 2010年10月29日 19:08

    嫌なコメントも公開ってなかなかできませんよ。
     コメント拒否の政治家ブログもたくさんありますから。意見はメール受付とかブログとは別にツイッターを使ったりしてる政治家もいるけど好感度が低くなります。これからもめげない程度に頑張って下さい。

  • 木原せいじさん 2010年11月5日 09:19

    がんばります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

最新ブログ5件